技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

2030年連続生産実装化へのロードマップ・フェーズIII 実証篇

2030年連続生産実装化へのロードマップ・フェーズIII 実証篇

東京都 開催 会場・オンライン 開催

概要

本セミナーでは、新型ウィルスの影響を受け、急務となった生産現場のリモート化「全自動連続化」について解説いたします。

開催日

  • 2022年7月29日(金) 12時30分 16時30分

プログラム

 人口減少社会となった日本では、従来型の生産モデルは既に崩壊している。2030年には将来を見据えた5,000万人型の省人化生産の準備が必要である。そして新たなる課題、新型コロナウイルス感染症拡大による「社会距離戦略」の必然性から生産現場のリモート化「全自動連続化」が急務に。最小限の設備で、必要なときに必要なモノを必要な量だけ生産する連続フロー生産の実装化を目指し、原料導入から、反応、洗浄、溶媒交換、晶析、ろ過、乾燥、そしてパッケージングまでの全自動連続化についてNEDO事業を介してレディーメード化を進めている。
 本講演では、NEDO事業「戦略的省エネルギー技術革新PG」全自動連続生産システムiFactoryの構築が概念実証段階を経て、第2フェーズ・実装段階に入った。

  1. はじめに
    1. 世界が直面するリスク
    2. 縮小社会日本の製造業が直面する課題
  2. 化学産業の連続化はなぜ進まない?
    1. 身近に接する連続化の数々
  3. そもそも連続生産とは?
    1. バッチ生産と連続生産の違い/FDAエンジニヤリングからの定義
    2. バッチ生産と連続生産のメリット・デメリット
    3. タービュラント・フローとラミナー・フロー
  4. 欧米の動向
    • 世界の目指す連続生産とは…「驚愕のゴール」
      1. Make-it Program (USA) について
      2. One-Flow Project (EU) について
      3. 世界はクラウドラボ化へ
      4. 年、連続生産実装化へのロードマップ・フェーズIII実証篇 原料投入から乾燥、分注まで全ての単位操作の連続化 モジュール型連続生産システムiFactory完成へ
      5. iFactoryのコンセプト
      6. 標準設備 (単位操作) 仕様
      7. 連続反応設備;均一系と不均一系装置の選択
      8. 連続向流抽出 (反応の後処理)
      9. 連続晶析
      10. 連続ろ過
      11. 連続乾燥 2槽交互式流動層乾燥~連続棚段乾燥へ
      12. 流通式管型反応器の洗浄
      13. 連続生産におけるDiversion Strategy
      14. サージシステムとそのメリットとは
      15. サージシステムを使う品質管理戦略
      16. iFactory建築の進捗状況 (消防認可)
  5. iFactory 1/100スケールダウンモデル「Trigger」竣工
    1. Trigger開発のコンセプト
    2. 1m3 Cubeの単位操作構成
    3. プロセスエコノマティクスへ
    4. iFactory進化論

会場

江東区産業会館

第2会議室

東京都 江東区 東陽4丁目5-18
江東区産業会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 42,000円(税別) / 46,200円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,000円(税別) / 46,200円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/17 医薬品 洗浄バリデーションセミナー オンライン
2022/8/19 ダイコーティングの塗布理論と品質安定化、トラブル対策 オンライン
2022/8/23 乾燥操作の基礎と乾燥機の性能評価・設計およびトラブル対策 オンライン
2022/8/23 バイオ医薬品用原薬製造工場の施設・設備設計のポイント オンライン
2022/8/24 化学プロセスにおけるスケールアップとトラブル対応 オンライン
2022/8/25 マイクロ波照射を利用した化学合成 オンライン
2022/8/26 半導体洗浄の基礎とクリーン化技術のノウハウ オンライン
2022/8/26 化学プロセスにおけるコスト・設備投資試算の考え方および事業採算性検討 オンライン
2022/8/29 スラリー調製に向けた粒子の分散・凝集状態評価技術 オンライン
2022/8/29 洗浄バリデーションに関する基準をどう決めるか? どう評価するか? オンライン
2022/8/30 化学プロセスにおけるスケールアップの基礎とトラブルシューティング オンライン
2022/8/30 AIを用いた合成経路設計とその事例 オンライン
2022/8/30 濾過プロセスの最適化法 オンライン
2022/9/6 化学プロセスにおけるコスト・設備投資試算の考え方および事業採算性検討 オンライン
2022/9/14 粒子特性を引き出すためのスラリー分散設計 オンライン
2022/9/15 乾燥技術のすべて。 オンライン
2022/9/15 フィルターの選定・評価・活用のために押さえておきたいフィルター & 濾過知識 オンライン
2022/9/20 医薬品製造設備の洗浄バリデーション実施と実務Q&A オンライン
2022/9/22 マイクロ波による加熱の基礎と応用および安全対策 オンライン
2022/9/29 分子設計の基礎から実用化プロセスまでの必須知識 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/3/30 経験/査察指摘/根拠文献・規制から導く洗浄・洗浄バリデーション:判断基準と実務ノウハウ
2020/12/25 フロー合成、連続生産のプロセス設計、条件設定と応用事例
2020/5/29 凍結乾燥工程のバリデーションとスケールアップおよびトラブル対策事例
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/12/27 押出成形の条件設定とトラブル対策
2017/9/25 乾燥技術の基礎とトラブル対策
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/30 液体または蒸気による洗浄技術 技術開発実態分析調査報告書
2014/9/15 活性汚泥処理 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/9/15 活性汚泥処理 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2011/9/20 三菱化学 技術開発実態分析調査報告書
2011/6/28 3極要求を反映したGMP-SOP全集