技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新規事業テーマの創出とその進め方

Zoomを使ったライブ配信セミナー

新規事業テーマの創出とその進め方

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、新規事業テーマの創出と進め方について取り上げ、異業種・異分野と共同し、自社の強みを活かしたテーマを生み出すノウハウを詳解いたします。

開催日

  • 2020年11月30日(月) 10時30分 16時15分

プログラム

第1部. KDDIにおける新規事業創出と“場”の作り方

(2020年11月30日 10:30〜12:00)

 昨今「オープンイノベーション」がブームになり大企業側もCVCやアクセラレータプログラム等のイノベーションスキームを構築するなど、異業種・異分野企業との接点構築や事業連携へ向けた取り組みが活発化している。一方でなかなか新規事業の創出に繋がらない現状もある。又、今年から商用開始した「5G」によりあらゆるモノに通信が溶け込み産業の垣根もなくなる事から、よりオープンイノベーションの必要性・注目度は高まると思われる。
 本セミナーでは、そのような時代を乗り越えるためどのような考え方・手法で進めるべきか当社事例交えてご紹介します。

  1. オープンイノベーションとは
  2. KDDIのオープンイノベーションの取り組み
  3. 実現に向けた組織づくり・考え方
  4. 5G時代に向けて
  5. 5G時代のビジネスモデルの在り方
  6. ビジネス事例
    • 質疑応答

第2部. 展示会を活用した新規事業の探索と異業種とのコラボレーション

(2020年11月30日 13:00〜14:30)

 製造業においては、刷新的な技術の確立によって常に新商品を創出し、企業の経営を継続的に安定させることが求められています。しかし、昨今では市場要求が短期間に変化し、主力商品ですら商品寿命が読みづらくなっています。ましてや異業種へ進出する新商品では、確度のある情報収集が必要不可欠です。このため、新商品のターゲティングが難しく、しかも要求特性の厳しさから開発期間が長期化しています。この対策として、初期の基礎研究段階であっても市場動向の把握に努め、さらに開発中盤の試作段階でも学会や展示会を活用して新商品を世に問いただす必要があります。展示会を有効活用することで、開発目標の絞り込みが的確になり、接触している顧客に向けた開発へと流れが変わります。
 本会では、一方的な講演ではなく、時間のゆるす限り皆様とのQ&Aが出来ればと考えています。

  1. 自己紹介
  2. 研究開発活動で大切なこと
  3. 社内体制作りと運用方法の見直し
  4. 研究開発活動とマーケティング活動との併用
  5. ステージゲート法による研究開発の進捗管理
  6. 新商品のプロモート活動
  7. 学会・展示会の有効活用
  8. 展示会出展後の対応
  9. 展示会から生まれるニーズ発掘
  10. 熱伝導シートの開発事例紹介
    • 質疑応答

第3部. 少人数チームの立ち上げ、運用と新規事業テーマの発掘

(2020年11月30日 14:45〜16:15)

 新規事業の立ち上げは各社が取り組んでいるが、そもそも新規事業の発掘と立ち上げがなぜ必要かについて、世界の経営学からマクロ的に考察し、経営の観点からその留意点を紹介する。
 そして推進する為のチームビルディングについての考え方、当社イノベーション部の活動内容、内部において発生すると予想される課題に触れ、新規事業の発掘から一歩踏み出す為の一般的プロセス、目指すフレームワークについて触れる。そして、最後に質的向上を如何に行うかの考察を行う。

  1. 新規事業の必要性
    1. 製品サイクル
    2. 転換点
  2. 経営の観点
    1. 両利き
    2. オープンイノベーション
    3. コア
  3. チームビルディング
    1. 当社のイノベーション設立経緯
    2. 規模、チームの役割
    3. 活動内容
  4. 社内の課題
  5. プロセス
    1. 一般的プロセス
    2. 留意点
    3. フレームワーク
    4. 当社の事業アイディア募集制度
  6. 質的向上
  7. まとめ
    • 質疑応答

講師

  • 石井 亮平
    KDDI 株式会社 経営戦略本部 ビジネスインキュベーション推進部 オープンイノベーション推進グループ
    グループリーダー
  • 外谷 栄一
    サーマルセミコンデザイン株式会社
    代表取締役
  • 野田 真
    川崎重工業 株式会社 企画本部 イノベーション部
    理事 / 部長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 55,000円(税別) / 60,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 60,000円(税別) / 66,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 110,000円(税別) / 121,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 165,000円(税別) / 181,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2020/12/7 目標を達成して確実に成果を生むためのプロジェクトマネジメント オンライン
2020/12/8 新事業、新商品開発を創出する戦略策定と具体的方法 オンライン
2020/12/10 研究開発におけるポートフォリオ・マネジメントの基礎と構築、運用法 オンライン
2020/12/15 IPランドスケープの実践とポイント オンライン
2020/12/15 ヘルスケア領域におけるDX (デジタル・トランスフォーメーション) 構築のポイント 東京都 会場・オンライン
2020/12/16 新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法 オンライン
2020/12/17 組織力で継続的に革新的R&Dテーマを創出する体系的仕組みの構築 オンライン
2020/12/17 宇宙ビジネスの最新動向と新規参入のポイント オンライン
2020/12/17 ベンチマーキングの基本と事業に貢献する研究開発テーマへの展開手法 オンライン
2020/12/18 技術を無駄にしないために研究開発部門が行うべきマーケティング入門 オンライン
2020/12/18 AIシステム開発/機械学習モデル作成の外注のポイント オンライン
2020/12/18 成果最大の時間活用術 会場
2020/12/21 自社保有技術・コア技術をベースとした筋の良い・革新的なテーマ・製品アイデアの創出方法 オンライン
2020/12/22 研究開発に活かせるパテントマップの必須基礎知識と作成・活用術 オンライン
2020/12/22 研究開発部門を対象とした情報収集のテクニック オンライン
2021/1/7 R&D部門へのDX導入のためのデータ管理体制と効果的な活用 オンライン
2021/1/13 再生医療ビジネス及び周辺ビジネスの実際と参入戦略 オンライン
2021/1/14 新市場・技術の情報収集・分析と新規事業化の見極め方 オンライン
2021/1/15 新事業、新商品開発を創出する戦略策定と具体的方法 オンライン
2021/1/18 共同研究開発の契約実務とトラブル対策 東京都 会場・オンライン