技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

21 CFR 820 QSRセミナー

超入門

21 CFR 820 QSRセミナー

~医療機器企業に対するFDAの規制要件を初心者にもわかりやすく解説します~
東京都 開催

SOPのサンプルを配布いたします。

概要

本セミナーでは、難解なQSRを初心者にもわかりやすく解説いたします。

開催日

  • 2014年3月26日(水) 10時30分 16時30分

プログラム

 医療機器企業が米国へ輸出を行うためには、FDAの品質システム規則 (21 CFR Part 820 :QSR) を遵守しなければなりません。
QSRでは、ISO-13485 (QMS省令) にはない、要件が存在します。
またQSRは、一般的で抽象的な書き方となっており、具体的な対応方法やレベルを知ることができません。また1997年の発行以来、改定がされていません。
FDA対応のためには、最新のFDAの期待や指導を、ワーニングレターの指摘事項等からくみ取る必要性があります。
また、貴社が製造する医療機器 (体外診断薬を含む) の潜在的なリスクに合わせて、プロセスを設計する必要性もあります。
FDA査察では、CAPAに関する指摘が最も多く、設計管理、プロセス管理、マネージメントの責任などが指摘に上がる傾向にあります。
あらかじめ、FDAの指摘を理解した上で、QMS (SOP) を作成しなければなりません。
 本セミナーでは、難解なQSRを初心者にもわかりやすく解説いたします。
またSOPのサンプルを配布し、具体的に説明いたします。

  1. QSR概要
    1. QSRとは
    2. QSRとISO-13485 (QMS省令) の相違点
  2. マネージメントコントロール
    1. 経営者の責任
    2. マネージメントレビュ
    3. 管理責任者について
    4. 監査について
    5. ワーニングレターの傾向
  3. CAPA
    1. CAPAで大切なこと
    2. FDAが要求するCAPA
    3. CAPAのインプット
    4. 教育管理・変更管理・文書管理とのリンク
    5. ワーニングレターの傾向
  4. デザインコントロール (設計管理)
    1. 設計管理で大切なこと
    2. V-Diagram
    3. DHFとは
    4. 開発計画書
    5. 設計へのインプット
    6. 設計からのアウトプット
    7. デザイン審査
    8. V&V
    9. 設計移管
    10. 変更管理について
    11. ワーニングレターの傾向
  5. リスク管理について
    1. リスクとは
    2. ISO 14971概要
    3. リスク管理とは
    4. リスクアセスメントとは
    5. リスクベースドアプローチとは
  6. プロセスコントロール
    1. DMRとは
    2. DHRとは
    3. 生産および製造工程管理で大切なこと
    4. 自動化工程
    5. ワーニングレターの傾向
  7. QSRその他要件
    1. 文書管理
    2. 購買管理
    3. 包装・ラベル
    4. 流通
    5. 記録
    6. 付帯サービス
  8. MDR (21 CFR Part 803)
    1. MDR報告のクライテリア
    2. MDR報告手順
    3. ワーニングレターの傾向
  9. FDA査察対応の考え方
    1. 対応準備の留意点
    2. 典型的なFDA査察の例
    3. FDA査察のトピック事項
    4. 15分ルールとは
    5. FDAの査察の傾向
    6. 遵守していない場合のペナルティ
    7. QSITについて
    8. FDA Form 483について
    9. FDA Form 483を受取ったら
  10. サンプルSOP解説
    1. 品質マニュアル解説
    2. 設計管理SOP解説
    3. 苦情管理SOP解説
    4. CAPA SOP解説

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第3講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,667円 (税別) / 44,800円 (税込)

割引特典について

  • 2名同時申込みで1名分無料 (1名あたり23,625円)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/1/29 医療機器ソフトウェア規制 (IEC-62304) への具体的な対応方法 東京都
2020/1/29 欧州医療機器規則 (MDR) におけるPMSとビジランス対応 東京都
2020/1/30 サプライヤ管理の考え方とサプライヤ監査のポイント 東京都
2020/1/30 医療機器開発プロセスにおける保険適応と製品価格戦略 東京都
2020/1/30 バイオ医薬品に残存する宿主由来タンパク質 (HCP) の測定並びに原因と改善策を含めた品質、有効性及び安全性に及ぼす影響 東京都
2020/2/5 再生医療の国内法規制動向と開発からビジネスのポイント 大阪府
2020/2/13 データインテグリティ対策 2日間講座 東京都
2020/2/13 CMC/GMP領域における生データに関するデータインテグリティ対応・保管方法とSOP作成 京都府
2020/2/13 医療機器 / 体外診断用医薬品の保険適用 (C1,C2,E2,E3) と申請業務の実際 東京都
2020/2/14 医療機器の生物学的安全性評価の進め方 (初級編) 東京都
2020/2/14 GCPで必要な使いやすいSOP作成と維持管理 東京都
2020/2/17 FDA査察対応セミナー 東京都
2020/2/17 FDA査察対応セミナー 入門編 & データインテグリティSOP作成 2日間コース 東京都
2020/2/18 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント 東京都
2020/2/18 データインテグリティSOP作成セミナー 東京都
2020/2/19 治験薬GMP 入門講座 東京都
2020/2/19 触覚のバーチャルリアリティの最新技術動向と医療応用 東京都
2020/2/21 製薬用水の基本と水質管理の実践知識 東京都
2020/2/21 医薬品/包装容器・再生医療器材・医療機器における滅菌の基礎、無菌性保証と滅菌バリデーションの留意事項 東京都
2020/2/25 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー 東京都

関連する出版物

発行年月
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)