技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5G・6G対応プリント基板/FPC向け樹脂および銅の接着/密着性向上を中心とした技術開発動向

5G・6G対応プリント基板/FPC向け樹脂および銅の接着/密着性向上を中心とした技術開発動向

~FPC/FCCL動向、銅箔表面粗さ測定、表面処理技術動向 etc. / 5G・6G対応、高周波対応に向けて更なる進化が求められているプリント基板~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、5G/6G対応に向けたFPCの市場動向や、高周波対応・高放熱対応・電磁シールド・光送信・車載・IoT/ウェアラブル等、必要となる要素技術について技術動向、開発課題を詳説いたします。

開催日

  • 2022年5月26日(木) 10時30分 16時35分

プログラム

第1部 5G/6G向け高周波対応FPC (フレキシブルプリント配線板) の最新開発動向

(2022年5月26日 10:30〜12:00)

 2019年のFPC世界市場は、約170億ドルまで達した。10年前の約2倍規模まで拡大してきており、基板全体でも約25%占有するまでになっている。この背景には4Gスマホ市場や電子車載市場への採用拡大があった。今後は、5G更に約10年後の6Gに向けての新市場へのFPC技術展開はビックチャンスと見られている。但し、その実現には、FPCの技術開発が最重要項目だ。本講演では、それらの技術開発課題とそのソリューションに関して詳解する。

  1. 5G/6Gに応用するFPC最新市場・技術動向
    1. 5G/6Gで躍進するFPC世界市場動向
    2. 5G始動と6Gへの展開
    3. 5Gスマホ技術動向と市場動向
    4. 5G – NR通信スマホ無線技術
  2. 高周波対応FPC技術開発動向
    1. 高周波対応FPCサブストレート分類 (構造別)
    2. フッ素樹脂ハイブリッド材開発動向
    3. LCP、MPI、フッ素樹脂FPC材料の高周波対応レベル比較
    4. その他の高周波対応材料適用開発動向
      1. PPS、COP/COC、マレイミドでのFCCL開発
  3. 高放熱対応FPC技術開発
    1. 5Gスマホ高放熱対応FPC (SoC、AiP放熱対応)
    2. 高放熱対応FPC (MBFC:メタルベースFPC) デザインとその特性
  4. 高周波対応電磁シールドFPC技術動向
    1. 5G/6G無線社会での電磁シールドとは?
    2. 細線同軸同等のEMIラッピング技術
  5. 車載FPC開発動向
    1. 5G/IoT対応車載用FPC事例
    2. EVリチウムイオン電池監視用FPC技術とその事例
  6. 5G/IoTウェアラブル・デバイスのFPC応用
    1. MRグラスとは?
    2. ウェアラブル・デバイスとは?
  7. まとめ
    • 質疑応答

第2部 5G/6G基板向け表面改質による低誘電樹脂への接着剤・前処理フリーダイレクト接着技術

(2022年5月26日 13:00〜14:30)

 高周波帯域における電気信号の伝送損失を低減するためには、回路基板用絶縁材料として低誘電特性に優れる樹脂上に可能な限り平滑な界面で銅回路を形成する必要がある。これは、周波数の増大に伴い、電気信号が導体表面に集中して流れる表皮効果の影響が無視できなくなるためである。しかしながら、低誘電率樹脂は異種材料との接着性に乏しく、投錨効果や接着剤に頼ることなく回路の密着信頼性を確保することは極めて困難な課題となっている。
 このような課題に対し、減圧プラズマを用いた低誘電樹脂フィルムの表面改質により、薬液を用いた粗化処理等の前処理や接着剤を必要とせず、平滑界面のままのシード層も用いない直接銅メッキおよび銅箔と低誘電樹脂フィルムを直接接着する技術及び装置を開発しました。この技術を用いれば、100GHz帯までの高周波用途に活用できる低誘電率樹脂フイルムを用いた単層、積層多層フレキシブル基板作成が可能になります。また、接着剤を用いる等の接着方法の場合でも、薬剤等による前処理を必要とせず、非接着面への本手法での官能基付与により接着強度改善が可能になり、劇薬が多い前処理薬材不使用でSDGsへ貢献も可能となります。本表面改質の原理から実例及び信頼性試験までを解説し、各企業の今後のビジネス戦略を立てて行く為の情報を提供します。

  1. プラズマを用いた表面改質による接着原理および装置
    1. プラズマを用いた表面改質による接着原理
    2. ロールtoロール表面改質装置での処理実例
  2. 表面改質を用いた直接銅めっき技術
    1. プラズマを用いた表面改質の状態評価
    2. 低誘電率樹脂への直接銅めっき
      • フッ素
      • LCP
      • COP
    3. ポリイミド樹脂への直接銅めっき
    4. 各種難めっき樹脂への直接銅めっき
      • PET
      • PS
      • SPS等
    5. ガラス基板への直接銅めっき
    6. ビア・スルーホールへの高密着直接銅めっき
  3. 表面改質を用いた低誘電率樹脂の接着剤レス直接接着技術
    1. 低誘電率樹脂と金属の直接接着
    2. 低誘電率樹脂と低誘電率樹脂の直接接着
    3. その他低誘電率樹脂の直接接着
      • PET
      • PPS
      • PEEK等
    4. コア材にポリイミドを用いた低誘電率樹脂の多層膜作製
  4. 前処理レス接着強度向上技術及び応用技術 (SDGs対応)
    1. 表面改質を用いた薬剤前処理レス接着強度向上技術
    2. 応用技術 (粉体材料、医薬、印刷への応用)
    • 質疑応答

第3部 5G/6G基板向け、銅箔の表面粗さと三次元粗さ規格動向と活用法

(2022年5月26日 14:40〜15:40)

 産業、生物医療、食品業界の様々な分野で、製品機能向上に伴い素材及び部品の正確な表面の評価が要求されている。特に近年は形状だけでなく、その表面粗さ評価検査が重要視され、表面粗さ測定のニーズが高まっている。試料形状や測定の目的に応じて装置の使い分けが必要である。

  1. 表面粗さ測定の最近の状況
  2. 触針走査法 (触針式表面粗さ測定機)
    • 基本原理
    • カットオフ値
    • 基準長さ
    • 評価長さ
  3. 共焦点顕微鏡法 (レーザー顕微鏡)
    • 基本原理
    • レーザー顕微鏡で粗さ測定をする場合
  4. 原子間力顕微鏡法 (AFM)
    • 基本原理
    • AFMで粗さ測定をする場合
  5. 三次元粗さの規格動向と活用法
    • 線粗さと面粗さ
    • 規格番号の対応関係
    • フィルター処理と測定条件
  6. 三次元表面性状パラメータ解説と活用例
  7. 5G向け銅箔の表面粗さ測定事例
    • 質疑応答

第4部 分子設計技術は高速通信 (5G) の時代へ、密着性向上プロセスGliCAP

(2022年5月26日 15:50〜16:35)

講師

  • 松本 博文
    フレックスリンク・テクノロジー株式会社
    代表取締役
  • 古川 勝紀
    株式会社 電子技研 開発部
    執行役員 開発部長
  • 牛丸 元春
    株式会社エビデント 産業機器営業 産業販売促進
  • 勝村 真人
    四国化成工業 株式会社 表面化学材料チーム
    リーダー

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

関連する出版物