技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2022

薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング 2022

~訴求力のある広告とは? 何を消費者に伝えるべきか? グレーゾーンとは?~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、売上UP・顧客数増加のために知っておくべき薬事関連法規・広告・マーケティング戦略について解説いたします。

開催日

  • 2022年7月12日(火) 13時00分 17時00分

プログラム

 機能性表示食品が一般に広く普及し、「食品の機能性」が当たり前になった今、日本の健康関連食品の広告も新たなステージに入りました。そして同時に、広告に対する行政からの指導だけでなく課徴金の支払いや、消費者団体からのクレームに繋がるなど、広告表示が大きなリスクを伴う時代へと突入しています。
 最新のトピックスとしては、3月31日に消費者庁より「認知機能に係る機能性を標ぼうする機能性表示食品の表示に関する改善指導」が行われ、112 事業者128商品に対して改善指導が入っています。また、新型コロナウイルスに対する予防効果を標ぼうする広告に注意喚起を何回も行っていることも、消費者庁が公表しています。
 このような状況で、事業者は広告戦略をどう考えていけば良いのでしょうか?どのような広告を出せば、違反とならず消費者の購入意欲を高めることができるのでしょうか?
 毎回このセミナーでお話していることでもありますが、どんな文言・ワードが薬事関連法規に抵触しないのか、といったミクロな視点で広告手法を考えるだけでは片手落ちと言えるでしょう。何より押さえるべきポイントは、そもそも違反とならない広告の本質とは何か。何を消費者に伝えることができて、何を伝えることができないのか。健康関連食品の事業者に求められるものは何か、というマクロな視点で広告販売の全体像を捉え、ブレない戦略を持っているかどうかが重要になります。
 ますます機能性表示食品の製品数が増えていく中で、健康関連食品市場は成熟し、淘汰の加速はもはや避けられません。行政からの取り締まりを受けないだけでなく、いかに時流を捉えて長期に渡って売上UP・顧客数増加につなげていくのか。本セミナーでは、そのために知っておくべき薬事関連法規 (薬機法、景品表示法、健康増進法など) と広告・マーケティング戦略についてお話します。
 具体的には、「食品の機能性で表現できる範囲とは?」「健康関連食品におけるブランディングの重要性とは?」「法律に抵触せずに商品の魅力を伝える方法とは?」「脳科学を駆使した最新の広告・マーケティング戦略とは?」「免疫機能に関する機能性をうたうためにはどうすれば良いか?」「広告におけるグレーゾーンの定義・考え方とは?」「With/Afterコロナの健康食品の役割とは?」「最新の機能性表示食品広告に対する指摘と対策は?」など、健康関連食品を広告する上で疑問に上がりやすいポイントを、細かく解説していきます。
 本セミナーは、2020年から毎年実施しており、受講者の方々から大変ご好評いただいているセミナーの2022年最新アップデート版となります。
 機能性表示食品を含めた健康関連食品の製品企画・開発、マーケティング・広告業務に携わる全ての方に向けた内容になっています。毎回新たな違反事例や広告手法を追加しておりますので、今回初めて参加される方はもちろんのこと、今まで受講した方にとっても新たな発見があると思います。
 厳しくなる行政指導への対策を考えるためのヒントが幾つも入っていますので、興味がある方は是非ともご参加ください。

