技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

信頼性試験の進め方と注意点

信頼性試験の進め方と注意点

~加速試験の狙いと実施する上での留意点、および2つの加速試験の進め方~
オンライン 開催 演習付き

概要

本セミナーでは、加速試験の特徴と役割と、結果を効率的に生かしていく方法を解説いたします。
また定性的な加速試験として行われるHALTの特徴やメリット、注意点について紹介いたします。

開催日

  • 2022年10月4日(火) 10時00分 16時30分

プログラム

 信頼性試験にかかる時間を短縮するには、加速試験を行って短時間で問題を顕在化すればよい、というのはあまりに短絡した考えです。加速試験は通常の試験条件よりも厳しい条件で行うもので、製品開発を効果的に行うには、その狙いと結果の生かし方が大切です。
 本セミナーでは、加速試験の特徴と役割について紹介し、結果を効率的に生かしていく方法を紹介します。また定性的な加速試験として行われるHALTの特徴やメリット、注意点について紹介します。

  1. 加速試験の目的と基本となる考え方
    1. 加速試験とその目的
    2. 加速試験で何ができるのか
    3. 加速の方法
    4. 故障率加速と寿命加速
  2. 加速試験の方法と成立させるための条件
    1. 加速試験の方法と種類
    2. 加速試験で分かること
    3. 加速を成立させる条件
    4. 何を見て加速かどうか判断するのか
  3. 定量的/定性的な加速の考え方とHALT
    1. 2つの加速試験
    2. 定量的な加速と故障物理モデル
    3. 代表的なモデル (演習)
      • アレニウスモデル
      • ストレス強度モデル
      • 累積損傷モデル
    4. HALTと定性的な加速の注意点
  4. 新製品開発と加速試験の役割
    1. 新製品開発と加速試験で分かること
    2. 加速条件の決定 (演習)
    3. 加速試験の限界や注意点
    4. まとめ

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,000円 (税別) / 51,700円 (税込)
1口
: 57,000円 (税別) / 62,700円 (税込) (3名まで受講可)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/10/3 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2022/10/3 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2022/10/14 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2022/10/17 信頼性試験/加速試験におけるサンプル数とアレニウス式の留意点 オンライン
2022/10/18 高分子の寿命予測と加速試験ノウハウ オンライン
2022/10/19 中国工場における不良品・トラブルをなくす "3つのアプローチ" と具体的・実践的ノウハウ オンライン
2022/10/20 ヒューマンエラーの発生要因とその対策や改善 オンライン
2022/10/20 デザインレビュー (DR) の効果的な進め方と品質未然防止への応用 オンライン
2022/10/20 「安全係数と検査基準・規格値」決定法 / 損失関数の基礎と応用 オンライン
2022/10/24 信頼性試験に役立つワイブル解析の基礎と実践 オンライン
2022/10/25 従来開発方法・実験計画法との比較で学ぶ品質工学 (タグチメソッド) 実践入門 オンライン
2022/10/31 従来開発方法・実験計画法との比較で学ぶ品質工学 (タグチメソッド) 実践入門 オンライン
2022/11/4 医薬品の外観検査のポイントと検査員育成 オンライン
2022/11/7 信頼性試験とワイブル解析、結果の見方・使い方 オンライン
2022/11/9 既存データの活用検討と解析手法の基礎 オンライン
2022/11/10 ミス・事故を防ぐためのヒューマンエラー防止対策セミナー オンライン
2022/11/10 固体高分子の破壊とタフニング オンライン
2022/11/11 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2022/11/11 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2022/11/15 効率的な新製品開発のための信頼性設計・評価の基礎と加速試験の進め方・注意点 オンライン