技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医用電気機器開発のための押さえておくべき安全規格のポイントと対応

医用電気機器開発のための押さえておくべき安全規格のポイントと対応

~実例を交えたリスクマネジメントプロセス実施の手引き~
東京都 開催 会場 開催

概要

リスクアセスメントの具体的な方法は、企業機密に属することが多く、公開されているものはほとんどありません。
本セミナーでは、ISO1471, ISO13485, IEC60601-1, IEC61010-2-101のリスクマネジメント規定について解説し、リスクマネジメントプロセスの実施について具体的に解説いたします。

開催日

  • 2019年4月23日(火) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 医療機器産業に関する世界各国の規制
  • 医療機器規制の基になる国際規格の体系
  • 医療機器の開発設計生産に関する品質管理規格 ISO 13485の内容
  • 個別医療機器の設計生産に関する次のプロセス規格の内容
    • リスクマネジメント規格 ISO 14971
    • ソフトウェアライフサイクル規格 IEC 62304
    • ユーザビリティエンジニアリング規格 IEC 62366-1
    • 生物学的安全規格 ISO 10993
  • 個別医療機器製品安全に関する次の規格の内容
    • 医用電気機器安全通則 IEC 60601-1
  • 医用電気機器安全規格の副通則
  • EMC副通則 IEC 60601-1-2
  • アラーム副通則 IEC 60601-1-8
  • 在宅医療機器規格 IEC 60601-1-11など
    • 医用電気機器安全規格の個別規格群の概要
  • 個別規格 IEC 60601-2-** (心電計、内視鏡、電気メスなど約60規格)
    • 体外診断機器安全規格 IEC 61010-2-101の内容

プログラム

 医療機器は極めて参入障壁の高い産業である。患者の安全性を確保するという観点から、法令に基づく多くの規制がある。これらの規制のほとんどはISO規格、IEC規格が規定する国際標準を基にしている。したがって、規制に基づいて医療機器を開発、設計、生産、販売していくためには、医療機器に関するISO規格、IEC規格の規定を理解した上で、国際標準に適合する医療機器開発、設計、生産、販売体制を構築する必要がある。
 工業製品の品質管理体制を規定した国際規格にはISO 9000シリーズがあり、国内外の主要メーカはその認証を取得している。医療機器の品質管理体制を規定する規格としては、ISO 9001を基にした医療機器品質マネジメントシステム (QMS) 規格ISO 13485がある。医療機器の開発、設計、生産に関しては、このISO 13485に基づく品質管理体制を構築する必要がある。米国では、Quality System Regulation (QSR) と呼ばれる規制があるが、ISO 13485と同様な規定をしている。医療機器国際規格の最近の動向は、リスクマネジメントに基づいた規定が多くなっていることである。医療機器のリスクマネジメントに対する要求を規定しているのが、ISO 14971である。ISO 14971は、個々の製品の設計、生産におけるリスクマネジメントを規定している。また、日本をはじめ、多くの国では医療機器の製造販売承認申請に際して、リスクマネジメントの実施を義務つけている。
 個々の医療機器の安全規定については、膨大な数の国際規格がある。その中でも医用電気機器の安全を規定したIEC 60601-1 (医用電気機器安全通則) は、適用対象も多く、最も重要なものである。IEC 60601-1の規格群には、副通則と個別規格がある。副通則には、EMCやアラームなどの医療機器に共通する特性、機能を規定する規格と、医療機器のグループ (放射線機器、在宅医療機器、救急車搭載医療機器など) について規定する規格がある。いずれも安全通則を適用する場合には、これらの副通則も同時に適用しなくてはならない。IEC 60601-1規格群の個別規格は、心電計、内視鏡、電気メス、輸液ポンプなど、個別の製品の対する安全を規定している。安全通則、副通則を基に、個別の製品に特有な機能を考慮して安全性に対する要求が規定されている。
 体外診断機器は、患者から採取した検体 (血液、尿、組織) を検査する。このため、体外診断機器に関する国際規格IEC 61010-2-101では、操作者及び診断作業とその結果に対する安全性を規定するのが主な目的になっている。
 本セミナーでは、医療機器の製造販売のための品質管理システムの構築及び個々の医療機器製品の安全確保のための医療機器安全規格を体系的に理解することに主眼を置いている。医療機器品質管理システムの構築と、個々の医療機器の安全確保のために、医療機器規制の中にどのように国際規格が取り込まれているか、その概要を理解し、個別の細かな規制にも対応できるようにしていくのが目的である。

