技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器ユーザビリティエンジニアリング要点セミナー

医療機器ユーザビリティエンジニアリング要点セミナー

~具体的なユーザビリティエンジニアリングSOPによる解説 / ユーザビリティエンジニアリング手順書を配布~
オンライン 開催 実習付き

概要

本セミナーでは、米国FDAの要求事項およびIEC62366-1:2015の要求事項を分かり易く解説いたします。
また、ユーザビリティエンジニアリング実施のための手順書サンプルを配布して、SOPの作成方法についても解説いたします。

開催日

  • 2023年4月18日(火) 13時30分 16時30分

修得知識

  • 医療機器におけるユーザビリティ
  • IEC 62366の要求事項
  • FDA HFE/UEガイドラインの内容
  • ユーザビリティエンジニアリングとリスクマネジメント (ISO-14971) の違い
  • ユーザビリティエンジニアリングSOPサンプル (配布)

プログラム

 医療機器が高度化、複雑化するにつれて、ヒューマンエラーの発生が多発しています。ユーザビリティエンジニアリングは医療機器設計において欠かすことができない要素の一つであり、 かつ当局の関心が非常に高い分野でもあります。
 2016年2月にFDAは「Applying Human Factors and Usability Engineering to Medical Devices」と呼ばれるガイダンスを発行しました。また2007年にユーザビリティエンジニアリングの国際規格として IEC 62366:2007 が発行され、IEC 62366-1:2015 として改正されています。本邦においても、IEC 62366-1:2015がJIS T 62366-1:2019「医療機器-第1部:ユーザビリティエンジニアリングの医療機器への適用」として発行されました。さらに欧州では、MDD から MDRへの改正において、ユーザビリティに関する要求事項が強化されています。
 医療機器設計開発においてはFDAガイダンスやIEC62366-1:2015に従い、人間工学的な要素を取り入れ、適切にユーザーインターフェースに注目したリスクマネジメントを実施する必要があります。これまではリスクマネジメントに包含されてきましたが、今後はユーザビリティエンジニアリング (ヒューマンファクターエンジニアリング) は、独立して実施しなければなりません。では、いったいリスクマネジメントとユーザビリティエンジニアリングでは何が異なるのでしょうか。IEC62366-1:2015が要求するユーザビリティエンジニアリングファイルとはどういうものなのでしょうか。またユーザビリティエンジニアリング実施のためのSOPや様式はどういうものを揃えれば良いのでしょうか。
 本セミナーでは、米国FDAの要求事項およびIEC62366-1:2015の要求事項を分かり易く解説いたします。またユーザビリティエンジニアリング実施のためのSOPの作成方法についても解説いたします。

