技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)

特許情報分析(パテントマップ)から見た

美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)

~業界別動向予測シリーズ~
美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)の画像

概要

本調査報告書は、「美容液・化粧水」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書の書籍版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「美容液・化粧水」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、 ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
  • (1). どの美容液・化粧水関連企業にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
  • (3). 最近10年余りにおける関連技術の消長はどのようになっているか、
  • (4). 各企業間の連携状況はどのようになっているか、
  • (5). 直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
  • (6). この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
    等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、「美容液・化粧水」に関する過去10年余り(国内公開日:2004年1月1日~2014年3月31日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 15,197件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 上位20出願人比較分析
    • C. 上位5出願人個別分析
    • D. 特定2社比較分析(1位花王G、2位資生堂)
    • E. 上位20特許分類分析
    • F. 特定特許分類分析
    • G. キーワード分析
    • H. 直近2年間の動向分析(2012年4月~2014年3月)
    • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「美容液・化粧水」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
  • 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編
  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移(年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移(年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング(上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング(上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード4C083の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード4C086の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-16. 出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-17. FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-20. 出願人別公開件数伸長率(上位50、件数差7件以上)
    • A-21. 発明者別公開件数伸長率(上位50、件数差15件以上)
    • A-22. FIメイングループ分類別公開件数伸長率(件数差3件以上)
    • A-23. FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-24. Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差7件以上)
    • A-25. FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差9名以上)
    • A-26. FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差15名以上)
    • A-27. Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差23名以上)
  • B. 上位20出願人比較分析
    • B-1. 公開件数比較(期間着目:2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • B-2. 公開件数の推移(累計)
    • B-3. 共同出願人数の推移(累計)
    • B-4. 新規発明者数の推移(累計)
    • B-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
    • B-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
    • B-7. 新規Fターム分類数の推移(累計)
    • B-8. 新規キーワード数の推移(累計)
    • B-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • B-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • B-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
    • B-12. 上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
    • B-13. 公開件数占有率
    • B-14. 審査・権利状況
    • B-15. 公開件数の伸びと1位Fターム分類4C083AC12に関する構成率比較
    • B-16. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較
  • C. 上位5出願人個別分析
    • C-1-1. 【花王G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-2. 【資生堂】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-3. 【ロレアル】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-4. 【コーセーG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-5. 【ポーラ化成工業】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-1. 【花王G】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-2. 【資生堂】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-3. 【ロレアル】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-4. 【コーセーG】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-5. 【ポーラ化成工業】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-3-1. 【花王G】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-2. 【資生堂】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-3. 【ロレアル】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-4. 【コーセーG】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-5. 【ポーラ化成工業】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-1. 【花王G】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-2. 【資生堂】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-3. 【ロレアル】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-4. 【コーセーG】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-5. 【ポーラ化成工業】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-5-1. 【花王G】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-2. 【資生堂】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-3. 【ロレアル】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-4. 【コーセーG】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-5. 【ポーラ化成工業】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-6-1. 【花王G】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-2. 【資生堂】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-3. 【ロレアル】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-4. 【コーセーG】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-5. 【ポーラ化成工業】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-7-1. 【花王G】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-7-2. 【資生堂】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-7-3. 【ロレアル】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-7-4. 【コーセーG】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-5. 【ポーラ化成工業】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-8-1. 【花王G】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-2. 【資生堂】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-3. 【ロレアル】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-4. 【コーセーG】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-5. 【ポーラ化成工業】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-9-1. 【花王G】共同出願人との連携
    • C-9-2. 【資生堂】共同出願人との連携(上位20)
    • C-9-3. 【ロレアル】共同出願人との連携
    • C-9-4. 【コーセーG】共同出願人との連携(上位20)
    • C-9-5. 【ポーラ化成工業】共同出願人との連携
  • D. 特定2社比較分析(1位花王G、2位資生堂)
    • D-1. 2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
    • D-2. 2社の花王G上位10FIサブグループ類別公開件数比較
    • D-3. 2社の資生堂上位10FIサブグループ類別公開件数比較
    • D-4. 2社の4C083CC(化粧料>製品の種類)のFターム分類別公開件数比較
    • D-5. 2社の4C083DD(化粧料>製品の形態)のFターム分類別公開件数比較
    • D-6. 2社の4C083EE(化粧料>効果)のFターム分類別公開件数比較
    • D-7. 2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-8. 2社のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-9. 花王Gの公開件数伸び変遷
    • D-10. 資生堂の公開件数伸び変遷
    • D-11. 2社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
    • D-12. Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)
  • E. 上位20特許分類分析
