技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

化粧品の微生物汚染事例と品質保証のポイント

化粧品の微生物汚染事例と品質保証のポイント

千葉県 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、化粧品の微生物汚染について基礎から解説いたします。
また、処方を行うにあたっての防腐システムの設計法、化粧品等の微生物汚染の動向とその原因と対策も含めて解説いたします。

開催日

  • 2020年4月14日(火) 10時00分 16時30分

受講対象者

  • 化粧品の技術者、開発者、研究者、品質担当者

修得知識

  • 微生物汚染防止の重要性
  • 微生物汚染例
  • 微生物汚染調査
  • 品質保証の点から見た微生物汚染及びその防止法
  • 防腐力試験の考え方

プログラム

 前半は化粧品はなぜ微生物汚染してはいけないのかをまず品質保証の点及び法令規制の点から説明いたします。次に国内外での微生物汚染例を見てもらい、汚染防止の重要性を理解してもらいます。汚染の調査を行う方法もわかっていただきます。
 後半はどのようにして微生物汚染を防ぐかを説明いたします。まず品質保証の観点から見た工場衛生等のお話をGMPを絡めてお話しします。次に防腐システムの構築に関して試験法の流れと注意点について理解していただきます。

化粧品の微生物汚染事例と品質保証のポイント

(2020年04月14日 10:00〜12:00)

  1. 化粧品の微生物汚染について
    1. なぜ化粧品は微生物汚染を起こしてはいけないのか?
    2. 微生物汚染を防ぐ理由
      1. 法令上の規制
        • 薬事法
        • 化粧品GMP
        • 各国の規制
      2. 消費者からみて
        • 製品の劣化
        • 健康被害
    3. 過去の化粧品の微生物汚染例
      1. 海外の汚染例
      2. 国内の汚染例
      3. 回収の情報の調べ方
    4. 食品業界での汚染
    5. 汚染の原因とその防止
      1. 汚染の発見
      2. 汚染の起こり方
        • 一次汚染と二次汚染
        • 汚染の防止
      3. 汚染の防止
        • 化粧品の防腐力
        • 工場内衛生管理
  2. 工場衛生管理
    1. ハード面の管理
      1. 工場設計
      2. 工場設備
    2. ソフト面の管理 (G M Pのポイント) 「
      1. 文書化について
      2. 組織・訓練について
      3. バリデーションについて
      4. その他
  3. 防腐システムの構築の仕方
    1. 保存効力試験の流れ
    2. 試験結果の応用
    3. 原料からの見方
    4. その他

株式会社 ファンケル美健 千葉工場 見学

(2020年04月14日 14:00〜15:30)

 ファンケル化粧品の製造部門として1982年設立。現在では、滋賀工場、横浜工場、群馬工場を加え4工場体制。千葉工場では無添加技術を駆使した化粧品の主力工場として、最先端の生産設備を導入し、お客様に安全と安心を提供し、ハイレベルな衛生基準を誇るクリーンな生産システムのもと高品質・高品位の商品を安定して供給できる体制を整えています。

  • 医薬品製造レベルのクリーンな環境で、「安心・安全」な化粧品が作られる現場をご覧いただきます。
  • そんなハイレベルな衛生基準を誇るクリーンな生産システムを見学いただけます
  • クリーンレベル100の充填模様は必見
  • どれほどクリーンか、模型と見比べながら実感できます

会場

レンタル・ミーティングスペース BRAINS

Room 201

千葉県 柏市 柏4丁目7-3
レンタル・ミーティングスペース BRAINSの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 38,000円 (税別) / 41,800円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 38,000円(税別) / 41,800円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 76,000円(税別) / 83,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 114,000円(税別) / 125,400円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/9/29 銅の抗菌、抗ウイルス作用のメカニズム、評価と感染対策への応用 オンライン
2020/9/30 化粧品広告における関連法規と魅せる広告表現テクニック 東京都 会場・オンライン
2020/9/30 微生物の分離・培養・同定の基礎&実践講座 東京都 会場・オンライン
2020/10/5 事例を中心とした異物混入の分析・原因解明技術 オンライン
2020/10/5 化粧品品質安定性試験の実例を用いた試験の進め方と自社基準の設定 オンライン
2020/10/7 製造指図記録書を作成し運用するための重要ポイント 大阪府 会場
2020/10/8 室内気流におけるエアロゾル粒子挙動の可視化と浮遊微生物捕集 オンライン
2020/10/9 ヒューマンエラー防止のための実務に即したGMP教育訓練と評価方法・教育記録管理方法 東京都 会場・オンライン
2020/10/9 医薬品工場の空調設備設計とバリデーション実施のポイント オンライン
2020/10/15 再生医療等製品製造のリスク評価と細胞加工施設の適格性評価・バリデーションのポイント オンライン
2020/10/15 微生物取り扱いの基礎と微生物トラブル再発防止に向けた取り組み オンライン
2020/10/15 初心者のための消毒、滅菌の基礎と滅菌バリデーション入門 オンライン
2020/10/15 商品開発にむけた毛髪ダメージ・感触の実感ポイントと定量化 (機器測定・評価法) オンライン
2020/10/16 再生医療等製品/細胞加工物製造における GCTP省令の要求事項とPMDAへの対応 東京都 会場・オンライン
2020/10/20 クリーンルームや工場内における気流やゴミの可視化、その対応 オンライン
2020/10/21 GMP担当職員への教育訓練 会場・オンライン
2020/10/21 医薬部外品の規格及び試験法設定と製造承認書作成のポイント オンライン
2020/10/22 医療機器におけるEO滅菌の基礎および滅菌バリデーション 東京都 会場・オンライン
2020/10/22 改正GMP省令をふまえた中小規模企業のサイトQA業務と組織体制作り オンライン
2020/10/23 GMDP (GMP&GDP) に対応した品質確保と具体的な文書・記録の管理方法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2016/9/9 抗菌剤・抗カビ剤・抗ウイルス剤の基礎と応用
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/15 美容液・化粧水 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/8/28 化粧品・医薬部外品およびその原料の安全性評価と規格・試験法設定
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/9/4 食と健康の高安全化
2012/7/4 薬事法・景品表示法 実践 戦略パック
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理