技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用48Vシステムの開発最前線

車載用48Vシステムの開発最前線

~部品、規格、エネルギー効率、コンバータ、パワー半導体~
大阪府 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、車載用48Vシステムについて、補機類、エネルギー効率の視点から、具体的な各社の製品紹介を交えながら解説いたします。

開催日

  • 2016年3月7日(月) 12時30分 16時30分

プログラム

 欧州の車載用48V電源に関する情報は断片的で大局的な戦略が見えにくいが、48V化により大きく変化する補機類、エネルギー効率の視点から、具体的な各社の製品紹介を交えながら解説を行う。さらに、ボッシュが提案している48V用DC-DCコンバータの具体的な回路構成を示し、そこから我が国としてどの様にマイルド・ハイブリッドカー市場に参入するべきかを、受動素子 (インダクタ、キャパシタ) 、制御方式、パワー半導体のそれぞれの観点から議論していく。
 また新材料パワー半導体の48V 用DC-DCコンバータへの応用の可能性も模索する。実際に試作機にて適用した事例を紹介し、特に問題となるノイズについて、伝導性、放射性の両面からその技術ハードルを洗い出していく。

  1. 自動車用48Vシステムの概略
    1. 従来車両、日本国内ハイブリッドカーとの違い
    2. 48Vシステムのメリット・デメリット
    3. 48Vシステムが自動車の燃費に与える影響
    4. 48Vシステムの具体的なプロトタイプ紹介
    5. 48Vシステムの代表的な関連部品 (何がどう変わるか?)
    6. Vシステムの適用効果
    7. 48Vシステム適用が効果的な車種
    8. 48Vシステムとストロング・ハイブリッドシステムとの導入費用比較
    9. 48Vシステム導入により変化する補機類
    10. 48Vシステム用補機類の全種類表記表
  2. プロトタイプ機紹介
    1. ボッシュ社製48Vシステム
    2. コンチネンタル社製48Vシステム
    3. Valeo社製48Vシステム
    4. Hella社製48Vシステム
  3. 電動ターボチャージャの概略
    1. 電動ターボチャージャの基本
    2. 電動ターボチャージャのプロトタイプ紹介 (アウディ事例)
    3. 電動ターボチャージャに要求される技術要件
    4. 48Vシステムにおける電動ターボチャージャ
  4. 次世代電動ターボチャージャ
    1. SRモータの基本
    2. SRモータの駆動回路
    3. SRモータの実機システムと実験結果
    4. IGBTによるSRモータ駆動の限界と問題点
    5. SiCパワー半導体によるSRモータ駆動実験結果
    6. V系DC-DCコンバータ
    7. 48Vシステム用DC-DCコンバータの基本構成
    8. GaNパワー半導体のDC-DCコンバータへの適用事例
    9. 48Vシステム用DC-DCコンバータとGaNパワー半導体との親和性
    10. 48Vシステム用DC-DCコンバータプロトタイプ機紹介
    11. Vシステム用バッテリに関する最新技術動向
    12. リチウムイオンバッテリの寿命問題
    13. リチウムイオンキャパシタの性能進化状況
    14. 電動ターボチャージャ用ハイブリッド・リチウムイオン電源システムの提案
    15. ハイブリッド・リチウムイオン電源システムの実証評価

会場

大阪産業創造館

5F 研修室C

大阪府 大阪市 中央区本町1丁目4-5
大阪産業創造館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)

割引特典について

  • R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
    • 1名でお申込みいただいた場合、1名につき 43,750円 (税別) / 47,250円 (税込)
    • 複数名で同時にお申し込みいただいた場合、1名につき 23,139円 (税別) / 24,990円 (税込)
    • 案内登録をされない方は、1名につき 46,278円 (税別) / 49,980円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/6 電源回路設計入門 (2) オンライン
2022/7/6 電源回路設計入門 (2日間) オンライン
2022/7/8 高周波電力変換器における磁性素子 オンライン
2022/7/11 機械系技術者のためのパワエレ基礎養成講座 オンライン
2022/7/12 熱対策技術 冷却の基礎とパワーエレクトロニクス製品事例 オンライン
2022/7/13 EMC設計入門 オンライン
2022/7/15 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2022/7/19 DC/DCコンバータの徹底理解講座 (DABコンバータ) オンライン
2022/7/20 インバータの基礎と制御技術 オンライン
2022/7/21 電子機器におけるEMC設計の基礎と応用、および見落としがちな重要ポイント オンライン
2022/7/22 スイッチング電源 基板設計の基本作法と考え方 オンライン
2022/7/22 ALD (原子層堆積) 技術による薄膜作製と低温プロセスの開発 オンライン
2022/7/27 設計者CAEのための材料力学 (理論と手計算) オンライン
2022/7/28 パワーエレクトロニクスの基礎とインバータ・コンバータおよび周辺技術 オンライン
2022/7/28 つくりながら学ぶDCモータ 神奈川県 会場
2022/8/3 アナログ回路の設計技術とトラブル回避のポイント オンライン
2022/8/9 演習によるDC/DCコンバータレベルアップ講座 オンライン
2022/8/10 SiCパワー半導体・ウェハ開発の現状と高品質化・低コスト化への課題 オンライン
2022/8/10 ALD (原子層堆積) / ALE (原子層エッチング) 技術の基礎と応用 オンライン
2022/8/17 ノイズ・EMCの基礎と対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/12/10 2022年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/12/11 2021年版 スマートデバイス市場の実態と将来展望
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2015/6/30 導電性フィラー、導電助剤の分散性向上、評価、応用
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/8/15 ワイヤレス給電・充電技術(装置) 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2013/10/31 ディジタルコンバータの回路と制御設計の基礎
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策
2012/10/30 SiCパワーデバイスの開発と最新動向
2012/10/12 2013年版 コンデンサ市場・部材の実態と将来展望