技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

研究・開発・企画における人材マネジメントとモチベーションの上げ方、保ち方と評価の指針

研究・開発・企画における人材マネジメントとモチベーションの上げ方、保ち方と評価の指針

東京都 開催

プロフィットを生みながら、モチベーションを高めるには?
研究開発・事業企画の成長を「ヒト」にフォーカスし、鋭く迫り、考えていく!

開催日

  • 2012年7月31日(火) 13時00分 16時30分

修得知識

  • 技術評価管理手法 (研究開発テーマ)
  • 開発事業の投資判断基準指標
  • BSC (バランススコアカード) 法を用いた事業戦略膣案

プログラム

 研究開発部門は主に直接現場にて研究・開発に携わる部署、例えば中央研究所と長期ビジョンを考慮しつつ開発戦略を企画立案する部署、例えば開発本部から構成されている。夫々立場は異なるが良い研究開発テーマを選択し、早期に立ち上げ、実りある製品に育てたいと考えている。ただ数多くの研究開発テーマのなかから成功する、例えばプロフィットを生み出すまで成長させることは難しく、いくつかの研究開発マネジメントが論じられているが人材に頼るところも多々ある。
 ここでは人材育成に焦点をあて、若き研究者のモチベーションを下げることなくより高め、優れた指導者に育てるかについて研究・開発・企画における人材マネジメントも織り込みながら、参加者とディスカッションをしながら一緒に考えていきたい。小生の経験がお役に立てば幸いである。

  • はじめに
  1. 現在進行中の研究開発における問題点
    1. 市場の変化
    2. 技術の陳腐化
    3. 開発期間の長期化
    4. モチベーションの低下
  2. 研究開発の進捗管理の考え方と評価のポイント
    1. 進捗管理の目的と基本的な考え方
    2. 現在進行中の研究開発のチェックポイント
    3. 進捗管理システムの仕組み
    4. 現在進行中の研究開発の進捗度評価
      1. 目標の達成度
      2. スケジュールの達成度
      3. 資源の充実度
      4. 見積り値と実績の比較
    5. 研究開発の進捗管理のポイント
      1. 変化の予測と軌道修正のマネジメント
      2. 技術進捗度の狂いへの対応
      3. マーケット事情の変化への対応
  3. 研究開発者のモチベーション維持管理
    1. 研究開発テーマの継続・中断・中止の判断
      1. いつ、どの時点で判断すれば良いか
      2. 事業戦略・技術戦略からみた判断ポイント
    2. 中断・中止後の研究担当者のフォローと処遇について
      1. プロジェクトの解散の仕方
      2. 処遇等について
    3. 新しい研究開発へのモチベーションの高め方
  4. 研究開発の期限厳守とスピードアップ
    1. 研究開発の期限はなぜ狂うのか
    2. 期限厳守のための対策
    3. 研究開発のスピードアップと効率化
  5. これからの研究開発戦略
    1. 自社のDNA
    2. 自社の繁殖パターン
    3. イノベーションとニュービジネス
    4. マーケット戦略との連携
  6. 有望テーマと人選
    1. 技術を核に社会の技術課題解決に向けた開発
    2. 資源問題への対応
    3. リソースの配分と人選
    4. 求められる研究開発者像

講師

  • 西原 明
    三菱マテリアル(株) 開発部門 開発顧問 (2012年6月末 退職予定)

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

5F 第1講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 42,000円 (税込)
複数名
: 33,000円 (税別) / 34,650円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/12/18 自社保有技術をベースとした筋の良いテーマ・製品アイデアの創出方法 東京都
2018/12/20 適正な知財コストの考え方と権利維持、放棄の決め方 東京都
2018/12/21 経営層の意思決定を助ける評価データの作り方、根拠の示し方 東京都
2018/12/25 組織力で継続的に革新的R&Dテーマを創出する体系的仕組みの構築 東京都
2019/1/16 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ 愛知県
2019/1/17 研究開発成果のスムーズな事業移管の仕組み作り 東京都
2019/1/18 設計標準化と設計改革の実践講座 東京都
2019/1/21 技術者、研究者のための実践的な時間管理 東京都
2019/1/22 ステージゲート・プロセスを活用したR&Dテーマ評価・選定のマネジメント 東京都
2019/1/24 「技術」を「事業」につなげる商品開発の進め方 東京都
2019/1/25 工場・研究所の爆発・火災防止対策 東京都
2019/1/29 ヒューマンエラー対策・対応と防止に向けた人材育成 東京都
2019/1/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) 東京都
2019/1/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) 東京都
2019/1/31 ヒューマンエラー防止への上手な教育方法と良い環境づくり 東京都
2019/1/31 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) 東京都
2019/2/7 未来洞察を活用したアイデア創出・研究開発テーマの創造 大阪府
2019/2/14 「価値づくり」で高収益を確実に実現する組織的・継続的なビジネスモデルの構築 東京都
2019/2/20 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり 東京都
2019/2/22 出口戦略に基づいた研究開発テーマの創出と事業化への進め方 東京都