技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

伝熱の基礎と電子機器の放熱・冷却技術

伝熱の基礎と電子機器の放熱・冷却技術

~熱抵抗の概念を用いた熱設計技術~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、伝熱の基礎と熱抵抗の概念、熱設計の際に避けて通れない熱電対や放射温度計などを用いた温度計測まで分かりやすく説明いたします。

開催日

  • 2019年8月26日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 伝熱工学の基礎知識
  • 熱抵抗と熱回路の概念
  • 放熱、冷却の効率的な考え方
  • 熱電対などの温度計測の注意点

プログラム

 本講座では、電子機器の放熱・冷却を考える際に重要となる、伝熱の基礎と熱抵抗の概念をわかりやすく解説します。熱抵抗の概念を知ることで、四則演算を基本とした簡単な計算で機器の温度上昇を求めることが可能となり、さらに温度上昇を抑えるためのポイントを把握することができます。演習問題なども交えながら、実際に手を動かして計算し、実践に使える知識の習得を目指します。複雑な機器を対象とした簡易熱設計 (熱回路網法) を、一般的な表計算ソフトで行う方法も解説します。
 また、機器の熱設計の際に避けて通れない、熱電対や放射温度計などを用いた温度計測の基礎と注意点も簡潔に解説します。熱電対や放射温度計は、適切に利用しないと大きな誤差をもたらします。できるだけ正確な温度を計測するためにはどうすべきか、ポイントを絞って説明します。

  1. 伝熱の基礎
    1. 熱伝導
    2. 対流熱伝達
    3. 輻射
  2. 熱抵抗の基礎
    1. 熱抵抗の概念
    2. 熱伝導の熱抵抗
    3. 対流熱伝達の熱抵抗
    4. 輻射の熱抵抗
  3. 熱抵抗の応用
    1. 熱抵抗のつなげ方
    2. 熱抵抗の低減方法
  4. 熱回路網法
    1. 熱回路の基本法則
    2. 表計算ソフトを利用した熱回路網法の解き方
  5. 温度計測など
    1. 熱電対の基礎とポイント
    2. 放射温度計の基礎とポイント
    3. 熱伝導率計測の基礎とポイント
  6. 最新トピックスの紹介
    1. 熱設計ガイドライン策定の動き
    2. 近年発表された冷却技術

会場

江東区産業会館

第5展示室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/5 5G関連機器の熱対策と放熱材料 オンライン
2021/8/6 半導体実装における材料・プロセスのポイントと技術動向 オンライン
2021/8/18 熱伝導率測定の種類とメカニズム、用途別の選択法と使い方 オンライン
2021/8/27 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2021/8/27 熱流体解析の基礎数値解析技術 オンライン
2021/8/30 電子機器 (メカトロニクス) の基礎 オンライン
2021/9/3 高速回路 (Mbps~Gbps級) の実装設計 オンライン
2021/9/3 カーボン系材料を利用した高熱伝導材料材料の開発 オンライン
2021/9/7 熱力学・電気化学・金属材料学とめっき膜観察・分析方法 オンライン
2021/9/8 潜熱蓄熱材の開発状況と今後の展望 オンライン
2021/9/10 xEV構成機器における熱抵抗低減と構造による熱対策 オンライン
2021/9/13 主機モータとPCUの冷却・放熱技術 オンライン
2021/9/15 5G関連機器を中心とした今後の熱対策 オンライン
2021/9/16 熱に関するメタマテリアルの原理、設計の効率化、応用、評価 オンライン
2021/9/17 高分子材料の熱膨張メカニズムとその低減、評価 オンライン
2021/9/29 シリコーンの構造、物性、選び方、使い方、安全性と法規制対応 オンライン
2021/10/5 ノイズ対策の重要ポイント オンライン
2021/10/11 回路と基板のノイズ設計技術 オンライン
2021/10/12 電気工学入門 オンライン
2021/10/13 電子機器・回路のノイズ対策基礎講座 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/21 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
2012/9/27 熱膨張・収縮の低減化とトラブル対策
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2011/10/3 '12 コンデンサ業界の実態と将来展望
2010/10/1 '11 コンデンサ業界の実態と将来展望
2009/10/10 ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/10/10 ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/5/20 日本電気と富士通2社分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/5/20 日本電気と富士通2社分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/1/15 ヒートアイランド対策 技術開発実態分析調査報告書