技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

1日集中 Pythonから始めるデータ分析実務入門

データサイエンス・ワークショップ

1日集中 Pythonから始めるデータ分析実務入門

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2017年2月24日(金) 9時30分 16時30分

受講対象者

  • 統計分析、ビッグデータ分析、データサイエンス、機械学習に興味を持っている方
    • 統計解析
    • データ解析
    • マーケティングリサーチ
    • サービス企画
    • 定量分析
    • ITエンジニア
    • 情報処理
    • システム
    • ネットワーク
    • 信号処理
    • 画像処理
    • 音声処理
    • 自然言語処理
    • セキュリティ (監視カメラ、警備、防犯)
    • 異常行動検出
    • 異常領域検出
    • クォンツ
    • 金融工学
    • アクチュアリー
    • リスク管理
    • 医療など
  • データを確率的に扱うための基盤理論に興味がある方
  • 統計検定やアクチュアリー試験などを受験予定の方

修得知識

  • ビジネス行動データを効率的、効果的に活用するための実践的な知識と技術
  • 機械学習などデータサイエンスのためのPythonプログラミングと統計解析の基礎

プログラム

 データ分析のイベント、強化学習のハンズオン、深層学習において、直感に訴えるプログラミング言語であるPythonが注目され始めました。Pythonは将来のAI、機械学習、データサイエンスの分野では主流を占めると考えられます。また、Pythonは思考を鍛えるという観点から業種を超えて注目されていますが、非常に使いやすい環境をもち、特にプログラミンの経験のない人でもすんなりと入り込むことができるということもあり、驚くべきことに、現在、Pythonはプログラム言語のランキングでJava, C, C++,C#につぐ第5位の位置にあり、同じような汎用言語と比べると圧倒的な人気です。ちなみにVBAは17位 (VBA.netは6位) 、MATLABは15位です。本チュートリアルは、Pythonにとりあえず触れてみたいと思っている方を対象に演習中心のワークショップ形式で進めます。特にPython (Jupyter – notebook) を用いたグラフ表現と統計的分析、時系列データ分析の入門レベルを学びます。
 購買履歴や仕入履歴、来店履歴、営業履歴、アンケートや閲覧履歴など、さまざまなビジネス行動データを効率的かつ効果的に活用するための実践的な知識と技術 (基礎から応用まで) について、演習を中心に、データサイエンス・ワークショップでのコーチング経験が豊富な講師2名がインタラクティブに解説します。データサイエンス実務についても解説・演習します。
 実際のビジネスデータを使った具体的な計算を通して、受講生自らPythonを操作しながら統計解析とデータ分析の基礎知識/技術やデータサイエンスのためのプログラミングの基礎を実践的・体感的に理解できます。統計解析のビジネス定量分析/データサイエンスへの実装が習得できます。
 ワークショップ当日の内容すべてをカバーするパワーポイント資料とPython資料をテキストとして配布します。使用したPythonコードは、USBメモリ等に格納してお持ち帰りいただけます。

  1. Jupyter-notebookで“Hello, world!”
    1. Jupyter-notebookの言語としての特徴の説明
    2. Jupyter-notebookのAnaconda (Anaconda 4.2.0 for Windows) からのダウンロードとインストール
    3. 追加モジュール (monthdelta, pandas_datareadeer) の導入。
  2. Python文法基礎
    1. 四則演算の説明
    2. 制御構文 (if, forの解説) の説明
    3. 関数の説明
  3. ビジネスにおけるデータ分析の流れ
    1. ビジネスデータと分析のギャップ
    2. データの加工の必要性について
  4. 基礎統計量による分析
    1. 記述統計学と推測統計学
    2. 母集団と標本
    3. 統計量 (平均、分散、標準偏差、etc)
  5. Pandasの使い方
    1. データフレームの説明
    2. データフレームの操作方法
    3. データフレームに対する演算 (結合、集計)
  6. データ可視化
    1. ヒストグラム
    2. 棒グラフ
    3. 散布図
    4. 折れ線グラフ
  7. データの相関と回帰
    1. 相関分析の説明
    2. 回帰分析の説明
  8. データ分類について。
    1. 分類問題
    2. 決定木分析
    3. クラスタリング分析

講師

  • 里 洋平
    DATUM STUDIO株式会社
    取締役 CAO
  • 安部 晃生
    株式会社コネクトデータ
    代表取締役

会場

シグマベイスキャピタル 株式会社 (2018年5月14日まで)
東京都 中央区 日本橋茅場町2丁目9-8 茅場町第2平和ビル 3階
シグマベイスキャピタル 株式会社 (2018年5月14日まで)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 60,000円 (税別) / 64,800円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/7/13 分析法バリデーション実施のための統計解析の基礎と分析能パラメータの評価基準 オンライン
2020/7/14 機械学習を用いた分析スペクトルデータ解析の進め方 東京都
2020/7/14 マテリアルズインフォマティクスの中核をなす計算科学シミュレーション技術 オンライン
2020/7/15 画像データ前処理に活かす画像フィルタリングの基本と最新動向 オンライン
2020/7/16 機械学習、ディープラーニングにおけるデータ前処理と予測精度向上のポイント 東京都
2020/7/17 PythonとExcelで理解するデータ分析入門 東京都
2020/7/17 逆強化学習入門 東京都
2020/7/17 臨床試験における計画作成と統計解析のポイント 東京都
2020/7/20 Pythonを使った時系列データ分析 東京都
2020/7/20 はじめてのPythonと教師あり学習・教師なし学習 オンライン
2020/7/21 時系列データ分析の基礎・モデル化と異常検知・機械学習への応用 東京都
2020/7/21 自動運転・運転支援における環境認識技術 東京都
2020/7/21 パーティクルフィルタの基礎と人物追跡、SLAM、移動ロボットへの応用 オンライン
2020/7/21 5G / 5G beyond におけるMassive MIMOとビームフォーミング技術の基礎と開発動向 オンライン
2020/7/21 スマート工場のためのIoT活用術 東京都
2020/7/22 ロボット、IoTを活用した工場の設備自動化ライン構築の進め方 東京都
2020/7/22 音を利用した設備・機械の故障検知、故障予知 オンライン
2020/7/22 外観検査・目視検査自動化のための画像処理・AI技術の活用 オンライン
2020/7/27 自動車の自動運転におけるLiDARを用いた移動物体認識技術とその応用 オンライン
2020/7/28 機械学習を用いた異常判別・検知手法 オンライン

関連する出版物