    • E-1. FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • E-2. FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • E-3. Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • E-4. FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-5. FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-6. Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-7. FIメイングループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-8. FIサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-9. Fターム分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-10. FIメイングループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-11. FIサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-12. Fターム分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-13. FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-14. FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-15. Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
  • F. 特定特許分類分析
    • F-1. 特定特許分類分析(1)
      • F-1-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
      • F-1-2. 特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
      • F-1-3. 特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
      • F-1-4. 特定Fターム分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
      • F-1-5. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移(年次)
      • F-1-6. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移(年次)
      • F-1-7. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移(累計)
      • F-1-8. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移(累計)
      • F-1-9. 特定FIサブグループ分類A61Q19/00の公開件数伸長率変遷
      • F-1-10. 特定FIサブグループ分類A61K8/06の公開件数伸長率変遷
      • F-1-11. 特定Fターム分類4C083AC12の公開件数伸長率変遷
      • F-1-12. 特定Fターム分類4C083DD27の公開件数伸長率変遷
      • F-1-13. 特定FIサブグループ分類A61Q19/00の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-14. 特定FIサブグループ分類A61K8/06の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-15. 特定Fターム分類4C083AC12の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-16. 特定Fターム分類4C083DD27の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-2. 特定特許分類分析(2)
      • F-2-1. 特定Fターム分類4C083AB関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-2. 特定Fターム分類4C083AC関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-3. 特定Fターム分類4C083BB関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-4. 特定Fターム分類4C083CC関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-5. 特定Fターム分類4C083DD関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-6. 特定Fターム分類4C083EE関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-7. 特定Fターム分類4C083AB関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-8. 特定Fターム分類4C083AC関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-9. 特定Fターム分類4C083BB関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-10. 特定Fターム分類4C083CC関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-11. 特定Fターム分類4C083DD関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-12. 特定Fターム分類4C083EE関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-13. 特定Fターム分類4C083AB関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-14. 特定Fターム分類4C083AC関連の公開件数の推移(上位40、年次)
      • F-2-15. 特定Fターム分類4C083BB関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-16. 特定Fターム分類4C083CC関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-17. 特定Fターム分類4C083DD関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-18. 特定Fターム分類4C083EE関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-19. 特定Fターム分類4C083AB関連(上位20)と4C083AC関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-20. 特定Fターム分類4C083AB関連(上位20)と4C083BB関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-21. 特定Fターム分類4C083AB関連(上位20)と4C083CC関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-22. 特定Fターム分類4C083AB関連(上位20)と4C083DD関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-23. 特定Fターム分類4C083AB関連(上位20)と4C083EE関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-24. 特定Fターム分類4C083AC関連(上位20)と4C083BB関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-25. 特定Fターム分類4C083AC関連(上位20)と4C083CC関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-26. 特定Fターム分類4C083AC関連(上位20)と4C083DD関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-27. 特定Fターム分類4C083AC関連(上位20)と4C083EE関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-28. 特定Fターム分類4C083BB関連(上位20)と4C083CC関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-29. 特定Fターム分類4C083BB関連(上位20)と4C083DD関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-30. 特定Fターム分類4C083BB関連(上位20)と4C083EE関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-31. 特定Fターム分類4C083CC関連(上位20)と4C083DD関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-32. 特定Fターム分類4C083CC関連(上位20)と4C083EE関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-33. 特定Fターム分類4C083DD関連(上位20)と4C083EE関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-34. 特定Fターム分類4C083AB関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-35. 特定Fターム分類4C083AC関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-36. 特定Fターム分類4C083BB関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-37. 特定Fターム分類4C083CC関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-38. 特定Fターム分類4C083DD関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-39. 特定Fターム分類4C083EE関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-40. 特定Fターム分類4C083AB関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-41. 特定Fターム分類4C083AC関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-42. 特定Fターム分類4C083BB関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-43. 特定Fターム分類4C083CC関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-44. 特定Fターム分類4C083DD関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-45. 特定Fターム分類4C083EE関連の公開件数伸長率変遷
  • G. キーワード分析
    • G-1. キーワード別公開件数ランキング(上位100)
    • G-2. キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数10件以上)
    • G-3. キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差25件以上)
  • H. 直近2年間の動向分析(2012年4月~2014年3月)
    • H-1. 出願人別公開件数ランキング(上位20)
    • H-2. 出願人別公開件数占有率(上位20)
    • H-3. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-4. FIサブグループ分類1位A61Q19/00と他分類との相関(上位20)
    • H-5. Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-6. Fターム分類1位4C083AC12と他分類との相関(上位20)
    • H-7. 上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • H-8. 上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関
  • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • I-1. 弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
    • I-2. 弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
    • I-3. 上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • I-4. 上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関
2. パテントチャート編
  • (1). ナリス化粧品の時系列チャート分析(2012年~2014年3月)
  • (2). 富士フイルムの時系列チャート分析(2012年~2014年3月)
  • (3). ナリス化粧品の上位3FIサブグループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2012年~2014年3月)
  • (4). 富士フイルムの上位3FIサブグループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2012年~2014年3月)
  • (5). 久保利昭(富士フイルム)の公報1件に関連したサイテーションマップ
3. 総括コメント
  • 資料1 : 出願人グループ化リスト
  • 資料2 : 花王Gの2012年~2014年3月における全公報202件の審査権利状況リスト
  • 資料3 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-ROM (PDF版書籍、Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 270ページ

