技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

においを "見える化" する分析・評価技術

においを "見える化" する分析・評価技術

~官能評価、機器分析、複合臭分析、悪臭測定事例、さまざまな場面での分析事例~

概要

本書では、生活環境、住宅などの室内で発生する臭気、自動車内装材、樹脂、食品、薬品、カビ、体臭、家電製品など、豊富な事例を掲載しております。

目次

第1章 においのメカニズムと感じ方

  • 1 においの構造
  • 2 においと感じ方
    • 2.1 においの受容メカニズムと嗅覚受容体遺伝子
    • 2.2 嗅覚受容体のにおい認識機構
    • 2.3 嗅覚情報伝達経路
    • 2.4 においの感じ方の個人差
    • 2.5 おわりに

第2章 異臭分析のサンプルの取り扱い

  • 1 においと異臭分析
  • 2 異臭がするという状況
  • 3 具体的なサンプルの取り扱い
    • 3.1 むやみに開封しない
    • 3.2 速やかに低温で保管する
    • 3.3 密封する
    • 3.4 やむを得ずサンプルを開封、移し替える場合の留意点
    • 3.5 その他の留意点
  • 4 対照品の必要性
  • 5 環境からの汚染を防ぐ

第3章 官能評価によるにおい評価と留意点

  • 1 嗅覚測定法 (官能試験法)
    • 1.1 嗅覚測定法の種類
    • 1.2 臭気濃度、臭気指数
    • 1.3 臭気強度と快・不快度評価
    • 1.4 容認性評価
    • 1.5 においの質評価
    • 1.6 嗅覚測定法の注意点 (におい試料の経時変化)
      • 1.6.1 測定項目および測定方法
      • 1.6.2 測定結果
      • 1.6.3 調理臭の経時変化からみた試料採取から嗅覚測定法の実施期間
  • 2 機器測定法との関係について

第4章 機器分析手法と官能試験データとの相関

第1節 ガスクロマトグラフ
  • 第1項 におい分析のための前処理
    • 1 溶媒抽出法・蒸留法
    • 2 カラムクロマトグラフィー
    • 3 ヘッドスペース (HS[HeadSpace]) 法
    • 4 簡易法
      • 4.1 MMSE[MonolithicMaterialSorptiveExtraction]法
      • 4.2 SPME[SolidPhaseMicroExtraction]法
      • 4.3 SBSE[StirbarSorptiveExtraction]法
    • 5 その他の手法
      • 5.1 PT[PurgeandTrap]法
      • 5.2 CCPT[CounterCurrentPurgeandTrap]法
      • 5.3 DMI[DicultMatrixIntroduction]法
      • 5.4 溶媒での拭き取り
  • 第2項 ガスクロマトグラフの概要
    • 1 ガスクロマトグラフの概要
    • 2 分離とカラムについて
    • 3 キャピラリーカラムについて
      • 3.1 キャピラリーカラムの液相
      • 3.2 キャピラリーカラムの長さと内径
      • 3.3 液相の膜厚
      • 3.4 カラムのコンディショニング
  • 第3項 ガスクロマトグラフ-質量分析計
    • 1 装置の原理
      • 1.1 インターフェイス
      • 1.2 イオン源部
      • 1.3 イオン分離部
      • 1.4 検出器
    • 2 実施例
  • 第4項 ガスクロマトグラフオルファクトメータ (GC/O)
    • 1 GC/O分析の数値化及び評価方法
      • 1.1 AEDA法[AromaExtractDilutionAnalysis]
      • 1.2 Charm法[Charmanalysis]
      • 1.3 Osemegram法
      • 1.4 複合臭評価のための応用テクニック
    • 2 GC/Oの最新の進歩
      • 2.1 昇温機能付きGC/O
      • 2.2多人数嗅ぎGC/O
    • 3 GC/O分析を実際に行うときに
      • 3.1 快適なGC/Oのための工夫
      • 3.2 鼻の感度
      • 3.3 経験やトレーニング、表現
        • 3.3.1 においの識別
        • 3.3.2 濃度差の識別
      • 3.4 GC/Oのときに
    • 4 におい分析の装置・カラムの準備の注意点や前処理のテクニック
      • 4.1 GCカラム、GC注入口
      • 4.2 前処理の捕集効率改善の手法
      • 4.3 GC/O装置のポイント
  • 第5項 GC、GC/MSを用いた香気・臭気分析例
    • 1 ヘッドスペース法による、日本酒中香気成分の定量分析
    • 2 MonoTrap®による前処理を使用したGC/O分析例
    • 3 PFSを使用した体臭分析例
    • 4 PT法による、水中カビ臭成分の分析
    • 5 CCPT法による、炭酸飲料の香気成分分析
第2節 検知管による簡易測定
  • 1 検知管法
  • 2 悪臭物質の測定
    • 2.1 悪臭防止法に則った検知管法
    • 2.2 ガス検知管を利用したセンサ法
第3節 においセンサ
  • 1 考え方
    • 1.1 受容器官
    • 1.2 嗅神経系
    • 1.3 脳
  • 2 センサ
    • 2.1 半導体センサのタイプ
    • 2.2 合成脂質膜水晶振動子センサのタイプ
    • 2.3 その他のにおいセンサのタイプ
      • 2.3.1 表面プラズモン共鳴 (SPR) を利用したセンサ
      • 2.3.2 色素の発光パターンの変化を利用したセンサ
  • 3 エレクトロニックノーズシステム
第4節 機器分析データと官能評価データとの相関ポイント
  • 1 においの測定
  • 2 においの計測手法
    • 2.1 機器分析法
    • 2.2 官能評価法
    • 2.3 生体計測法
      • 2.3.1 心理・生理効果の計測手法
  • 3 機器分析法、官能評価法と生体計測法の相関

