技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ベンチャー企業とのオープンイノベーションの進め方

ベンチャー企業とのオープンイノベーションの進め方

東京都 開催

開催日

  • 2017年5月16日(火) 10時00分 17時15分

プログラム

第1部. デジタル時代の大企業とベンチャーのオープンイノベーション

(2017年5月16日 10:00〜11:30)

 今回の講演では「デジタル時代の大企業とベンチャーのオープンイノベーション」と題してお話いたします。昨今、大企業とベンチャー企業のオープンイノベーションの機運が高まっています。これは単なるブームではなく、デジタル時代ならではの必然性に裏打ちされたものであると考えます。
 本講演では、デジタル時代の大企業とベンチャーのオープンイノベーションの必然性を解説するとともに、大企業とベンチャー企業の協業推進上の課題と解決策について、具体事例を交えてご紹介します

  1. 大企業とベンチャーのオープンイノベーション機運の高まり
  2. オープンイノベーションの対象となるのはデジタル分野が多い?
  3. デジタル領域での事例
  4. 三菱東京UFJ銀行の事例
  5. ダイキン工業の事例
  6. デジタル領域で大企業とベンチャーがオープンイノベーションを行う3つの必然性
  7. ベンチャー企業とのオープンイノベーションを推進するうえで重要な4つのポイント

第2部. アクセラレーターによるベンチャーとのオープンイノベーションの仕組み

(2017年5月16日 12:15〜13:45)

 オープンイノベーションの手段方法としてスタートアップとの協業が盛んになってきました。そもそもなぜオープンイノベーションが必要なのか、スタートアップとのオープンイノベーションはどう行っているのか、現場でどの様なプログラムが実施され実現へつながっているのかを80社近くの企業が参加し300件近くのオープンイノベーションを実現してきたcrewwのアクセラレータープログラムの特徴についてと共にご紹介致します。

  1. crewwのご紹介
  2. オープンイノベーションとその必要性
  3. オープンイノベーションのマクロトレンド
  4. スタートアップとは
  5. スタートアップとのオープンイノベーションについて
  6. アクセラレータープログラム「crewwコラボ」のご紹介

第3部. 海外ベンチャーの現地調査、技術評価と提携の仕方

(2017年5月16日 14:00〜15:30)

  1. 技術情報の調査と評価
  2. 調査・評価に際して
  3. 机上調査
  4. 交渉と契約
  5. 現地調査・評価に際して
  6. 現地調査で押さえるべきポイント
  7. ケーススタディ

第4部. ベンチャーとの共同研究の進め方と実施上の留意点

(2017年5月16日 15:45〜17:15)

NTTデータにおけるオープンイノベーション事業創発室の取り組みをご紹介します。ベンチャー企業×大企業×NTTデータによるトリプルWINを実現する革新的なビジネス創発を目指す 取り組み概要とオープンイノベーション事例を現場の立場からお話いたします。
  1. オープンイノベーションの必要性
  2. 当室のオープンイノベーションの目指すもの
  3. オープンイノベーションによる実績
  4. オープンイノベーション成功のポイント
    1. 組織のあり方
    2. 外部連携のあり方
    3. 内部連携のあり方
    4. メソッド・ノウハウ蓄積のあり方
  5. グローバルオープンイノベーション
  6. 対外的オープンイノベーション支援 (DCAP)
  7. オープンイノベーション今後の課題

講師

  • 徳重 剛
    株式会社 野村総合研究所 コンサルティング事業本部 コンサルティング事業開発部
    プリンシパル
  • 長田 耕介
    Creww 株式会社 Business Development
    Account Manager
  • 西村 泰洋
    富士通 株式会社 フィールド・イノベーション本部 フィールド・イノベータ
    シニアディレクター
  • 残間 光太朗
    NTTデータ 株式会社 オープンイノベーション創発室
    室長

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
複数名
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 55,000円(税別) / 59,400円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 64,800円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 118,800円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 178,200円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/4/26 研究開発成功のために必要な技術者思考とその実践 東京都
2018/4/27 市場起点×コア技術戦略×オープンイノベーションによる三位一体の研究開発マネジメントの基礎とその活動 東京都
2018/4/27 新規事業・商品開発のための情報収集・分析技術ノウハウ 東京都
2018/4/27 ペットフードビジネスの参入戦略と開発事例 東京都
2018/5/16 研究開発・課題解決を行うために必要な技術者思考 東京都
2018/5/17 ステージゲートプロセスの本質理解と運用・活用方法 東京都
2018/5/17 高分子分野の新規開発テーマ 見つける・育てる・実らせる 愛知県
2018/5/23 化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討 東京都
2018/5/23 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント 東京都
2018/5/24 「自社保有技術の棚卸し」 & 「コア技術」の明確な定義・設定と強化手法 東京都
2018/5/25 研究開発テーマの評価手法とGO/STOPを見極めるポイント 東京都
2018/5/30 開発段階における事業性評価 (NPV・リアルオプション) と売上予測の考察 東京都
2018/5/30 研究開発に役立つ特許情報分析 東京都
2018/5/31 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点と解決 東京都
2018/6/5 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック 大阪府
2018/6/6 協創によるイノベーションの創出と仕組みづくり、運営のポイント 東京都
2018/6/12 技術者に必要な競合・異業種ベンチマーキングの基本と実践 愛知県
2018/6/14 自社保有技術をベースとした筋の良いテーマ・製品アイデアの創出方法 東京都
2018/6/14 事業・研究・知財戦略推進のためのパテントマップ作成方法とその活用 東京都
2018/6/21 新商品・新規事業創出、新市場開拓のための『BtoBマーケティング』実践講座 東京都