技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

センサのセミナー・研修・出版物

IMU (慣性装置) の基礎と応用

2018年12月5日(水) 13時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、IMU (慣性装置) について基礎から解説し、各種慣性装置の特徴や使い方を学び効果的な使い方、移動体計測や制御の方法、注意点について詳しく解説いたします。

触覚フィードバック技術の開発とディスプレイへの応用

2018年12月5日(水) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、触覚フィードバック技術について基礎から解説し、ディスプレイ、スマホ、車載コックピット、医療機器に向けた開発事例について詳解いたします。

3Dセンシング技術の基礎と非接触生体センシング

2018年12月5日(水) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、デプス・センシング・アルゴリズムの基礎から、それを用いた非接触生体センシングの動作原理、ヒューマン・ヘルスケア関連アプリケーションへの展開について、次世代デバイスHololensのデモを交えて解説いたします。

機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化

2018年12月4日(火) 11時00分17時00分
東京都 開催

 本セミナーでは、まずウェアラブルセンサと機械学習によるココロの予測・推定の有用性と必要性について触れ、これらを導入し、活用するための留意点について解説するとともに、質疑応答を通して理解を深めます。その上で、ストレス負荷時の生体信号の変化や認知的負荷時の動作の変化について解説し、動作と生体信号、ストレス、認知的負荷の関係についての理解を深めます.また実例を交えて、機械学習を解説し、理解を深めます。
 本セミナーを受講することで、ウェアラブルバイタルセンサやモーションセンサを用いたココロの可視化や機械学習を活用したインテリジェント製品の開発に役立ちます。

バイオセンサ、バイオデバイスの最新動向と製品開発への応用

2018年11月29日(木) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、バイオセンサ、バイオデバイスの基礎から解説し、ウェアラブル・バイオセンサ、BAN 、生化学式ガスセンサと疾病スクリーニングへの応用、バイオデバイス:人工臓器モデルなどを紹介いたします。

IMUの基礎・最新動向とその応用

2018年11月9日(金) 13時00分16時30分
東京都 開催

レジストとリソグラフィの基礎とトラブル解決策

2018年10月31日(水) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、レジストの基礎からリソグラフィープロセスの最適化方法までを分かりやすく解説いたします。

心拍・呼吸の非接触センシング技術とノイズ対策

2018年10月10日(水) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、利用者に負担を感じさせない心拍・呼吸の検出方法について、車載や医療における応用事例と共に解説いたします。

センサフュージョンのための状態推定アルゴリズム解説と自動車の自動運転への展開

2018年9月11日(火) 10時30分17時30分
東京都 開催

 現在、自動運転自動車に関する研究開発が世界各国で活発に行われている。この自動運転自動車の開発には従来人間が行っていた認知判断操作を車載センサおよびコンピュータにより代替させる必要がある。このような自動車には、不確実性のあるセンサ情報を如何に尤もらしく解析し、適切な判断を行うセンサ情報処理アルゴリズムが必要となります。
 本セミナーでは、現在の自動運転自動車のセンシングに欠かせないセンサとなっているLIDARを一例として取り上げ、自動運転自動車周囲に存在している移動物体の運動推定手法を題材とした状態推定アルゴリズムの解説を行います。また、金沢大学の実装例を交えて解その他の自動運転全般の技術の概要についても解説する。

3Dセンシング技術の基礎と応用

2018年8月30日(木) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、ToF (Time of Flight) 方式、LiDAR方式、Structured Light方式、Infrared Depth方式などのデプスカメラの基本動作原理の理解と、そのメリット、デメリット、想定される応用分野について解説いたします。

3Dセンシング技術の基礎と非接触生体センシング

2018年8月29日(水) 10時00分17時00分
東京都 開催
  • 3Dセンサの基本機能と主な応用事例と市場について概要説明を行います。
  • 各種センサ方式の動作原理について説明を行います。
  • デプス・センシング・アルゴリズムとして、Time of Flight (ToF) 方式、LiDAR方式、Structured Light方式、Infrared Depth方式などの動作原理説明を行います。
  • Microsoft社のKinect V2や、Structured Light方式自作機のデモを中心に実演しながら、センサ動作原理と機能の特徴紹介を行います。
  • 次世代技術の可能性を示すため、JPEG圧縮された画像データからの圧縮ノイズに埋もれた生体情報の抽出技術についてデモを行いながら説明を行います。
  • 点群データ処理による高感度化の手法と情報の抽出方法について説明します。
  • 非接触バイタルセンシング (加速度・呼吸・心拍・平衡バランス等) の動作原理説明とデモについても行います。
  • 生体計測の基礎知識や高齢者在宅見守り (転倒、うずくまり、横たわり、浴槽沈水等) に関しても説明を行います。

IMU (慣性装置) の基礎と応用

2018年8月28日(火) 12時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、IMU (慣性装置) について基礎から解説し、各種慣性装置の特徴や使い方を学び効果的な使い方、移動体計測や制御の方法、注意点について詳しく解説いたします。

機械学習とウェアラブルセンサを用いたココロの可視化

2018年8月28日(火) 11時00分17時00分
東京都 開催

 本セミナーでは、まずウェアラブルセンサと機械学習によるココロの予測・推定の有用性と必要性について触れ、これらを導入し、活用するための留意点について解説するとともに、質疑応答を通して理解を深めます。その上で、ストレス負荷時の生体信号の変化や認知的負荷時の動作の変化について解説し、動作と生体信号、ストレス、認知的負荷の関係についての理解を深めます.また実例を交えて、機械学習を解説し、理解を深めます。
 本セミナーを受講することで、ウェアラブルバイタルセンサやモーションセンサを用いたココロの可視化や機械学習を活用したインテリジェント製品の開発に役立ちます。

自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術

2018年8月24日(金) 11時00分16時00分
東京都 開催

 運転支援システムから更に発展した自動運転を迎えるにあたり、走行環境を認識するためのセンシング技術は、より高い性能が求められ、ますます重要になります。
 本セミナーでは、単独のセンシングを補間するセンサフュージョン技術を、画像処理技術と関連しながら解説します。

スマートテキスタイルの要素技術と国内外の最新動向・今後の展望

2018年8月7日(火) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、スポーツ、医療・介護、自動車、農業、生活用品、包装材など、様々な分野で研究開発・応用が進むスマートテキスタイルについて取り上げ、その要素技術と国内外の最先端の情報を詳しく解説いたします。

医療・ヘルスケア・感性計測用センサの小型化・高機能化と応用展開

2018年7月30日(月) 10時30分16時30分
東京都 開催

本セミナーでは、センサの検出原理や基礎技術から解説し、MEMS技術を用いた小型化、高性能化のための最新の事例について詳解いたします。

触覚フィードバック技術とその応用事例

2018年7月28日(土) 10時00分17時00分
東京都 開催

本セミナーでは、触覚フィードバック技術について基礎から解説し、ディスプレイ、スマホ、車載コックピット、医療機器に向けた開発事例について詳解いたします。

コンテンツ配信