第5章 複合臭メカニズムと分析手法

  • 1 複合臭を感じる仕組み
    • 1.1 においを感じることとにおい分子の構造
      • 1.1.1 においを感じる過程におけるにおい分子の位置づけ
      • 1.1.2 におい分子の構造とにおい
    • 1.2 におい受容メカニズムを考慮した複合臭の解析
      • 1.2.1 におい受容メカニズムと複合臭
      • 1.2.2 におい受容メカニズムから複合臭をどうとらえればいいか
  • 2 におい受容機構を考慮した複合臭の分析手法
    • 2.1 複合臭分析の実例
      • 2.1.1 白檀の複合臭をどう分析するか
      • 2.1.2 乳香の複合臭をどう分析するか
      • 2.1.3 複合臭としての緑茶の香気特性の検討
    • 2.2 複合臭の特徴を考慮したGC/MS分析データの見方
      • 2.2.1 山奈のMSデータをどう解析するか
      • 2.2.2 複合臭を解析するポイントのにおい分子構造の類似とは

第6章 悪臭の測定方法と臭気官能評価

  • 1 はじめに
  • 2 悪臭の測定方法
    • 2.1 特定悪臭物質の測定方法
    • 2.2臭気指数の測定方法
    • 2.3 悪臭の採取方法
  • 3 悪臭測定における機器分析の課題
  • 4 においの測定方法
    • 4.1 臭気官能試験
    • 4.2 希釈混合装置による簡易臭気官能試験
    • 4.3特定悪臭物質の測定方法のにおい分野への有効活用
    • 4.4におい嗅ぎGC/MSの利用
    • 4.5におい識別装置の利用
    • 4.6室内空気中化学物質の測定方法
    • 4.7室内の臭気の評価

