技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定

研究開発部門による3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略の策定

~(1) 適正な市場セグメンテーション、 (2) 市場ニーズの四象限での把握、 (3) KSFの明確化~
オンライン 開催

概要

本セミナーにおいては、事業戦略においてKSF (成功要因) 、Key Success Factorsをベースとした事業戦略の構築法について解説いたします。

開催日

  • 2024年3月12日(火) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 研究開発部門、研究企画、技術企画、新事業開発部門、経営企画、商品企画などの部門の方
  • 事業戦略を策定することを求められている方
  • 事業戦略構築に関心のある方

修得知識

  • 事業戦略の策定を阻む要因とその対処の方向性
  • 事業環境分析・事業戦略構築の全体ステップ
  • 市場のニーズの分析、骨太戦略の設定と具体化施策

プログラム

 「これまでの日立のR&Dは、博士課程を出た研究者に投資して『知識』や『技術』を蓄積するものだった。今後はその優秀な人材を、知識の蓄積を超えて『事業収益』を作るところにまで投入する」。これは日立のCEO兼社長の小島啓二氏の言葉です。
 今、日本企業は新興国企業の台頭を受けた既存製品や事業の陳腐化の急速な進展や、社会へのインパクトの大きな新な技術の出現といった、脅威と機会に直面しています。このような環境の中で求められることが、研究・技術開発部門が今こそ新規事業創出の中核組織として、企業の中長期の成長に貢献することです。具体的には、事業化を強く意識して研究開発をすすめ、加えて早期から自らが主体的に事業戦略の構築に深く関わり、またその実行に積極的に関与することです。この新な研究開発部門の役割は、日立だけでなく、他の有力企業が積極的に推進している新な潮流です。
 しかしながらその他の多くの企業において、そもそも事業戦略とは何を決めることなのか、またどのようなプロセスで策定するのが良いのかが明確になっておらず、そのためおざなりな事業戦略にとどまり、後の事業における収益の創出がうまく行われない例が極めて多く見られます。
 本セミナーにおいては、研究開発部門を主語に置き、事業戦略策定法について議論するものです。特に、事業戦略を策定する上で、キーとなる重要な3つの概念、すなわち適正な市場セグメンテーション、市場ニーズの四象限での把握、KSFの明確化をベースとした事業戦略の構築法について学んでいただきます。
 また、この3つの重要な概念を丁寧に議論した上で、本概念を包含するかたちで、事業戦略の全体像を説明いたします。
 本セミナーでは、以上より「良い事業戦略」を構築する方法を学ぶことができます。