  1. はじめに
    • ユーザビリティとは何か
    • なぜユーザビリティエンジニアリングが必要か?
    • 医療機器のユーザビリティエンジニアリングにとって大切なこと
    • どのような環境でどのような人が操作するかも重要
    • 医療機器におけるユーザビリティエンジニアリング
    • 医用電気機器 (ME機器) とは
      〜メカ・エレキ・ソフトウェアの設計開発〜
    • 機器設計
      機器要求事項とリスク分析の関係
    • ユーザインタフェース設計に注目する
    • 医療機器のインターフェースと使用エラー
    • ユーザビリティエンジニアリングはインターフェースに注目する
    • 使用法の種類の関係
  2. 誤使用と使用エラー
    • 誤使用 (misuse) 」と「使用エラー (use error) 」
    • 使用エラーとは
    • 「使用エラー」は「ヒューマンエラー」とは限らない
    • 使用エラーとは
    • 合理的に予見可能な誤使用とは
  3. ISO14971とユーザビリティの関わり
    • ISO 14971とIEC 62366では、適用範囲が異なる
    • 誤使用と使用エラーについて
    • 合理的に予見可能な誤使用の検討
    • リスクマネジメントプロセス (ISO14971) との関わり
    • リスクマネジメントとユーザビリティエンジニアリングの関係
    • ユーザビリティエンジニアリングに関連するリスクマネジメント 〜リスク分析〜
    • ユーザビリティエンジニアリングに関連するリスクマネジメント 〜リスク分析〜
    • ユーザビリティエンジニアリングに関連するリスクマネジメント 〜リスクコントロール〜
    • ユーザビリティエンジニアリングに関連するリスクマネジメント 〜安全のための情報〜
  4. 用語の定義
    • IEC 62366-1:2015 用語の定義 (抜粋)
    • 注記4 使用法の種類の関係
    • IEC 62366-1:2015 用語の定義 (抜粋)
    • FDA 「Applying Human Factors and Usability Engineering to Optimize Medical Device Design」
      用語の定義
  5. IEC 62366概要
    • ユーザビリティエンジニアリングに関する国際規格
    • IEC 62366-1:2015 目次
    • 4. 原則
      • 4.1 一般的要求事項
    • 4. 原則
      • 4.1.2 ユーザインタフェース設計に関連するリスクコントロール
    • 4. 原則
      • 4.1.3 ユーザビリティに関連する安全に関する情報
    • 4. 原則
      • 4.2 *ユーザビリティエンジニアリングファイル
    • 4. 原則
      • 4.3 ユーザビリティエンジニアリングのテーラリング
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.1 使用関連仕様の作成
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.2 安全に関連するユーザインタフェース特性及び潜在的な使用エラーの特定
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.3 既知の,又は予見可能なハザード及び危険状態の特定
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.4 ハザード関連使用シナリオの特定及び記述
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.5 総括的評価のためのハザード関連使用シナリオの選択
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.6 ユーザインタフェース仕様の確立
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.7 ユーザインタフェース評価計画の確立 5.7.1 一般
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.7 ユーザインタフェース評価計画の確立 5.7.2 形成的評価の計画
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.7 ユーザインタフェース評価計画の確立 5.7.3 総括的評価の計画
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.8 ユーザインタフェース設計,実装及び形成的評価の実施
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.9 ユーザインタフェースのユーザビリティに関する総括的評価の実施
    • 5.ユーザビリティエンジニアリングプロセス
      • 5.10 UOUP
  6. ユーザビリティエンジニアリングプロセス
    • ユーザビリティエンジニアリングプロセスのステップ
    • 1.使用関連仕様 (要求事項書) の作成
    • 2.安全に関連するユーザインターフェース特性の特定
    • タスク分析とは
    • 3.既知の、または予見可能なハザードおよび危険状態の特定
    • ユーザビリティに関連するハザードおよび危険状態 (例2)
    • 4.ハザード関連仕様シナリオ (リスクの推定) の選択
    • 5.総括的評価のための使用シナリオの選択 (リスク判定)
    • 6.ユーザーインターフェイス仕様の確立 (リスクコントロール)
    • 可能性のある使用エラーとリスクコントロール (例2)
    • ユーザインターフェース評価計画の確立
    • 安全に関する情報の有効性判断基準
    • 7.形成的評価の実施 (検証)
    • 8.総括的評価の実施 (バリデーション)
    • ユーザビリティエンジニアリングファイル
    • 開発過程が不明なユーザインターフェース (UOUP) の評価
    • UOUP評価のプロセス
    • ユーザビリティエンジニアリングプロセスと設計プロセスの関わり
  7. ユーザビリティエンジニアリング実習
    • 1.使用関連仕様 (要求事項書) の作成 (例)
    • 2.安全に関連するユーザインターフェース特性の特定 (例)
    • タスク分析 (例)
    • 3.既知の、または予見可能なハザードおよび危険状態の特定 (例)
    • 4.ハザード関連仕様シナリオ (リスクの推定) の選択 (例)
    • 5.総括的評価のための使用シナリオの選択 (リスク判定) (例)
    • 6.ユーザーインターフェイス仕様の確立 (リスクコントロール) (例)
  8. Appendix. FDA Human Factors/Usability
    • FDAガイダンスの歴史
    • FDA HF Guidance
    • ヒュンマンファクターとユーザビリティの適用 (Draft Guidance)
    • ヒューマンファクターとユーザビリティの適用
    • What are Human Factors? Usability?
    • Hierarchy of Human Factors Issues
    • Device-User Interface
    • ガイダンスの目次
    • ガイダンスの構成
    • 1. 序文
    • 2. 範囲
    • 4. 概要
    • 5. 機器使用者、使用環境およびユーザ・インタフェース
    • 6. 予備的分析および評価
    • 6. Preliminary Analyses and Evaluations 予備的分析および評価
    • 6. 予備的分析および評価
    • 7. 使用関連ハザードの除去および軽減
    • 8. ヒューマン・ファクター・バリデーションテスト
    • 9. 文書化
    • 10. 結論
    • Appendix A
      • HFE/UE Report
      • HFE/UE報告書
    • 質疑応答

