技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門と他部門の連携によるR&D成果の早期事業化とその仕組み作り

研究開発部門と他部門の連携によるR&D成果の早期事業化とその仕組み作り

オンライン 開催

開催日

  • 2022年10月5日(水) 10時00分 17時15分

プログラム

第1部 研究成果の迅速な事業化のための部門間の壁を越えた協力体制の作り方

(2022年10月5日 10:00〜11:30)

 研究開発 (R&D) の迅速な事業化に悪影響を及ぼす要因として部門間の壁が挙げられ、特に営業部門と工場部門の壁が大きな障壁になる場合が多々ある。そして、この2つの部門に挟まれて一番苦労するのはR&D部門であるが、営業と工場の両部門の協力がないとR&D成果の迅速な事業化はできないため、R&D部門が積極的に営業部門と工場部門の間に入り、この2部門の壁を壊すと同時に協力体制を構築して行かなければならない。
 本稿ではR&D成果の事業化に関連する工場部門、営業部門、R&D部門の3つの部門について、部門間の壁を乗り越えて、協力体制を作る方法について説明する。また、企業の大小があるため数値的な判断はせず、その考え方について持論を述べたい。

  1. 異なる集団の壁
    1. 文化の違いによる考え方の違い
  2. 企業における代表的な部門の壁
    1. 営業部門、工場部門、R&D部門の考え方の違い
  3. R&D運営における組織の考え方
  4. R&D運営における人事異動の考え方
  5. R&D遂行プロジェクト (PJ) チームを作れ
  6. PJメンバーは全員選任であるべき
  7. PJリーダーの選定と育成
  8. PJリーダーに求められる資質と役割
  9. PJ運営におけるチームワークの重要性
  10. PJリーダーのメンバーへの寄り添い方
  11. PJリーダーのコミュニケーション能力の必要
  12. PJリーダーはマネジメントに徹するべき
  13. 部門間の良い人間関係を構築するためのポイント
    • 質疑応答

第2部 デザイン思考による技術部門とマーケティング部門の融合

(2022年10月5日 12:15〜13:45)

 日本企業の技術開発部門の生産性には課題があるとの指摘が多い。それは日本から長らくイノベーションが生まれていないことに発している。日本企業は、研究開発投資をするもその投資が、成果、つまり技術革新につながりにくくなっている。その理由は日本のR&D活動が市場ニーズとかけ離れたところで行われる傾向が強いことがある。また、あくまでも製品中心に考えるため、ネットワーク時代、様々なものがネットワーク、クラウドに繋がり使用されるという事業環境の変化に対して、あくまでもプロダクトアウトな視点での研究開発しかできていないことによるものだ。
 そこで本講演では、営業・マーケティング部門と連携による新規事業テーマの探索と事業化、さらにそれを可能にするデザイン思考による技術部門とマーケティング部門の融合について述べたい。

  1. 市場環境に基づいた新規事業テーマの探索と事業化
    1. 市場環境に基づいた新規事業テーマの探索と事業化が必要となる背景
    2. 事業部門と横断した形での事業開発の必要性
  2. デザイン思考によるR&D部門とマーケティング部門の融合
    1. デザイン思考が必要となっている背景
    2. デザイン思考によるR&Dとマーケティング連携事例
  3. デザイン思考による事業開発の実現へ
    1. なぜ、事業開発なのか?
  4. 求められる事業開発プロセス
    1. 製品づくりから事業を創るへ
  5. 必要となる企業経営の仕組み
    1. 人事評価
    2. バックキャスティング型戦略策定
    • 質疑応答

第3部 R&D部門と知財部との連携によるR&Dテーマ発掘の効率化

(2022年10月5日 14:00〜15:30)

 私たち本田技研工業株式会社 (以下、「Honda」) の知財部門である知的財産権・標準化統括部は、経営トップに提案する活動といったいわゆるトップダウン型の知財活動はもちろんのこと、Hondaの企業文化の特徴である現場が自ら提案して動くというボトムアップ型の活動にも力を入れ、トップダウン型とボトムアップ型の両面から企業活動への貢献を進めている。
 本講演では、Honda知財部門のボトムアップ型活動の一つであるアイディエーションの企画推進業務について、理論の基礎となるHondaの“ワイガヤ”を行動科学で再構築した新しいアイディア創出プラットフォーム「YG Innovation Facilitator」と、その活用となるR&D部門との連携によるR&Dテーマの発掘活動を紹介する。