  1. なぜ研究開発部門が事業戦略を考えなければならないのか?
    1. 研究開発部門の役割の大きな変化? (三菱ケミカル、富士フイルム、旭化成、日立の例)
    2. 収益を実現するにはValue Creation (価値創出) とValue Capture (事業化・ 商業化) の機能が必要
    3. Value Creation とValue Captureにおける研究開発部門の役割と問題
    4. 研究開発部門に求められる新しい役割
  2. 研究者の事業戦略の策定を阻む要因とその対処の方向性
    1. 研究者の事業戦略の策定を阻む3つの要因
      • 要因1:事業戦略策定は責任範囲外という認識
      • 要因2:事業戦略策定の知識の不在
      • 要因3:不確実性の存在
    2. 3つの要因への対処法
  3. なぜ事業戦略なのか?
    1. 新規事業の目的:事業 vs. 製品
    2. ビジネスを継続的に成長させるための2つの前提
      • ビジネスを継続的に成長させるには複数の製品が必要
      • 複数の製品 (製品群) を効率良く展開するには、範囲の経済性の実現が必要
    3. 「事業」とは
    4. 新規事業の目的はこのような事業を構想すること
    5. 失敗事例:花王のフロッピーディスク
  4. 事業戦略とは?
    1. 事業戦略策定項目 (大項目)
    2. 事業戦略策定項目 (小項目)
  5. 骨太の事業戦略の策定とは?
    • 良くある「悪い事業戦略」の例
    • 「悪い事業戦略」への対処としての3つの重要要素に基づく骨太の事業戦略
      1. 適正な市場セグメンテーションとターゲティング
        1. 市場セグメンテーションの目的
        2. 市場セグメンテーションの切り口
          • 教科書的には…、しかし…
          • 評価には市場セグメントの戦略的重要度を追加する
        3. 自社にとって魅力的な市場セグメントの3つの要件に基づき戦略的に考える
      2. 市場ニーズの四象限での把握
        1. ドリルメーカーは何を売っているか?
        2. 市場ニーズとは?
        3. 中核ニーズと周辺ニーズ
        4. 周辺ニーズ充足は収益を差別化を生み出す
        5. 機能的ニーズと意味的ニーズ
        6. 顧客価値拡大モデル (VACES)
        7. 中核ニーズ/中核価値
          • ミルクシェイクの中核価値は何か?
        8. 中核ニーズ・機能的ニーズ・意味的ニーズの関係
        9. 市場ニーズの四象限での把握
        10. 中核ニーズと自社の対象市場セグメントの関係
        11. 市場ニーズ抽出上の重要な点
          • 曖昧な表現での市場ニーズではなく、具体的な真のニーズを捉える
      3. KSF (Key Success Factors) の明確化
        1. 事業戦略の中でのKSFの位置づけ
        2. KSFの例
        3. KSFとは
        4. KSFを事業戦略策定の中で活用する3つの項目
        5. KSFを考えずつまずいた事例:三菱重工のMSJ
        6. これまでKSFが活用されてこなかった理由
        7. KSFの定義
        8. KSFの4つの特徴
        9. KSF抽出のプロセス
        10. KSFをどう事業戦略構築の中で利用するか
  6. 事業戦略策定項目
    1. 事業の定義
      1. 事業の定義の構成項目の全体像
      2. 対象市場セグメント
      3. 対象市場ニーズと提供顧客価値
      4. 提供製品・サービス群
      5. 自社のビジネスモデル
      6. 事業目標・目的
      7. 実現のための中核技術
      8. 提供初回『製品』説明
      9. 初回『製品』自社ポジショニングと競合製品・代替品
    2. 事業の魅力度
      1. 市場魅力度
      2. 市場魅力度の構成項目の全体像
      3. 提供顧客価値の大きさ
      4. 市場成長性
      5. 市場存続期間
      6. 市場規模
        • ※:市場規模・成長性・存続期間予測の方法を含む
      7. 広義の競争環境の厳しさ
      8. 自社適合度
      9. 自社適合度の構成項目の全体像
      10. 自社ビジョン・全社戦略との適合度
      11. 自社能力との適合度 (KSF分析)
      12. 自社技術との適合度
      13. 他社特許
      14. リスクと対応策
      15. リスクと対応策とは
      16. リスク抽出と対応策策定の具体的作業
    3. 事業の実現法
      1. 事業の実現法の構成項目の全体像
      2. 20XX年までに目指す姿 (KSF分析に基づく)
      3. 技術展開策
      4. 他社特許対処施策
      5. 具体的施策・計画
    4. 収益計画
      • テンプレート例の提示
  7. 事業戦略策定の方法とタイミング
    1. 良くある問題の多い事業戦略策定プロセス
    2. 良い事業戦略策定プロセス:仮説構築→検証/進化
    3. 隣接可能性を活用する
    4. 初期にはQuick and Dirtyな案策定を重視する
    5. 仮説構築→検証/進化の効果
    6. 事業戦略策定のタイミング
  8. 最後に
    1. まとめ
    2. 事業化推進のための仮説→検証/進化のサイクルを迅速に回す
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/19 中長期研究開発テーマの発掘と推進のポイント オンライン
2024/4/19 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2024/4/23 自社コア技術から発想するテーマ創出法 オンライン
2024/4/25 潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動 オンライン
2024/4/25 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2024/4/26 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/4/26 R&D部門での生成AI活用およびDXによる材料設計の加速化 オンライン
2024/5/1 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2024/5/10 IPランドスケープの取り組み事例と実施体制の構築 オンライン
2024/5/10 R&D部門での生成AI活用およびDXによる材料設計の加速化 オンライン
2024/5/14 研究・実験データ収集、管理への仕組み作りと蓄積データの活用 オンライン
2024/5/14 R&Dマーケティング「基本編」「実践編」2日間セミナー オンライン
2024/5/14 研究者・技術者が価値ある活動を行うために絶対に知っておかなければならないマーケティングの基本理論 オンライン
2024/5/15 コア技術の明確な定義、設定プロセスと継続的な育成と強化手法 オンライン
2024/5/15 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/5/15 企業間データ連携の推進・課題と材料開発への活用 会場
2024/5/20 革新的新商品・技術、新規事業を生み出すアイデアが湧き出る発想法 オンライン
2024/5/21 研究開発部門が真に価値ある成果を生み出すために実行しなければならない日々のマーケティング活動 オンライン
2024/5/22 新価値創造のための技術棚卸の進め方と戦略的技術マネジメント オンライン
2024/5/23 研究開発部門による3つの重要要素に基づいた「良い事業戦略」の構築と策定 オンライン