技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

食品包装を中心とした包装材料における最新動向・将来展望

食品包装を中心とした包装材料における最新動向・将来展望

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、食品包装について取り上げ、容器包装・パッケージング・紙素材の最新情報・開発事例を解説いたします。

開催日

  • 2021年6月30日(水) 12時30分 16時30分

修得知識

  • 世界共通の課題と容器包装産業との関係
  • 脱炭素社会に向け、容器包装産業にも持続可能な成長と循環型経済の実行が求められること
  • サステナブルに配慮した国内外の材料の開発事例
  • 容器包装の環境配慮設計のポイントを知り、自社製品開発の参考となる知識
  • 欧米のプラスチックパッケージに対する新しい法規制の動向
  • 欧米の再生可能なパッケージの開発動向
  • 欧米のプラスチックリサイクルの現状と課題
  • 今後のパッケージ開発のヒント
  • 紙素材の環境面での特徴
  • 容器・包装における環境対応
  • 自社商品に合致した素材選定に参考となる知識
  • 自社商品の容器・包装に紙素材を活用する方法

プログラム

第1部: 食品容器包装を中心とした各種材料の大きな流れ・未来への期待

(2021年6月30日 12:30〜13:50)

 世界は脱炭素社会、循環型社会形成に向けての動きが加速している。企業では気候変動対策を考える中で、効率よくモノづくりを行い、廃棄を減らして環境負荷を低減し、いかに多くの価値を見出すかが最大の経営課題になっている。容器包装のあり方も重大な局面を迎え、脱炭素社会に向けて持続可能な成長と循環型経済の実行が求められる。容器包装には環境配慮設計の考え方を採り入れ、再生再利用が可能な設計とし、適正な代替素材を活用し、産官学の協力によって実現していきたい。
 第一部ではこのような背景を再確認したうえで、容器包装の環境配慮設計に先駆けて取組む国内外の事例を紹介する。また、循環型社会に適合する持続可能な容器包装のポイントを述べる。

  1. 容器包装を取り巻く世界の共通課題
    1. SDGsと呼応する世界の共通課題
    2. 容器包装産業を取り巻く課題
    3. 2つのC-Crisis (COVID-19 & Climate Change) が早める未来への期待
  2. 環境配慮設計と生活者へのわかりやすさ:New Plastic Age (3R & Renewable)
    1. 3Rに関する開発事例 (Reduce / Refill & Reuse / Recycle)
    2. Renewable Materialsに関する開発事例 (Bio-Based / Paper & Cellulose-based)
    3. ”IoP”の取り組み
  3. これから容器包装産業が挑むべき重要な共通課題
    1. 3つのC-Critical Challenge (COVID-19, Climate Change, & Circular Economy)
    2. 循環型社会に適合する持続可能な容器包装の留意点
    • 質疑応答

第2部: 循環経済社会を目指す欧米の持続可能なパッケージング戦略

(2021年6月30日 14:00〜15:10)

 近年、世界の環境負荷軽減のために廃プラスチック管理が重要かつ喫緊の課題として採り上げられ、使い捨てプラスチック製品やパッケージに対して様々な規制が課せられようとしている。欧米で事業展開する日本の消費財ブランドやパッケージングメーカーにとっては他人事ではない、重要な懸念事項だ。その動向を知り、しっかり準備をしておく必要に迫られている。
 一方、欧米の消費財ブランドやパッケージングメーカーは、どのような対策を立てて、対処しようとしているのかを知っておくことも重要だ。既に世界を代表する消費財メーカーやリテール企業は2025年から2030年までに100%リサイクル可能、あるいはコンポスト可能、リユース可能なパッケージに転換することを表明している。それはどこまで進展しているのか、実現は可能なのか?本セミナーで最新情報を紹介する。

  1. パッケージを取り巻く世界の課題
    1. 多くの国が廃棄物対策として、プラスチックパッケージの削減努力を始めた
    2. 消費財メーカーは再生材利用比率目標を掲げているが、良質な再生材の調達に苦しんでいる
    3. 廃棄プラスチックの回収、分別、再生のインフラが脆弱 (特に新興国) で増加するプラ廃棄物の管理ができなくなっている。
  2. 期待されること
    1. 政府や企業などステークホルダーが一体となってプラスチック廃棄物削減理に挑戦し始めた
    2. 次世代に健全な地球を引き継ごうという意識が世界的に高まり、企業のESG投資が活発になってきた
    3. 新たなリサイクル技術が誕生している
  3. 懸念されること
    1. 世界最大のプラスチック生産・消費大国で、海洋プラや温室効果ガス排出国である中国の動向が不透明
    2. 欧州委員会のプラスチック規制方針は正しいのか?
  4. プラスチックリサイクル技術の挑戦
    1. マテリアルリサイクルの現状と課題
    2. 新たなリサイクル技術の展望
    • 質疑応答

