技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)

特許情報分析 (パテントマップ) から見た

ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)

~注目技術別動向予測シリーズ~

概要

本調査報告書は、ヒートポンプに関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書の書籍版 もご用意しております。

ご案内

1.調査目的

ヒートポンプを取り巻く市場や技術環境は目まぐるしく変化しており、競争に打ち勝つにはどの部分に焦点を絞り込むべきか、どの分野が着目されているのかなど、一歩先を行く開発戦略が必要となる。調査報告書はこうした要求に応えるために技術戦略上の基礎データを提供することが目的である。

2. 特許情報の収集と処理

平成11年 (1999年) から平成20年 (2008年) までの10年間に公開された公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」 ( (株) 日立情報システムズ製) を使用し、検索、収集した。報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」 (インパテック (株) 製) を使用した。特許情報公報の総数は5,082件である。

検索方法

S1 (公報発行日) :19990101:20081231
S2 (KW;要約+請求の範囲) :ヒートポンプ ヒート・ポンプ
S3 (FI) :F24D15/04 F24D17/00.T
S4 (FI) :F24F3/00.A
S5 (FI) :F24H1/00.611
論理式:S1* (S2+S3+S4+S5) = 5,082 (出力件数)

3. 報告書の構成

  • 1. 書誌データによる分析 (過去10年)
    • A. ランキング分析 (リスト)
    • B. 時系列分析
    • C. ニューエントリ・リタイアリ分析
    • D. 上位出願人と分類の関係分析
    • E. 上位出願人のユニークな技術分析
  • 2. 技術開発の概説
  • 3. 技術データの分類体系
  • 4. 技術データによる分析 (最近公開の499件)
    • F.技術分類分析
    • F-1 技術分類別公開件数ランキング
    • F-2 技術分類相互の公開件数相関
    • F-3 上位40出願人と技術分類の公開件数相関
  • 5. 今後の技術開発動向の予測

4. 本報告書の特徴

  • 技術データによる分析・直近までの分析により今後の技術動向を予測
  • 特許情報データの提供/報告書の対象となる過去10年間の公開特許情報をリスト形式 (公報番号、発明者の名称、出願人、発明者) にして、CDに収容したので公報のダウンロードに便利

パテントマップ実例、本文中の実際のページ例

目次

1. 書誌データによる分析

  • A. ランキング分析 (リスト)
    • 1. 出願人別公開件数ランキング (上位200)
    • 2. FI サブクラス分類別公開件数ランキング (上位100)
    • 3. FI メイングループ分類別公開件数ランキング (上位100)
    • 4. FI サブグループ分類別公開件数ランキング (上位100)
    • 5. Fターム テーマコート゛分類別公開件数ランキング (上位100)
    • 6. Fターム分類別公開件数ランキング (上位300)
  • B. 時系列分析
    • B-1. 上位50出願人別公開件数の推移 (最近10年)
    • B-2. 上位40 FI サブクラス筆頭分類別公開件数の推移 (最近10年)
    • B-3. 上位40 FI メイングループ筆頭分類別公開件数の推移 (最近10年) )
    • B-4. 上位40 FI サブグループ筆頭分類別公開件数の推移 (最近10年)
    • B-5. 上位40 Fターム テーマコード筆頭分類別公開件数の推移 (最近10年)
    • B-6. 上位100 Fターム筆頭分類別公開件数の推移 (最近10年)
  • C. ニューエントリ・リタイアリ分析
    • C-1-1. 出願人別参入・撤退状況 (最初40)
    • C-1-2. 出願人別参入・撤退状況 (最近40)
    • C-2-1. FI サブクラス分類別出現・消失状況 (最初40)
    • C-2-2. FI サブクラス分類別出現・消失状況 (最近40)
    • C-3-1. FI メイングループ分類別出現・消失状況 (最初80)
    • C-3-2. FI メイングループ分類別出現・消失状況 (最近80)
    • C-4-1. FI サブグループ分類別出現・消失状況 (最初120)
    • C-4-2. FI サブグループ分類別出現・消失状況 (最近120)
    • C-5-1. Fターム テーマコード分類別出現・消失状況 (最初80)
    • C-5-2. Fターム テーマコード分類別出現・消失状況 (最近80)
    • C-6-1. Fターム分類別出現・消失状況 (最初200)
    • C-6-2. Fターム分類別出現・消失状況 (最近200)
  • D. 上位出願人と分類の関係分析
    • D-1. 上位40出願人と上位20 FI サブクラス筆頭分類の公開件数相関
    • D-2. 上位40出願人と上位20 FI メイングループ筆頭分類の公開件数相関
    • D-3. 上位40出願人と上位20 FI サブグループ筆頭分類の公開件数相関
    • D-4. 上位40出願人と上位20 Fターム テーマコード筆頭分類の公開件数相関
    • D-5. 上位40出願人と上位60 Fターム筆頭分類の公開件数相関
  • E. 上位出願人のユニークな技術分析
    • E-1-* 独自FI サブクラス分類別公開件数ランキング
    • E-2-* 独自FI メイングループ分類別公開件数ランキング
    • E-3-* 独自FI サブグループ分類別公開件数ランキング
    • E-4-* 独自Fターム テーマコード分類別公開件数ランキング
    • E-5-* 独自Fターム分類別公開件数ランキング (上位100)
    • E-6-* 独自キーワード別公開件数ランキング (上位200) (「*」は、上位5出願人が該当)

