技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

セル生産思想を実現する自動化・設備の在り方

セル生産思想を実現する自動化・設備の在り方

オンライン 開催

開催日

  • 2022年2月10日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 製造・生産技術の管理職、中堅リーダークラス
  • 若手の人材育成を担当する方

修得知識

  • 生産現場の改善に必要な知識
  • セル生産に必要な治具や設備の構想

プログラム

 1990年代半ば、トヨタ生産方式を施行錯誤するなかでセル生産と呼ばれる方式が家電業界で誕生しました。当時はバブル経済後に金融引き締めが行われたことから企業は生産拠点を海外に求め、顧客は多様化・細分化の傾向を追い求め、少子化による労働力の不足の懸念が始まっていました。多品種で生産数量の変動は現在も続いています。セル生産誕生からから四半世紀を超えましたが、その思想は様々な業種で受け継がれて発展してきました。仕事を細分化し多数の人が関わって一つの製品をつくるよりは、一人当たりの作業数を増やし少ない人数で生産する方が生産性も品質も向上できました。やらされ感からの脱却が強い押し力であり、雇用が正規・非正規の雇用形態とは無関係でした。会社の設立趣意書に「真面目なる技術者の技能を、最高度に発揮せしむべき自由豁達にして愉快なる理想工場の建設」と書いた創業者の“人間の能力を最大限活かす”という想いは、セル生産で実現されたと言えます。理想の工場は時代と共に変化するでしょうが、大規模なラインよりは、小規模能力のラインで生産性や投資効率向上を果たす原点は変わりありません。小規模にすることでの課題は、いかに安価で小型の道具、治具、設備を実現するかです。市場変化の激しい市場においては、迅速に生産能力を増やしたり減らしたりすることが可能なラインつくりが必要です。今ではSDGsや脱炭素社会といった取り組みが避けて通れません。旧来通りの巨大戦艦的な自動化を行っては、投資回収が難しい状況に陥るでしょう。セル生産方式の思想を受け継いだ投資効率のよい設備の自動化をするべきと考えます。
 本講座では、そのために必要な知識や小規模ラインの展開方法について講師の経験と持論を紹介致します。

  1. セル生産が生まれた背景
    1. 家電業界から誕生したセル生産
    2. セル (細胞) は良化・悪化・変異もある
    3. 大規模投資のリスクを避ける
    4. 少ない人数で生産性も品質も向上
  2. セル生産の理解に必要な改善手法
    1. 技術者にIE的手法が必要な理由
    2. ムダを発見する方法
    3. 標準時間を読む方法
    4. 人と機械の役割を分析・最適化する方法
  3. セル生産の問題解決への設備の取り組み
    1. 現場に見合う7つの着眼点
    2. 現場的な取り組み事例
    3. 安心をもたらすポカヨケ
    4. 現場を動かす情報の自動化
    5. つくり方の創意工夫は競争優位に
  4. セル生産から次の課題解決在り方を考える
    1. 小規模自動化ライン
    2. 集中より分散展開
    3. 取り組み事例
  5. セル生産を設備で実現できる人材の育成
    1. 人材育成の
    2. 現場の技術者に向けて
    3. 結び

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/5/23 基礎から説明する効率的な新製品開発のための信頼性加速試験の進め方 オンライン
2022/5/23 ミス・ロス・不良を削減する実践と継続のためのポカミスゼロへのアプローチ オンライン
2022/5/24 FMEAのあるべき姿と活用法 オンライン
2022/5/30 外観検査の概要、目視検査と自動検査の比較、その実際 オンライン
2022/5/30 企画から製品ができるまでのプロセスの全体像 わかっていますか? オンライン
2022/5/30 管理図 オンライン
2022/5/31 失敗学 (リスクマネジメント) を活用した化粧品の品質保証 オンライン
2022/6/8 試作品の評価方法 オンライン
2022/6/22 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2022/6/22 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2022/6/28 外観目視検査員教育法と見逃し・バラツキ低減技術 オンライン
2022/6/29 新製品の「生産立ち上げ」における準備とその進め方 オンライン
2022/6/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2022/7/6 音による故障検知および故障予知 オンライン
2022/7/11 IoTを活用した生産設備の "チョコ停" 対策と進め方 オンライン
2022/7/27 デザインレビュー (DR) の基本とすすめ方 オンライン
2022/7/27 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 オンライン
2022/7/29 サンプリング試験の全体像を把握し、適切に設計、運用するためのコース オンライン
2022/8/23 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2022/8/23 信頼性の基礎 (2日間) オンライン