第3部: 紙素材への機能付与と容器包装分野での応用事例

(2021年6月30日 15:20〜16:30)

 包装業界や食品業界に限らず、すべての産業界において、「サステナビリティ (持続可能性) 」「気候変動 (CO2排出量) 」「廃棄物処理 (海洋プラスチック問題等) 」は、地球環境における普遍的な課題として挙げられる。
 本講座の前半では、パッケージに関するこれら課題に対する国内外の動向、紙素材の特徴と環境特性、包装に求められる機能を説明する。
 前半で説明した背景や基本情報を踏まえて、後半では紙をベースとした容器・包装の開発事例を紹介し、課題解決に対する紙の貢献可能性について述べる。

  1. 包装を取り巻く環境
    1. 環境に関する世界的な課題
    2. 海外の動向
    3. 国内の動向
  2. 包装における紙素材の特徴
    1. 原材料の特徴
    2. 環境特性
    3. 容器・包装の紙化の意義と方向性
  3. 紙をベースとした容器・包装の開発事例
    1. 容器・包装に求められる機能と紙素材への機能付与技術
    2. 高機能紙素材の開発事例① バリア紙「シールドプラス®」
    3. 高機能紙素材の開発事例② ヒートシール紙「ラミナ®」
    4. ストローが不要な学校給食向け牛乳パック「スクールPOP®」
    5. 化粧品・トイレタリー向け紙容器の開発事例 差し替え式紙容器「SPOPS®」
    6. 紙容器リサイクルの取り組み
  4. おわりに
    1. これからの包装に求められること ~競争から協業へ~
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

会場受講 / Zoomを使ったライブ配信対応セミナー

会場受講、またはオンライン受講のいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンライン受講をご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 後日、別途視聴用のURLをメールにてご連絡申し上げます。
  • セミナー開催日時の10分前に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。
  • 個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/3 EUVリソグラフィの最新動向とレジスト材料の設計、評価技術 オンライン
2021/8/3 高吸水性樹脂の基礎と応用、および生分解性付与 オンライン
2021/8/5 高分子材料の劣化 オンライン
2021/8/6 薬機法、景品表示法、健康増進法に違反しない 最新の健康関連食品に関する広告マーケティング戦略とコピーライティング オンライン
2021/8/16 マイクロプラスチックの調査分析及び解析方法 オンライン
2021/8/18 トライボロジーの基礎と評価・分析方法 オンライン
2021/8/18 シランカップリング剤の効果的活用法 オンライン
2021/8/19 高分子の力学的性質と制振・防振・吸音・遮音材料の設計および評価法 オンライン
2021/8/19 廃プラスチックのリサイクル技術の動向と、SDGsに向けた対策 オンライン
2021/8/20 セルロースナノファイバーの基本特性と樹脂複合化による実用化展開 オンライン
2021/8/23 プラスチックの粘弾性挙動の時間・温度換算則とその利用法 オンライン
2021/8/23 各種機能性高分子ゲルの作製技術と特性制御及び応用展開 オンライン
2021/8/23 アジアの食品および食品添加物の法規制 オンライン
2021/8/23 再生医療用機能性高分子足場材料の最新動向 オンライン
2021/8/24 高分子材料の熱分析と動的粘弾性測定入門 オンライン
2021/8/24 アニオン重合による機能性高分子の合成 オンライン
2021/8/25 発泡成形のメカニズム、気泡コンロトール、測定、応用 オンライン
2021/8/25 高分子の結晶化ダイナミクス入門講座 ポリ乳酸の結晶化速度解析・向上技術による高性能化 オンライン
2021/8/25 接着仕様の劣化寿命予測と劣化加速条件の設定方法 オンライン
2021/8/25 厄介な分散系を手懐けるコツ オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/30 高分子の延伸による分子配向・結晶化メカニズムと評価方法
2020/10/30 ポリウレタンを上手に使うための合成・構造制御・トラブル対策及び応用技術
2020/9/10 生分解性プラスチック入門
2020/1/31 添加剤の最適使用法
2019/12/20 高分子の表面処理・改質と接着性向上
2019/10/31 UV硬化技術の基礎と硬化不良対策
2019/4/24 日・欧・米における食品容器包装規制と制度の比較2019
2019/1/31 マテリアルズ・インフォマティクスによる材料開発と活用集
2018/11/30 複雑高分子材料のレオロジー挙動とその解釈
2018/11/30 エポキシ樹脂の高機能化と上手な使い方
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/19 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2018/3/18 射出成形機〔2018年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術