技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座

自社の強みを活かした開発マーケティング実践講座

東京都 開催 会場 開催 演習付き

開催日

  • 2020年1月27日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 開発マーケティングの基礎的な知識
  • 自社の強みを活かした市場要求に応じた開発テーマ創出の方法
  • 開発マーケティングによる商品開発のプロセスと進め方
  • マーケット理解に必要なリサーチ・分析手法
  • コンセプト創造の考え方と手法
  • ビジネスモデルの要素と商品のビジネス化の評価方法

プログラム

 技術を利益に結びつけるには技術開発とともに、マーケットを設定し理解する市場開発が必要です。そのためには、開発とマーケティングを融合した開発マーケティングが効果的です。
 本セミナーでは、自社の強みを活かして商品開発を進めるための、市場志向の考え方と開発マーケティングの基礎的な知識の習得、開発テーマの創出方法、市場調査、コンセプト創造、事業性・ビジネスモデルの評価方法など開発マーケティングの一連のプロセスを学びます。また、社会が複雑化し不確実な現代において、開発マーケティングを業務に組込むためのポイントを紹介します。

  1. 技術者が押さえておきたいマーケティングの基礎
    1. 商品開発の2つのアプローチ
    2. 開発マーケティングとは
    3. 顧客価値の構造と分類
    4. 価値を生み出す企業活動
    5. 自社の技術の分析
  2. 開発マーケティングの全体像
    1. 商品開発フロー
    2. 商品開発プロセスの前期ステージ
    3. 商品開発プロセスの後期ステージ
  3. 開発マーケティングの導入と実践
    1. アイディア創造・テーマ創出の基本手法
      • VOC (Voice of the Customer) 顧客の声の活用方法
      • アナロジー発想法
      • デザイン思考
    2. ターゲット市場の想定
      • 市場の細分化 (セグメンテーション)
      • 用途による分類と用途の想定の基本的な考え方
    3. 市場リサーチの方法
    4. 演習1 リサーチ手法を用いた演習
    5. 商品コンセプト創造
      • 商品コンセプトとは
      • ポジショニングマップ
      • AHPによる価値の分析
    6. 演習2 ポジショニングマップ作成演習
  4. 新製品の事業性・ビジネスモデルの評価方法
    1. ビジネス化に必要な商品政策
    2. 事業性評価
    3. ビジネスモデル評価
      • ビジネスモデルキャンバス
  5. 開発マーケティング実践のポイント
    1. 複雑化し不確実な社会に適合する開発マネジメント
      • エフェクチュエーション
      • OODA (ウーダ) ループ
  6. 本日のまとめ、質疑応答

会場

江東区産業会館

第1会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アカデミック割引

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 (2日間) オンライン
2020/10/27 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎 オンライン
2020/10/28 研究開発ポートフォリオの構築とマネジメント手法および事例紹介 オンライン
2020/10/28 費用対効果評価 (日本版HTA) の実践 オンライン
2020/10/29 成功する市場・製品・技術ロードマップ作成のプロセス、活動とそのポイント オンライン
2020/10/29 研究開発テーマ、プロジェクトにおける費用対効果の数値化とその算出法 オンライン
2020/11/5 成功するオープンイノベーションのはじめ方、取り組み方 オンライン
2020/11/6 開発組織が主導する「事業につなげる開発テーマ」創出法 東京都 会場・オンライン
2020/11/12 大学との共同研究開発の進め方と契約の留意点 オンライン
2020/11/13 SDGs視点の新規R&Dテーマの発掘とその進め方 オンライン
2020/11/16 競合・市場調査とマーケティング活動 オンライン
2020/11/16 新規事業開発のための戦略策定とスタートアップ連携 オンライン
2020/11/17 AIによる医薬品マーケティングの効果定量化とコミュニケーションの最適化 東京都 オンライン
2020/11/17 技術者、研究者のための実践的な時間管理 オンライン
2020/11/17 研究開発のためのマーケティングの考え方と具体的方法 オンライン
2020/11/18 共同研究/開発契約の進め方と秘密保持契約の対応ノウハウ オンライン
2020/11/19 医薬品におけるTPPも明確でない/不確実性が高い段階の開発初期段階での事業性評価・NPVノウハウ オンライン
2020/11/24 意思決定の脳科学 オンライン
2020/11/25 研究開発部門におけるDX導入、体制作りとイノベーションの創出 オンライン
2020/11/26 コア技術の明確な定義、設定プロセスと継続的な強化手法 オンライン