  1. はじめに
    1. なぜ、健康食品の規制は厳しくなり続けるのか?
    2. 機能性表示食品と健康食品3.0時代の到来
    3. Withコロナと健康食品3.5時代
  2. 食品の広告に関連する法規について
    1. 機能性表示食品・トクホ・健康食品の法的な位置付けとは?
    2. 食品の機能性で表現できる範囲とは?
    3. 薬機法における健康食品の広告規制について
    4. 景品表示法と健康増進法における広告規制について
    5. 食品表示法と健康食品の法規制について
    6. 食品衛生法と健康食品の法規制について
    7. 機能性表示食品、トクホ、健康食品の広告における法規制上の違い
    8. 海外の健康食品に関する法規制について
  3. 措置命令・行政処分について
    1. 措置命令・薬機法違反の歴史
    2. 健康食品・機能性表示食品・トクホの違反事例
    3. 関連法規に違反した場合の罰則・行政対応
    4. 痩身効果をうたった違反事例に共通する内容とは?
    5. 「打消し表示に関する実態調査報告書」が公表された意味とは?
    6. 事後チェック指針に関するまとめ
    7. 機能性表示食品の認知機能広告への改善指導に関するポイントとは?
    8. 最新の措置命令・薬機法違反事例のトレンドは?
    9. 健康増進法違反と景品表示法違反に違いはあるのか?
  4. 法規制が厳しい状況下での正しい広告戦略とは
    1. 広告と戦略、どちらを重視するべきか?
    2. 広告における消費者教育の重要性
    3. 消費者は何を求めて健康食品を購入するのか?
    4. 競合他社だけじゃない健康食品の見えないライバル
    5. 広告に落とし込むときの注意すべきポイント
    6. 戦略から広告への展開が成功した事例
  5. 法律に抵触せずに商品の魅力を伝える方法
    1. その商品の本当の魅力は何か?
    2. 消費者が健康関連食品に求める3つの条件とは?
    3. 健康関連食品の強みと弱みとは?
    4. 消費者行動を促すために押さえるべきポイントとは?
    5. 脳科学を駆使した最新の広告・マーケティング戦略とは?
    6. 脳科学に則ったコピーライティングのポイントとは?
    7. 売れる広告作成のポイントとは?
    8. 口コミを広めるために必要な条件とは?
    9. SNSを活用したプロモーション戦略とは?
    10. 売れる健康食品のブランディングに不可欠な要素とは?
  6. 広告表現のグレーゾーン
    1. グレーゾーンの定義・考え方とは?
    2. ステルスマーケティングと法規制の関連性とは?
    3. 成分広告と法規制について
    4. 動画広告と法規制の関連性とは?
    5. グレーゾーンと措置命令の関係について
  7. 広告表現とエビデンス
    1. エビデンスの重要性が増しているのはなぜか?
    2. エビデンスレベルとマーケティングの関連性とは?
    3. 免疫機能を関する機能性をうたうためにはどうすれば良いか?
    4. エビデンスがあれば、機能性表示食品の届出は必要ないのか?
    5. エビデンスがあれば、何でも表現可能なのか?
    6. エビデンスを超えた表現をするためには?
  8. 最後に
    1. 広告規制は、これからどうなっていくのか?
    2. With/Afterコロナの健康食品の役割とは?
    3. With/Afterコロナの新時代の生存競争を突破するために

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/9 便利で豊かな社会づくりを支える生体・ヒューマンセンシングおよび情報処理技術とその市場展開・展望 (バイオ・フレキシブル・ストレス) オンライン
2022/8/10 後発で勝つための市場分析と経営層への説明・説得の仕方 オンライン
2022/8/17 改正GMP省令に対応したQA業務(ハード・ソフト)とGMP文書管理/作成・教育訓練実施 (全4コース) オンライン
2022/8/19 医薬品マーケティングにおけるキーメッセージ策定とKOLマネジメントのポイント オンライン
2022/8/22 医療機器の承認申請書の作成およびPMDA対面助言のポイント オンライン
2022/8/23 抗ウイルス、抗菌、殺菌、消毒、除菌、滅菌等の用語と景品法、薬機法上のリスク並びに違反指摘事例、科学的検証方法 (バリデーション等) について オンライン
2022/8/25 核酸・ペプチド (中分子医薬品) の特許調査の基礎と実践 オンライン
2022/8/26 医療機器にかかる広告規制 オンライン
2022/8/31 競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 オンライン
2022/8/31 日米欧における食品包装規制の最新動向の把握と対応 オンライン
2022/9/2 デジタルヘルスケア・新医療機器製品開発に向けた戦略的な薬機法の活用法 オンライン
2022/9/5 技術者のための実践的競合調査、市場調査の基本手法 オンライン
2022/9/5 特許情報・マーケティング情報の収集・分析と商品開発への活用 オンライン
2022/9/8 油脂の界面化学をふまえたオイルゲルの物性制御と製品トラブル対策 オンライン
2022/9/9 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法 東京都 会場・オンライン
2022/9/9 アンメットメディカルニーズの評価と医薬品の開発戦略 オンライン
2022/9/12 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法のポイント オンライン
2022/9/14 体外診断薬の海外市場を踏まえたマーケティング戦略 オンライン
2022/9/20 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法 オンライン
2022/9/21 明日から即実践できるマーケティング手法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/3/10 改正GMP省令対応 QA (品質保証) 実務ノウハウ集
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/12/24 動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
2021/10/29 マイクロバイオームの最新市場動向とマーケティング戦略
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (PDF版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版)
2021/9/29 世界のレトルトフィルム・レトルトパウチの市場実態と将来展望 2020-2023 (書籍版 + CD版)
2021/4/26 包装・工業用PETフィルム&飲料・食品用PETボトルの市場分析
2021/3/15 体温計
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2020/9/30 食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】