技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

五感センシングの技術現状と複合感覚・質感評価への展開

五感センシングの技術現状と複合感覚・質感評価への展開

~感性の定量評価と再現のためのセンサ技術~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2018年3月13日(火) 10時30分 16時30分

プログラム

 次世代と呼ばれるロボティクスやIoT、ヴァーチャルリアリティなどの分野では、人間の五感に相当するセンサは必要不可欠なものです。また、近年では製品に高級感や上質感を付与するための質感のデザインが注目されるようになってきおり、とくに、種々の触感表現手法の発達により、触覚デザインを設計に取り入れる動きが広まっています。現在、質感の評価は人間による感性に頼るものが中心ですが、再現性や客観性、伝達性の面で課題があり、数値的・定量的な質感の評価基準の構築が求められており、それを可能とする五感センシングが必要とされています。
 本セミナーでは、このような人間の感覚の代替となる五感センシングについて、現状と展望を解説し、さらに講師らが取り組んでいるMEMS技術を応用した 触覚センシング技術を紹介します。

  1. 五感センシングが求められる背景
    1. 感性価値向上・評価の必要性
    2. 人間による感性評価と課題
    3. ロボティクス、IoT、バーチャルリアリティと感性計測
    4. 感性価値市場の現状と未来
  2. 五感センシング技術
    1. 人間の五感とその特徴
    2. センシング技術の基礎
    3. 視覚センシング
    4. 聴覚センシング
    5. 触覚センシング
    6. 味覚センシング
    7. 嗅覚センシング
    8. 動きや生体情報のセンシング
    9. より高次の感覚とその情報処理
  3. MEMS触覚センサによる感性的質感評価
    1. MEMS、マイクロマシンとは
      1. MEMSの特徴 (従来の機械との違い)
      2. MEMSの歴史と市場
    2. 身の回りのMEMSデバイス
      1. 様々な製品で活躍するMEMS
      2. スマートフォンとMEMS
      3. 期待されるMEMSデバイス
    3. MEMS構造の作製
      1. MEMSの材料
      2. フォトリソグラフィによるパターン転写技術
      3. 微細可動構造作製技術
    4. 光・ひずみ・温度複合MEMSセンサ
      1. 開発の背景
      2. センシングの原理
      3. 試作センサの概要と基礎特性
      4. 柔軟物把持や皮膚性状計測への応用
    5. MEMSセンサを用いた質感の評価
      1. 物体の質感とは?
      2. 従来の質感評価手法
      3. アクティブセンシングによる質感計測
      4. 触り心地 (押し心地、柔らかさ、すべり感等) の評価
      5. 温冷感の評価
      6. 今後の展望
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 寒川 雅之
    新潟大学 工学部 機械システム工学科
    准教授

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

6F 中会議室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/5 生体情報センシングと製品開発への応用の考え方 東京都
2020/6/12 官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み 東京都
2020/6/18 Azure Kinectと距離画像センサの測距原理、3Dセンサの応用 東京都
2020/6/18 バイオセンサ・デバイスの最先端技術・研究動向と応用展開 東京都
2020/6/19 柔らかさを感じるメカニズムと定量化技術 東京都
2020/6/24 生体信号計測、生体センサ技術の基礎と応用 東京都
2020/6/29 PCB (基板) アンテナの基礎技術 東京都
2020/6/29 コンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都
2020/6/30 においの姿・正体とその見える化 東京都
2020/7/3 複合臭におけるにおいのメカニズムと定量評価 東京都
2020/7/3 ウェアラブルデバイス/センシングの基礎知識・開発技術動向と今後の応用展開 東京都
2020/7/3 これで分かる最新5Gスマートフォンに応用するFPC技術の基礎から応用まで オンライン
2020/7/6 メカトロニクスの要素技術と今後の技術動向 東京都
2020/7/8 化粧品における官能評価の基準設定と具体的な評価方法 オンライン
2020/7/10 香り成分の心理生理学的有効性評価技術と商品開発への展開 東京都
2020/7/13 自動車用センサ・カメラ、電子機器類の保護、封止、耐振動性向上 東京都
2020/7/17 自動車内装表皮材の開発トレンドと今後の展開 東京都
2020/7/21 パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、SLAM、移動ロボットへの応用 東京都
2020/7/21 スマート工場のためのIoT活用術 東京都
2020/7/28 日常医療・未病医療のための生体センシングとデバイス開発 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/2/28 においを "見える化" する分析・評価技術
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/6/30 ヒトの感性に訴える製品開発とその評価
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/5/31 スキンケア化粧品の官能評価ハンドブック
2015/6/26 2015年版 民生機器用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/9/25 サービスロボット 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/25 サービスロボット 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/30 マイクロセンサ 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/20 文具大手7社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/20 文具大手7社 技術開発実態分析調査報告書
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/7/16 「ロボット技術の用途、機能、構造等主要観点別開発動向と参入企業の強み、弱み分析」に関する技術開発実態分析調査報告書
2013/3/8 PAT3によるモデル検証
2013/1/30 圧力センサ 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/1/30 圧力センサ 技術開発実態分析調査報告書