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 40,000円 (税別) / 44,000円 (税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルをダウンロードいただきます。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/27 医療・ヘルスケア分野参入に向けた新規事業・研究開発テーマ企画応援 全2日間セミナー オンライン
2024/5/27 新規事業・研究開発テーマ企画の心得と戦略 オンライン
2024/5/27 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (全2コース) オンライン
2024/5/27 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (Aコース 基礎編) オンライン
2024/5/28 医薬品品質試験における生データの取扱いとQC実施のポイント 東京都 会場・オンライン
2024/5/28 QMSR徹底解説 (初級講座) オンライン
2024/5/28 メディカルライティング講座 (中級) オンライン
2024/5/28 メディカルライティング講座 (初級・中級) オンライン
2024/5/29 駄目なSOPと、あるべきSOPから学ぶヒューマンエラー防止に必要なSOPの具体的書き方の工夫と文書管理の実践 東京都 会場・オンライン
2024/5/29 欧州医療機器規則 (MDR) において要求されている市販後活動とその要求事項 オンライン
2024/5/29 医薬品と医療機器の早期承認取得のためのPMDA戦略策定のポイント オンライン
2024/5/29 医療機器開発の為の生物学的安全性評価の基礎と評価手法 オンライン
2024/5/29 医療機器開発のための医療ニーズ/情報収集と開発戦略のポイント オンライン
2024/5/30 上級経営陣/責任役員にむけたGMP、GQP教育とQA/法令順守体制の整備 オンライン
2024/5/30 再生医療等製品/細胞加工製品の製造・QC担当者のためのGCTP入門 オンライン
2024/5/30 プレフィルドシリンジ製剤の設計開発と材質特性・規制から見る課題解決 オンライン
2024/5/30 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (全2コース) オンライン
2024/5/30 ISO 13485:2016が要求する医療機器サンプルサイズの根拠を伴う統計学的手法 (Bコース 実務編) オンライン
2024/5/31 簡便化、抜け防止の観点をふまえたGMP SOP/製造指図記録書の形式・作成 (改訂) ・記入方法 オンライン
2024/6/3 医療機器・プログラム医療機器の保険戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/30 生体センシング技術の開発とヘルスケア、遠隔診断への応用
2023/3/31 “使いやすさ”の定量評価と製品設計への落とし込み方
2022/12/31 機械学習・ディープラーニングによる "異常検知" 技術と活用事例集
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法 (製本版 + ebook版)
2022/12/9 データインテグリティに適合するための電子/紙データ・記録の運用管理とSOP作成手法
2022/9/30 5G時代のデジタルヘルスとその事業化
2022/8/31 医療機器の設計開発における統計的手法とそのサンプルサイズ設定
2022/6/24 Trial Master File (TMF) の保管・電磁化移行とeTMFシステム実装時のSOP作成/指摘事例・対策 (製本版 + ebook版)
2022/6/24 Trial Master File (TMF) の保管・電磁化移行とeTMFシステム実装時のSOP作成/指摘事例・対策
2021/11/10 医療機器製造におけるバリデーション基礎講座
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/10/15 医療機器のプロセスバリデーション (PV) と工程管理
2021/4/28 医療機器の保険適用戦略 (製本版 + ebook版)
2021/4/28 医療機器の保険適用戦略
2021/3/15 体温計 (CD-ROM版)
2021/3/15 体温計
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2020/10/28 QMS/ISO関係をふまえた医療機器「プロセス」「滅菌」「包装」「ソフトウェア」バリデーションの進め方
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術