2. 技術開発の概説

  • 2-1 出願人の概況
  • 2-2 公開技術の概況

3. 技術データの分類体系

4. 技術データによる分析

  • F. 技術分類分析
    • F-1. 技術分類別公開件数ランキング
      • F-1-1~F-1-4 [A~D]技術分類別公開件数ランキング
    • F-2. 技術分類相互の公開件数相関
      • F-2-1~F-2-6 [A~D]技術分類相互の公開件数相関
    • F-3. 上位40出願人と技術分類の公開件数相関
      • F-3-1~F-3-4 上位40出願人と[A~D]技術分類の公開件数相関

5. 今後の技術開発の動向の予測

  • 5-1 書誌データによる分析予測
    • 5-1-1 出願人の技術開発動向予測
    • 5-1-2 公開技術の技術開発動向予測
  • 5-2 技術データによる分析予測-対象、用途、課題、手段

参考資料

  • 1. FI サブクラス分類リスト
  • 2. FI メイングループ分類リスト
  • 3. FI サブグループ分類リスト
  • 4. Fターム テーマコード分類リスト
  • 5. Fターム分類リスト
  • 6. 出願人統合リスト
  • 7. パテントマップの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-ROM 180ページ

発行年月

2009年10月

販売元

tech-seminar.jp

価格

22,909円 (税別) / 25,200円 (税込)

本CD-ROMには、対象公開特許情報データは添付されません。
対象公開特許情報データは ヒートポンプ 技術開発実態分析調査報告書の書籍版 に付属しております。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/14 他社特許を分析して事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略 オンライン
2020/7/21 医療系AIプログラムの事業化プロセスと知財戦略 オンライン
2020/7/29 演習で学ぶ「特許明細書」の書き方 東京都
2020/7/29 競合に勝つための医薬特許戦略 大阪府
2020/7/29 レオロジーを特許・権利化するための基礎科学、測定技術、データ解釈 オンライン
2020/7/30 大学-企業間、民間企業間、ベンチャーとの共同研究開発の進め方と契約実務 オンライン
2020/7/30 最近の医薬品LCM/DR事例・判例から見るLCM,DRを提案するためのアイデアやヒント 東京都
2020/7/31 熱対策技術 冷却の基礎とパワエレ製品事例 オンライン
2020/8/5 技術・知財・事業戦略を導くパテントマップの具体的な作成と活用方法 京都府
2020/8/5 電子機器・電子デバイスにおける熱設計・熱問題への対策ノウハウ 東京都
2020/8/6 バイオ医薬品の特許戦略構築のための必須知識 オンライン
2020/8/9 先行企業を打ち破る他社特許分析の仕方と知財戦略への活かし方 東京都
2020/8/18 共同研究・開発契約の実務とトラブル対応 東京都
2020/8/19 5G関連機器を中心とした今後の熱対策 東京都
2020/8/24 材料における熱伝導の基礎と伝熱制御材料の設計・開発、最新動向 オンライン
2020/8/25 パテントマップを活用した新規R&Dテーマの発掘方法 オンライン
2020/8/26 技術者が知っておくべき他社特許対策と自社特許強化への考え方 オンライン
2020/8/27 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2020/8/31 伝熱の基礎とExcelによる熱計算演習講座 オンライン
2020/9/3 体外診断薬の主要国及び国内での競争力のある特許戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/30 熱利用技術の基礎と最新動向
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/10 芳香剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/1 パテントマップの全知識 (増刷改訂版)
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/12/20 紙おむつ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/10/20 TI〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/25 マシニングセンタ 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/13 不織布〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書