技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医薬品の製造委託・原料調達における外注管理・契約での留意点

改正GMP省令で今後さらに重要となる

医薬品の製造委託・原料調達における外注管理・契約での留意点

東京都 開催

開催日

  • 2019年9月25日(水) 10時00分 17時00分

受講対象者

  • 委受託製造や原料調達に関わる担当者
  • 製造業者のQA担当者 など

プログラム

 アメリカにGMPが誕生し、日本ではGMPの実施が図られて約40年以上を経過し、その間、GMPのグローバル化と進歩は著しく、医薬品製造所は医薬品のライフサイクルを通して安全で安心な医薬品を作り出すことが強く求められている。さらに世界のGMPレベルはPIC/S GMPの広がりにより確実に上昇しており、各国当局による査察も年々より厳しくなっている。
 こうした医薬品のグローバル化した情勢の中、特にサプライチェーンにおいては、製造委託先/サプライヤー管理 (以下、供給者管理と同じ) の対象が、原料調達のための委託先や供給業者のみならず製造機器、製造支援設備、コンピューターなどのハードソフト製造業者、そして製品を流通させる代理店、仲介業者、貿易業、流通業者なども加え、より広範な領域にまで拡大している。それに伴ってより適切な製造委託/サプライヤー管理が、原料調達や、医薬品の恒常的な品質保証や安定供給に欠かせない重要事項として位置付けられることは申すまでもない。
 従来、原材料業者での「製造及び品質管理等に関わる業務」の照査・確認は製造販売業者の責務であったが、2013年に発出された一部改正GMP施行通知により、当該原料を用いて製剤の製造に係る製造業者にも求められ、近く改正が予定されるGMP省令改正案では供給者管理が製造業者のGMP要件に省令化されることも、サプライチェーンの大きなグローバル化の流れが背景にある。
 正しく製造委託や供給者管理が行われなかった場合、原材料に起因した製品への異物や不純物混入、重大な品質不良或いは逸脱発生、更には原料が供給業者や生産国の事情で供給されなくなったこと等を想定した場合、市場へ製品供給不可・欠品という深刻な事態を招くことになる。
 今回、医薬品品質システム (PQS) 及び品質リスクマネジメント (QRM) 管理を交えながら、「医薬品の製造委託・原料調達における外注管理・契約での留意点」について、演者の経験した多くの事例を交えながら解説する。

  1. 製造委託先/サプライヤー・原料調達過程における供給者評価と契約のポイント
    1. はじめに
    2. PIC/S、国内GMP対応した製造委託先/サプライヤー (供給業者) 管理
    3. 供給業者が製造する製品の品質リスクマネジメント
    4. 委受託製造の進め方:両者に求められる要件、契約、製造・試験の技術移転
    5. 製造委託先/サプライヤーの選定評価
    6. 製造業者及び原材料供給業者との品質取り決めのポイント
    7. 国内GDPと輸送バリデーション
    8. GMP省令改正 (来年度公布予定) と供給業者管理:規制当局の動向
    9. 供給者管理におけるFDA査察指摘トレンド
    10. 問題点と対応
  2. 原料調達における外注管理・契約での留意点:製品欠品を起こさないための適切な管理)
    1. 原料 (出発物質、原薬、添加剤) の供給者管理、製品標準書への落とし込み
    2. 委託先・原料調達における訪問調査 (実地調査) の実施例
    3. 製造業者 – 原薬製造業者 – 輸入業者3者間の品質取決めの留意点
      • 和英対応した取決めの雛形を当日配布
  3. GMP基準を踏まえた、受け入れ試験実施およびサンプリングの手法
    1. サプライヤー管理における受け入れ試験およびサンプリング
    2. 原則および採取する職員
    3. 出発原料のサンプリング:√n + 1、サンプリング数の削減、JIS抜取試験
  4. 製造委託先/サプライヤー監査のポイント
    1. 供給業者監査とは
      • 委託製造先 (外部) 監査と供給業者監査の違い
      • 供給業者選定における監査の位置と比重
      • 供給業者に求められる品質保証
      • 監査のタイミング
      • 委託・納入先との適正な品質保証システムとは
        (供給業者との契約、及び第三者監査体制も含めて)
    2. 監査手順
      • 手順の実際
      • 新規製造委託先/サプライヤー、認定評価済製造委託先/サプライヤー
      • 計画、準備資料、事前訪問、ラップアップミーティング、フォローアップ等
    3. 評価方法
      • 監査による評価法と重要ポイント
      • 重要ポイント (技術移管、遵守事項)
      • 監査における留意点と監査項目
      • チェックリストによる詳細確認事項の具体例
      • 海外供給業者への監査手順と評価法
        (包装、製剤、API、原料中間体、資材容被製造施設、及び試験施設に対する監査の実施例)
  5. 医薬品品質システム (PQS) 及び品質リスクマネジメント (QRM) の活用
    1. リスクマネジメントの活用
    2. ICH Qトリオ及びQ12による継続的な品質改善と得られる成果
  6. まとめ
    • 質疑応答

講師

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 48,600円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 48,600円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 54,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 97,200円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 145,800円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/10/21 医薬品の開発早期における患者数・市場規模予測とその精度向上 東京都
2019/10/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー (2日間) 東京都
2019/10/23 例文で解説するGMP文書や海外当局査察で頻出する英語表現 (事例) 東京都
2019/10/23 GMP/バリデーション入門 東京都
2019/10/23 コンピュータバリデーション & ER/ES指針セミナー 東京都
2019/10/23 全身性エリテマトーデスの基礎と治療の現状・今後の課題 東京都
2019/10/23 細胞加工施設における環境モニタリング設定と維持管理 東京都
2019/10/23 海外導入品におけるCTD作成方法・照会事項対応のポイント 東京都
2019/10/24 GDP査察/適合性調査に備えた自己点検のポイント 東京都
2019/10/24 コンピュータバリデーション 東京都
2019/10/24 ICH M7 (変異原性不純物) 、Q3C (残留溶媒) 、Q3D (元素不純物) 対応とガイドライン徹底解説 東京都
2019/10/25 中国の薬事・治験・保険制度の最新動向 東京都
2019/10/25 再生医療等製品におけるGCTP省令の規制要件と手順書及び申請上における留意点 東京都
2019/10/25 医薬品のライフサイクルを通したリスクマネジメントの実際 東京都
2019/10/28 GMP・バリデーションのための統計解析 入門講座 京都府
2019/10/28 技術移転 (製法・試験法) の手順と同等性の評価方法 (バイオ編) 東京都
2019/10/28 医薬品マーケティング計画の立案 東京都
2019/10/28 承認申請パッケージにおける海外データ利用と開発戦略 東京都
2019/10/28 敗血症の病態/治療の現状/求める新薬像 東京都
2019/10/29 核酸医薬開発ベンチャーのパイプライン動向と今後の開発戦略 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/27 3極対応リスクマネジメントプラン策定とEU-GVPが求める記載事項/国内との相違点
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策