  1. 医療機器に関する世界各国の規制
    • 医療機器は、次の観点から規制される。国際規格との関係を説明する。
      1. 医療機器の開発・設計・生産体制 (品質管理システム) に対する規制
      2. 個別医療機器の安全に対する規制
  2. 医療機器国際規格の体系
    • 医療機器の国際規格は大きく次のように4分類される。これらの規格体系について説明する。
      1. 医療機器の品質管理システム
      2. 医療機器のプロセス規格 (リスクマネジメント規格が基になる)
      3. 医療機器製品安全規格
      4. 医療機器の共通化、標準化に関する規格
  3. 医療機器品質管理システム規格 ISO 13485の内容
    • 設計・開発のプロセスを規定した「製品実現」の内容を中心に規格の要求事項を解説する。
  4. リスクマネジメント規格 ISO 14971
    • リスクマネジメント規格は、医療機器製品のプロセス規格の基幹となる規格である。多くの医療機器製品安全規格及びプロセス規格が、リスクマネジメントを基本にして要求事項を規定するようになってきている。このような事情を踏まえ、次の事項について重点的に解説する。
      1. リスクマネジメントプロセス-体制・計画・記録
      2. リスク分析-ハザード/危険状態の特定
      3. リスク評価
      4. リスクコントロールと残留リスク
      5. リスクマネジメント報告書とリスクマネジメントファイル
  5. 医療機器製品の開発・設計・生産に関するプロセス規格の規定内容説明
    1. ソフトウェアライフサイクル規格 IEC 62304
    2. ユーザビリティエンジニアリング規格 IEC 62366-1
    3. 医療機器の生物学的評価規格 ISO 10993シリーズ
  6. 医用電気機器安全通則 IEC 60601-1
    • IEC 60601-1は、電気を使用する (電池駆動を含む) 医療機器の製品安全を規定する規格である。基礎安全、基本性能、リスクマネジメントによる安全を規定している。医用電気機器に関する次の安全規定について解説する。
      1. 電気的安全性
      2. 機械的安全性
      3. 熱的安全性
      4. 医療機器ソフトウェアに関する安全性
      5. MEシステムに関する安全性
      6. その他リスクマネジメントによる安全性規定
  7. IEC 60601-1シリーズの副通則
    • IEC 60601-1シリーズの副通則は、次の2グループに分類される。主要な副通則の規定内容を解説する。
      1. 電気機器のグループに対して規定する副通則
        • 放射線機器
        • 在宅医療機器
        • 救急車搭載医療機器などに関する規格
      2. 医療機器の共通事項に関して規定する規格
        • EMC副通則
        • アラーム副通則
        • ユーザビリティエンジニアリング副通則
  8. IEC 60601-1シリーズの個別規格
    • 心電計、血圧計、内視鏡など70近い個別規格がある。
      これら個別規格のリストとJIS化されたIEC 60601-1シリーズの個別規格について説明する。
  9. 体外診断機器安全規格 IEC 61010-2-101の内容
  10. その他の非電気医療機器に関する国際規格の内容
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 会議室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/12/1 日常生活下における体表面生体信号の計測と応用 オンライン
2021/12/8 GMP省令改正とQMS省令改正が求めるスプレッドシートのバリデーションとデータインテグリティ管理 オンライン
2021/12/8 深紫外線によるウイルスの不活化と発光出力・安全性の両立 オンライン
2021/12/8 改正薬機法の押さえるべきポイントと規制対応における留意点 オンライン
2021/12/10 医療機器のEO滅菌の基礎と滅菌バリデーション、EO残留物測定のポイント及びQMS適合性調査の指摘事項と対応方法 オンライン
2021/12/14 デジタルヘルスケア製品研究・開発における薬機法と保険制度 オンライン
2021/12/15 医療機器 SaMD開発・申請要点セミナー オンライン
2021/12/17 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 オンライン
2021/12/17 医療機器における保険申請のポイントおよび保険適用戦略の実践 オンライン
2021/12/20 バイオ医薬品における規格及び試験方法の設定と安定性試験 (長期保存試験) による有効期間の設定 オンライン
2021/12/20 医療機器における洗浄バリデーション要点セミナー オンライン
2021/12/21 ライフサイエンス領域における医療トレンドとポストコロナビジネスに求められる対応手法 オンライン
2021/12/21 ISO11607滅菌医療機器に関する法的要求事項の解説 オンライン
2021/12/22 医療機器設計開発プロセス 入門講座 オンライン
2022/1/18 再生医療の国内法規制動向と開発からビジネスのポイント オンライン
2022/1/19 バイオマテリアルの最適な滅菌法選択とバリデーション オンライン
2022/1/19 欧州医療機器規則 (MDR) におけるPMSとビジランス対応 オンライン
2022/1/21 医療機器/IVDにおけるFDAが要求する先発医療機器 (PD) との実質的同等性の考え方と510(k) 申請のコツ オンライン
2022/1/25 医療機器における放射線滅菌バリデーションと実施計画書・報告書作成上の留意点 オンライン
2022/1/25 EMA、WHO、ISO等考慮した滅菌法選択と留意点 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2021/2/1 ISO13485:2016対応 QMSひな形集一式
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (オンデマンド)
2019/11/21 医療機器企業におけるリスクマネジメントセミナー (DVD)
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用