  1. Hondaのボトムアップ型の文化と“ワイガヤ”
    1. Hondaのボトムアップ型の文化
    2. Hondaの“ワイガヤ”とは
    3. ワイガヤの難しさ
  2. Honda知財部門の試み
    1. Hondaの知財部門の特徴
    2. 知財部門が仕掛ける独自のアイディエーション理論
  3. ワイガヤを行動科学で再構築 (YG Innovation Facilitator)
    1. ワイガヤが問う本質とは
    2. YG Innovation Facilitatorの基本的概念
    3. 体系的枠組み (行動科学に基づくワークショップ設計)
    4. “ワイガヤ”の場をつくるファシリテータ
  4. アイディア創出ワークショップによるR&Dテーマの発掘
    1. ワークショップの目指すゴール
    2. R&Dテーマにつながるワークショップ設計
    3. ワークショップにおける知財部門の強み
    • 質疑応答

第4部 新規事業の開発で必要になる事業部門との連携

(2022年10月5日 15:45〜17:15)

 研究・開発部門は、自社技術を次世代に適合する形へ進化させて強い製品を生み出す技術プラットフォームを強化し続けないといけない。また、そこからの成果は、製造・販売・技術のいずれかでビジネスにつながってなければならない。これらのプロセスの中で、研究や開発の成果を新規事業へ育てるステージは最も難しく、事業部門との連携が不可欠になる。事業部門は、顧客や市場の声をもとに新規商品や生産技術の開発に取り組んでいる。ここで連携できれば市場の最新情報だけでなく、新たな研究・開発テーマも獲得できる。研究・開発部門が取り組むテーマと実行計画は、事業開発のシナリオとして読み取れる姿にしておかないと、事業部門は連携の必要性を理解できず、スタッフ部門は研究・開発投資の決断ができない。

  1. はじめに (研究・開発部門と事業部門)
  2. クラボウの会社紹介
  3. 新規事業の創出に向けて
    1. 当社の研究・開発体制
    2. 研究活動と開発活動の連携
    3. 研究・開発と市場との接点
  4. 研究・開発部門への期待
    1. スタッフ部門とのコミュニケーション
    2. 事業部門とのコミュニケーション
  5. 新規事業の創出活動
    1. 新規事業の定義
    2. 未来事業の開拓
    3. 開発ロードマップに基づくテーマ管理
  6. 研究・開発部門と事業部門との連携
    1. 研究・開発成果のスムーズな事業部移管
    2. 研究・開発から事業活動への道のり
  7. おわりに (変化への対応)
    • 質疑応答

講師

  • 青山 敏明
    大東カカオ株式会社
    取締役 執行役員
  • 青嶋 稔
    株式会社 野村総合研究所
    フェロー
  • 仲山 修司
    本田技研工業 株式会社 知的財産・標準化統括部 標準化推進部 先進事業知財課
  • 八木 克眞
    倉敷紡績 株式会社 技術研究所
    常務執行役員 技術研究所長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/7 CO2排出量削減へ向けたロードマップ作成と計画の立て方 オンライン
2022/10/12 生産性の高まる時間管理術 オンライン
2022/10/12 新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法 オンライン
2022/10/14 競争力のある新規事業の構想・創出のための異業種連携戦略の策定・実行 東京都 会場・オンライン
2022/10/18 自社の未来に備える研究開発ポートフォリオのマネジメントの全体像と具体的展開法 オンライン
2022/10/18 研究開発部門におけるマーケティング力強化講座 オンライン
2022/10/19 市場の潜在ニーズを見つける方法とその具体的、体系的な活動 オンライン
2022/10/20 製品開発リードタイム短縮・納期遅延対策を実現させるプロジェクトマネジメント実践講座 オンライン
2022/10/24 競争力のある新規事業の構想・創出のための異業種連携戦略の策定・実行 オンライン
2022/10/25 未来予測の思考法・実践編 オンライン
2022/10/26 事業開発担当者のための導出/導入・契約、交渉業務の基礎 オンライン
2022/10/27 研究開発部門におけるマーケティング力強化講座 オンライン
2022/10/27 市場・製品・技術ロードマップの体系的・組織的な作成 オンライン
2022/10/27 がん領域におけるステージ別患者数予測と売上予測 オンライン
2022/10/28 5G・6G材料開発戦争 2022 オンライン
2022/10/28 特許情報からみた5G材料開発戦争 2021 オンライン
2022/10/28 人を活かす製造現場づくりの実際と新規工場立ち上げの重点管理ポイント オンライン
2022/11/7 異分野研究員との連携によるイノベーション創出とその仕組み作り オンライン
2022/11/8 新規R&Dテーマ設定のための経営層への効果的な説明・説得の仕方 オンライン
2022/11/8 共同研究/開発契約の進め方と秘密保持契約の対応ノウハウ オンライン