技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

電子機器・回路のノイズ対策基礎講座

電子機器・回路のノイズ対策基礎講座

~ノイズの概念から対策法をわかりやすく解説~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、電子回路・電子機器のノイズについて基礎から解説し、ノイズの原因と対策について詳解いたします。

開催日

  • 2021年10月13日(水) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 電子機器や回路に関わる企業などの若手技術者や研究者

修得知識

  • 電子機器・電子回路のノイズの基礎
  • ノイズの原因と対策

プログラム

 企業などの若手技術者や研究者、またベテランでも電子技術やノイズ対策を専門としてこなかった方を主な対象として、ノイズがなぜ発生するか、どのように対策をすればいいかについて、基本事項から理解しやすいように解説します。

  1. ノイズの基礎知識
    1. ノイズとは何か
      • 電気の法則と実際の電気現象の違いは、なぜ起こるか
      • 不要な、もしくは有害な電気信号をノイズと呼ぶ
      • 回路設計と基板設計の違いを知っておこう
      • EMC (電磁両立性) 、EMI (電磁妨害) 、EMS (電磁耐性) の考え方
    2. ノイズ対策の目的
      • 設計段階でのノイズ対策が最も重要
      • 確実に動作する基板・装置を作ること
      • ノイズ規制への対応
      • 稼動中の機器におけるトラブル・シューティング
  2. 基本的なノイズ対策の方法
    1. ノイズと対策の基礎
      • 電気信号は電線をどのように伝わるか
      • ノイズの発生原理と防止方法
      • 測定とシミュレーションはどちらが正しいか
    2. グラウンドのノイズと対策
    3. 電源ラインのノイズと対策
    4. ケースと配線のノイズと対策
    5. 伝送ケーブルのノイズと対策
    6. 応用回路、ソフトウェアでの対策
  3. 基板設計でのノイズ対策
    1. ディジタル信号の伝送と基板設計
    2. アナログ信号の伝送と基板設計

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/10/19 シリコンフォトニクスの最新動向と今後の進展 オンライン
2021/10/20 半導体配線材料・技術の最新動向 オンライン
2021/10/25 電子機器・電子デバイスにおける熱設計・熱問題への対策ノウハウ オンライン
2021/11/2 電磁ノイズ低減を実現するシールド技術の基礎と応用 オンライン
2021/11/4 高周波回路・EMC設計の基礎技術 会場
2021/11/4 CMOSイメージセンサアナログ回路の基礎とシミュレーション方法 オンライン
2021/11/5 基礎パワエレ回路の速習法 オンライン
2021/11/8 高速回路 (Mbps~Gbps級) の実装設計 オンライン
2021/11/8 ミリ波帯電波吸収体、遮蔽材、透過材の考え方と設計例 オンライン
2021/11/15 電子機器のEMCの基礎とノイズ対策の勘所 オンライン
2021/11/24 5G・Beyond5Gを含む高周波帯用電波吸収体の設計、測定方法 オンライン
2021/11/25 電気・電子製品における「知っておきたい製品安全と含有物質規制の基礎」 オンライン
2021/11/26 電波吸収体の基礎・設計と複合材料の電波吸収特性・評価手法 オンライン
2021/12/3 電子機器 (メカトロニクス) の基礎 オンライン
2021/12/7 シリコンフォトニクスの最新動向と光集積回路の作製 オンライン
2021/12/13 (超)高周波帯用電波吸収体の設計と測定法 オンライン
2021/12/14 電子機器に向けたプリント基板と回路のノイズ対策設計 オンライン
2021/12/16 ノイズ対策技術 パワエレノイズの原因と対策 オンライン
2021/12/17 基礎パワエレ制御の速習法 オンライン
2021/12/23 車載・パワエレ機器にみる熱対策 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/6/18 2021年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/7/17 2020年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2020/6/19 2020年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/6/21 2019年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2019/3/29 電磁波シールド・電波吸収体の設計・開発・評価法
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2017/6/23 2017年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/5/30 2014年版 EMC・ノイズ対策市場の実態と将来展望
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2012/12/10 スマートシティの電磁環境対策
2012/10/30 SiCパワーデバイスの開発と最新動向
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2012/4/2 '12 EMC・ノイズ対策業界の実態と将来展望
2011/10/3 '12 コンデンサ業界の実態と将来展望