第7章 さまざまな場面での分析事例

第1節 生活環境におけるにおい分析
  • 1 はじめに
  • 2 におい分析にあたって
  • 3 分析事例
    • 3.1 生ゴミ臭
      • 3.1.1 生ゴミ臭とは
      • 3.1.2 生ゴミ臭の分析方法
    • 3.2 タバコ臭
      • 3.2.1 タバコ臭とは
      • 3.2.2 タバコ臭の分析方法
  • 4 まとめ
第2節 住宅環境での臭気測定事例
  • 1 はじめに
  • 2 住宅などの臭気調査における確認事項・留意点
    • 2.1 調査目的の確認
    • 2.2 事前調査・調査手順の確認
    • 2.3 入室時の留意点
    • 2.4 調査員が考慮すべき留意点
    • 2.5 においの採取に使用する機材の留意点
    • 2.6 試料採取時の留意点
  • 3 住宅などの室内で発生する臭気の調査事例
    • 3.1 洗濯槽の臭気の調査事例
    • 3.2 浴室の臭気の調査事例
    • 3.3 キッチンのレンジフード近傍の臭気の調査事例
    • 3.4 衣類用香り付け製品の香気と着用したシャツの臭気の調査事例
第3節 自動車内装材の臭気分析
  • 1 はじめに
  • 2 分析方法
    • 2.1 分析装置
      • 2.1.1 捕集管
      • 2.1.2 GCカラム
    • 2.2 臭気成分捕集方法
    • 2.3 臭気成分の選定
    • 2.4 臭気成分分離及び定性
  • 3 分析実施例
    • 3.1 1次元目GC/MS-O法による臭気成分の選定
    • 3.2 2次元目GC/MS-O法による臭気成分分離及び定性
    • 3.3 臭気主成分の定性結果
  • 4 おわりに
第4節 樹脂のにおい質の改良事例
第5節 食品のにおい分析事例
  • 第1項 納豆のにおいの測定事例
  • 第2項 油脂の酸化が原因で発生するにおい分析事例
    • 1 緒言
    • 2 熱酸化した食用油から発生するにおい成分の分析
    • 3 光酸化した大豆油から発生するにおい成分の分析
    • 4 まとめ
  • 第3項 腐敗臭の異臭分析
    • 1 初期腐敗臭
    • 2 その他腐敗臭
  • 第4項 薬品臭の異臭分析
    • 1 クレゾール類による薬品臭
    • 2 塩素消毒により生成するジクロロフェノール類の薬品臭
    • 3 農薬の分解により生成するジクロロフェノール類の薬品臭
    • 4 ブロモホルムやヨードホルムの薬品臭
  • 第5項 カビ臭の異臭分析
    • 1 TCAやTBAのカビ臭
    • 2 2-MIBのカビ臭
第6節 ヒトの皮膚ガスと呼気からくる体臭分析
  • 1 はじめに
  • 2 皮膚ガスの採集条件
    • 2.1 皮膚ガスは呼気に比べてにおいの主体
    • 2.2 皮膚ガスの捕集方法と測定方法
      • 2.2.1 肌からの直接のサンプリング
      • 2.2.2 肌のにおいと下着
      • 2.2.3 人からの“におい”が漂う距離
  • 3 皮膚ガス中のにおい成分と人の生活との関係
    • 3.1 皮膚ガスの化学成分
      • 3.1.1 測定方法
      • 3.1.2 皮膚ガスの種類
      • 3.1.3 皮膚ガス成分の由来の推定
    • 3.2 皮膚ガス成分の例
      • 3.2.1 疲労臭 アンモニアについて
      • 3.2.2 加齢臭 ノネナールについて
      • 3.2.3 ミドル臭 ジアセチルについて
      • 3.2.4 バラの香り ゲラニオール
    • 3.3 皮膚ガスのにおい成分
    • 3.4 皮膚ガスのマーカーとしての有用性
  • 4 におい成分の消臭
    • 4.1 微量ガスの採集方法・測定方法について
    • 4.2 分析方法
    • 4.3 オンラインでのセンサを用いた測定方法
  • 5 呼気について
    • 5.1 呼気の測定と体内由来の推定
      • 5.1.1 口臭の主な原因物質
      • 5.1.2 食道がん患者の呼気に含まれる特定物質
      • 5.1.3 ピロリ菌
      • 5.1.4 アセトンガス
      • 5.1.5 NOと呼気診断における喘息管理
    • 5.2 呼気と皮膚ガスの相関
第7節 家電製品で感じる異臭と臭気の分析
  • 1 はじめに
  • 2 異臭家電製品の例
    • 2.1 携帯電話や電卓
    • 2.2 パソコンや液晶テレビ
    • 2.3 電子レンジやトースター
    • 2.4 ドライヤーや温風ヒーター
    • 2.5 ホットプレートなどの加熱家電製品
    • 2.6 洗濯機
    • 2.7 冷蔵庫
    • 2.8 電気ポット
    • 2.9 モーター部品
    • 2.10 コピー機やプリンター
  • 3 異臭分析の例
  • 4 まとめ

執筆者

  • 白須 未香 東京大学 農学生命科学研究科
  • 東原 和成 東京大学 農学生命科学研究科
  • 小木曽 基樹 一般財団法人 日本食品分析センター
  • 棚村 壽三 大同大学 かおりデザイン専攻
  • 佐藤 睦 ジーエルサイエンス株式会社
  • 武田 まなみ ジーエルサイエンス株式会社
  • 堀内 哲嗣郎 元小川香料株式会社
  • 長谷川 登志夫 埼玉大学大学院 理工学研究科
  • 髙野 岳 株式会社島津テクノリサーチ
  • 佐々木 直里 地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター
  • 臼井 信介 株式会社カネカテクノリサーチ
  • 佐野 貴士 株式会社J-オイルミルズ
  • 加藤 寛之 大和サービス株式会社
  • 津田 孝雄 有限会社ピコデバイス

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

B5判 並製本 188ページ

ISBNコード

978-4-905507-30-7

発行年月

2019年2月

販売元

tech-seminar.jp

価格

60,000円 (税別) / 66,000円 (税込)