ISBNコード

978-4-86483-368-4

発行年月

2014年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

56,945円 (税別) / 62,640円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 92,640円(税込) (通常価格 125,280円 税込) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/30 化粧品をめぐる日本と海外の規制と動向 オンライン
2024/6/3 化粧品・医薬部外品・洗剤・雑貨商品開発のための効率的なデータ管理 オンライン
2024/6/3 高品質化に向けた乳化・分散・溶解・攪拌技術の基礎および化粧品・皮膚外用剤への応用 オンライン
2024/6/4 ASEAN・台湾の最新化粧品申請制度解説 オンライン
2024/6/5 化粧品をめぐる日本と海外の規制と動向 オンライン
2024/6/14 化粧品の品質安定性確保と評価の進め方・トラブル対応 千葉県 オンライン
2024/6/17 日焼け止めの評価手法と製剤化技術 オンライン
2024/6/20 製造承認書および別紙規格の作成にむけた規格及び試験方法の記載・データの揃え方と原案作成要領 (手引き) の活用法 オンライン
2024/6/21 中国NMPA登録/登記申請の基礎および台湾化粧品申請・PIFのポイント オンライン
2024/6/24 化粧品技術者に求められる微生物保証の基礎知識と理想的な防腐剤・殺菌剤の使用 オンライン
2024/6/25 経皮吸収の基礎と評価方法 オンライン
2024/6/28 中国NMPA登録/登記申請の基礎および台湾化粧品申請・PIFのポイント オンライン
2024/7/1 製造承認書および別紙規格の作成にむけた規格及び試験方法の記載・データの揃え方と原案作成要領 (手引き) の活用法 オンライン
2024/7/3 化粧品技術者に求められる微生物保証の基礎知識と理想的な防腐剤・殺菌剤の使用 オンライン
2024/7/5 AI化粧品開発に役立つデータサイエンスの基礎から処方設計のポイント オンライン
2024/7/5 経皮吸収の基礎と評価方法 オンライン
2024/7/18 化粧品・医薬部外品の防腐処方設計及び適切な試験・評価法 オンライン
2024/7/25 ASEANでの化粧品及び健康食品における販路拡大のポイント オンライン
2024/7/30 中国における化粧品と使用する原料の法的管理及び要求 オンライン
2024/7/31 医薬品・部外品・化粧品分野で必要な品質管理/検査に役立つ化学分析の基礎 オンライン