技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

戦略視点を活かす技術マーケティング

Zoomを使ったライブ配信セミナー

戦略視点を活かす技術マーケティング

~市場情報収集やヒアリングを行う際の情報ソースとその収集・分析方法~
オンライン 開催

開催日

  • 2021年2月9日(火) 10時00分 16時00分

受講対象者

  • メーカーの技術者、研究者
  • 研究開発部門のリーダー、戦略・企画担当者

修得知識

  • 技術者・研究者が知っておくべきマーケティングの基礎知識
  • 市場情報収集やヒアリングを行う際の情報ソースとその収集・分析方法
  • 多様な仕事に応用する事業戦略立案手法
  • 市場・顧客起点で考えるためのコツ
  • 「売れる製品」を生み出すためのチェックポイント

プログラム

 メーカーの技術者・研究者にとって、市場・顧客を起点に考えるマーケティングは必須なものと言えます。これは皆さんも実感をお持ちと思います。ただ皆さんの仕事は、技術探索、技術開発、製品改良、新製品開発、さらに新事業創出と多岐に渡り、多様な仕事への応用が求められております。例えば、既存製品企画・改良と、組織の検討や新たな経営資源配分が伴う新機会企画では一見手法が異なります。しかし、検討するポイントが分かれば基本は同じことで、其々の場合に容易に応用できるようになります。技術者にとってのマーケティングの基本の理解と仕事にあった活用のために、本セミナーを提案したいと思います。

  1. 技術マーケティングの重要性
    1. 技術マーケティングの重要性
      • 膨らみの構想へ
      • リードユーザ不在の時代
      • 従来と異なる市場・顧客の理解とコミュニケーション
      • 将来指向での市場の変化の先読み構想が必要
      • 自社/組織にあったストーリー
      • 技術者のマーケティングの重要性
      • 参考) フレームワークとは
    2. 市場ニーズと技術シーズのマッチと協働
      • アイデアからチャリンまで
      • コンセプト企画とビジネスプランの重要性
      • ビジネスプランの作成
    3. 振り返り
  2. 技術マーケティングと価値創出・組織経営
    1. 価値創出活動 アイデアからチャリンと鳴らす (儲ける) まで
    2. マーケティングの誤解と技術マーケティングのフレームワーク
      • マーケティングと情報収集、セリング、得意先指向の違い
      • 誤解解消のフレームワーク 3C・STP・4P
      • 3CとSWOT
        • 3C
          • Customer (顧客)
          • Competitor (競合)
          • Company (自社)
        • SWOT
          • Strength
          • Weakness
          • Opportunitiy
          • Threat
      • もう一つのC:PEST
        • Politics (政治)
        • Economy (経済)
        • Society (社会)
        • Technology (技術)
      • アンゾフ・マトリックス
      • STP
        • Segmentation
        • Targeting
        • Positioning
      • 4P
        • Product
        • Price
        • Place
        • Promotion
      • M-F-Tでの市場・技術マッチング
        • Market
        • Function
        • Technology
      • 技術マーケティングのフレーム
        • PEST/3C
        • アンゾフマトリックス
        • SWOT
        • MFT
        • STP
        • 4P
      • 振り返り
    3. 経営資源投入に重要な戦略と組織経営視点
      • 価値創出活動への経営資源投入
      • 3つのレベルの戦略視点
      • Who:我々は何者か 自社・自組織のミッション・ビジョン・バリュー、価値連鎖 (バリューチェーン)
      • What:何を目指すのか 戦略事業単位と事業ポートフォリオ
      • How:如何に戦うのか 競争戦略と成功要因
      • 戦略実現の資源配分を考えるためのSPRO
      • 振り返り
    4. ビジネス戦略立案ステップ
      1. アイデア創出とコンセプト企画
      2. ビジネスプラン
      3. 振り返り
  3. 仮説・情報収集・検証サイクルとマーケティングリサーチ手法
    1. 仮説・情報収集・検証サイクル
      • 仮説・情報収集・検証サイクルの重要性
      • 仮説を考える上での思考方法 発想推論法
      • 演繹と帰納的表現
    2. マーケティングリサーチの基本
      • アイデア~拡販のステップとマーケティングリサーチ事例
      • 情報収集
      • マーケティング・リサーチの5ステップ
      • マーケティングリサーチの手法と特徴
      • (参考) フェルミ推定
    3. 振り返り
  4. 小演習 (参考)
  5. 技術マーケティングのスキルとマインド
    • マーケティング力強化のスキルと動き方 スキル
    • 言語化、コミュニケーション、論理的思考、分析的思考力、概念的思考力
    • マーケティング力強化の行動と動き方
    • 振り返り
  6. 全体まとめ

小演習について

通常のセミナーですと、皆さんが学んだことを仕事に活かすために手法を活用する個人演習を行いその場で質問にお答えしますが、今回はそれは難しいですので各章ごとに短時間の振り返りの時間を作りたいと思います。

講師

  • 清水 弘
    日本工業大学 技術経営大学院
    教授 / 教務委員長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/1/26 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) オンライン
2021/1/26 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) オンライン
2021/1/27 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2021/1/27 変革の時代にこそ、捉えるべき 特許出願・知財戦略の本質とコロナの先を見据えた技術・事業戦略 東京都 会場・オンライン
2021/1/28 研究開発におけるリーン・スタートアップ/アジャイル開発の活用法 東京都 会場・オンライン
2021/1/29 消費者が五感で得る知覚という現実: 知覚品質・感性的価値の要諦 オンライン
2021/1/29 再生医療・遺伝子治療の産業クラスター/市場動向と医療経済評価 オンライン
2021/2/3 やさしい技術の棚卸し、コア技術の抽出と技術戦略・IPランドスケープの進め方 オンライン
2021/2/10 研究開発へのDX導入とR&Dテーマ探索、意思決定への活用 オンライン
2021/2/12 研究開発に直結する情報収集のポイント オンライン
2021/2/12 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 オンライン
2021/2/12 化粧品広告の実務者が押さえておくべき広告法規制動向と広告表現の重要ポイント オンライン
2021/2/15 技術者・研究者がやるべき市場分析・競合他社ベンチマーキング分析と情報収集の進め方 東京都 会場・オンライン
2021/2/16 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり オンライン
2021/2/17 研究開発部門にしか実現できない高収益を生む組織的・継続的なビジネスモデルの構築 オンライン
2021/2/17 競合品との差別化を図るための製品ポジショニングとプロモーション戦略 オンライン
2021/2/17 データサイエンスで導くイノベーションと研究開発マネジメント オンライン
2021/2/18 未来予測の思考法 オンライン
2021/2/19 研究開発と技術人材育成のための技術部門マネジメント オンライン
2021/2/19 新規事業創出のための知財情報分析の仕方 オンライン