技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

G空間×ICT活用と防災情報システム

G空間×ICT活用と防災情報システム

東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2013年11月21日(木) 13時00分 16時00分

プログラム

1. 空間技術と通信技術を融合させ、暮らしに新たな革新をもたらす ~G空間×ICT推進会議報告書~

(2013年11月21日 13:00〜13:55)

 総務省では、経済の再生や防災等、我が国が抱える課題の解決に向けて、G空間情報とICTの徹底的な利活用に関する方策等を検討するため、本年3月より総務大臣主宰の「G空間×ICT推進会議」 (座長:柴崎 亮介東京大学空間情報科学研究センター教授) を開催してきました。本講演では、6月に報告書が取りまとめられましたので、その内容を説明いたします。

  1. G空間とは
  2. 検討の背景
  3. 「G空間×ICT」に関する将来像
  4. 「G空間×ICT」に関する課題
  5. 「G空間×ICT」に関する取組み
  6. 質疑応答/名刺交換

2. 総合防災情報システムと今後の整備等の方向性

(2013年11月21日 14:00〜14:55)

 内閣府では、災害発生時に政府等が被災状況を早期に把握し、迅速・的確な意志決定を支援するため、防災関係機関間で防災情報を地理空間情報として共有する総合防災情報システムを運用しています。本講演では、当該システムの概要や、政府の災害対応時における当該システムの運用について概要を述べるとともに、今後の整備等の方向性等について紹介します。

  1. 総合防災情報システムの概要
  2. 総合防災情報システムの活用例
  3. 今後の方向性について
  4. 質疑応答/名刺交換

3. 消防防災分野における地理空間情報の活用

(2013年11月21日 15:05〜16:00)

 消防庁では、G空間×ICT推進会議の報告書を踏まえ、G空間プラットフォームの構築にあわせて災害時に自治体や緊急消防援助隊からの情報をG空間プラットフォームへと接続するシステムの構築を検討しています。それらのシステムの構想にあわせ、現状での消防防災分野における地理空間情報の活用の全体像について説明します。

  1. 消防防災分野における地理空間情報の活用について
  2. 現在の消防庁における地理空間の活用について
  3. G空間プラットフォームの構築にあわせた消防庁の取組みについて
  4. 質疑応答/名刺交換

講師

  • 井上 淳 (総務省)
    総務省 情報通信国際戦略局 技術政策課
    企画官
  • 金納 聡志
    内閣府 政策統括官 (防災担当) 付 参事官 (事業推進担当) 付
    参事官補佐 (災害情報システム担当)
  • 鳥枝 浩彰
    消防庁 国民保護・防災部 防災課 防災情報室
    課長補佐

会場

クラブハウス会議室 赤坂
東京都 港区 赤坂2-5-1 東邦ビルディング 6F
クラブハウス会議室 赤坂の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 25,000円 (税別) / 26,250円 (税込)

割引特典について

  • 複数名同時受講割引
    • 同一団体より複数ご参加の場合、2人目以降 26,250円(税込) で受講いただけます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/3/8 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/3/11 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン
2024/3/13 生体情報センシングの基礎とデータ処理・活用および応用展開 オンライン
2024/3/13 5G / ローカル5G、Beyond 5G / 6G最新動向 会場
2024/3/15 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (1) オンライン
2024/3/19 信頼性の基礎と加速試験の進め方および試験結果の活用法 オンライン
2024/3/19 光・電波融合デバイス・システムの基礎と技術動向 オンライン
2024/3/22 生体情報センシングの基礎とデータ処理・活用および応用展開 オンライン
2024/3/22 信頼性の基礎 (2) オンライン
2024/3/25 はじめての品質対応 / なんとか改善したい品質対応…5つのポイント オンライン
2024/3/26 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2024/3/28 特許情報からみたBeyond 5G 材料開発戦争 2023 オンライン
2024/3/28 固体高分子の破壊とタフニング オンライン
2024/3/29 QC工程表・作業標準書の作り方 オンライン
2024/3/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2024/3/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2024/3/29 抜取検査 オンライン
2024/4/3 5G、IoT用最新小形アンテナ技術の設計・実装と各種測定法 オンライン
2024/4/5 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/11/30 次世代高速通信に対応する光回路実装、デバイスの開発
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ガイドライン
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策ポリシー
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害時システム対策本部行動基準 (サイト毎)
2021/2/1 QMS (手順書等) ひな形 災害対策計画書 (サイト毎)
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集