技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

デザインレビュー (DR) の基本とすすめ方

成果につなげる失敗しない

デザインレビュー (DR) の基本とすすめ方

~DRの本質は源流に焦点を当てること / 開発者、決裁者、アドバイザー3者の視点で実践~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年7月27日(水) 10時00分 16時00分

修得知識

  • 新製品や新規事業にも使える源流管理にフォーカスしたDRの進め方
  • デザインレビュー高度化ツールと活用のポイント
  • 本当に効果の出るデザインレビューを実行するためのポイント
  • DRの抜け漏れ防止ツール
  • DRプロセス事例
  • リスク分析
  • 品質トラブルの未然防止策

プログラム

 多くの企業でDRやFMEAを活用しているが、十分な成果が得られていないとの声を聞きます。特に新規製品開発での有効なDR法を模索されているようです。失敗しないDRの本質は、源流にスポットを当てることです。つまり、企画段階のDRに注力して適切な手法を駆使したディスカッションに時間をかけるべきなのです。
 本セミナーでは、複数企業での新製品開発の提案者、決裁者、アドバイザーなどの立場からノウハウをフレームワークとしてまとめました。
 FMEA主体の成熟製品主体ではなく、新製品や新規事業にも使える源流管理にフォーカスしたDRの進め方となっています。

  1. はじめに (セミナーの狙い&結論)
  2. DRの基本と進め方
    1. DRとは
    2. DRの仕組みと機能
    3. DRの効果
    4. DRの種類
    5. DRの審査基準
    6. 開発プロセスとDRの体系
    7. フェーズごとの準備資料
    8. DRの主な問題点と原因
    9. 効果的な対応策
  3. DRの抜け漏れ防止ツール
    1. 企画書の構成と手法/チャート
    2. 顧客ニーズ・要素技術表
    3. WBS (機能系統図)
    4. LRC (責任権限表)
    5. DA (システム選択ツール)
    6. 評価基準と定量的評価指標
    7. ROIシミュレーター (投資評価ツール)
    8. 開発テーマの進捗管理法
    9. エキスパートリスト
    10. 課題共有化の可視化法 (SRストーリー)
      • 演習1:課題の可視化法 (リチウムイオン電池の発火)
      • Q&A
  4. DRプロセス事例
    1. 研究開発プロセス
    2. 生産技術プロセス
    3. ソフトウエア開発プロセス
  5. リスク分析のケーススタディ
    1. リスクマネジメントとは
    2. リスク分析
    3. リスクの重点管理項目とその選び方
    4. 変更点・分析ワークシート
  6. 主なDR高度化ツール (活用ポイント)
    1. ユニバーサルデザイン
    2. フールプルーフ
    3. フェールセーフ
    4. FMEA
    5. 3D CAD
    6. CAEシミュレーション
    7. タグチメソッド
      • 優位性を高める企画書の作成法 (オンライン特別講義)
      • 演習2:ある企業のDR企画書の良かった点、改善点を評価
  7. まとめ
    • 総合Q&A

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 34,200円 (税別) / 37,620円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,200円(税別) / 37,620円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/5 数値限定発明、パラメータ発明の特許要件、出願ポイントと強い特許明細書の作成 オンライン
2022/7/5 研究開発計画・企画立案へのシナリオプランニング活用の仕方 オンライン
2022/7/6 音による故障検知および故障予知 オンライン
2022/7/8 公差設計入門 オンライン
2022/7/11 IoTを活用した生産設備の "チョコ停" 対策と進め方 オンライン
2022/7/12 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 & 実践編) オンライン
2022/7/12 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) オンライン
2022/7/13 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) オンライン
2022/7/13 技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法 オンライン
2022/7/15 VUCA時代における中長期技術戦略の策定とR&Dテーマへの落とし込み方 オンライン
2022/7/15 研究所の活性化 オンライン
2022/7/19 FMEA・DRBFMのあるべき姿、その使い方と効率の良い作成法 オンライン
2022/7/19 信頼性とデータ解析の基礎 オンライン
2022/7/20 商品開発、製造プロセスのための問題解決の考え方と実践的解決方法 オンライン
2022/7/21 品質リスクマネジメントの具体的な実施方法セミナー (医薬品) オンライン
2022/7/26 MTシステムおよび機械学習による異常診断技術の基礎と最適活用 オンライン
2022/7/27 医薬品の外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策 オンライン
2022/7/27 研究開発部門にこそ不可欠なマーケティングの考え方 オンライン
2022/7/27 標準品の品質試験法設定の基礎と注意点 オンライン
2022/7/27 設計者CAEのための材料力学 (理論と手計算) オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2018/12/27 R&D部門の“働き方改革”とその進め方
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集
2011/2/1 バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方
2010/10/28 薬物動態(「ヘ」項)試験におけるデータ・試験の信頼性確保・保証とQC・QA手法/タイミング
2006/3/10 信頼性抜取り試験・加速試験とデータ解析
1998/6/15 電子機器・部品の複合加速試験と信頼性評価技術
1993/4/1 はんだ接続の高信頼性化技術とその評価
1992/11/11 VLSI試験/故障解析技術