技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用電子部品における故障の未然防止と信頼性評価、解析

Zoomを使ったライブ配信セミナー

車載用電子部品における故障の未然防止と信頼性評価、解析

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、車載用電子部品・電子機器の信頼性について基礎から解説し、電子部品の故障メカニズム・評価・解析手法を詳説いたします。

開催日

  • 2020年8月31日(月) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 車載機器、信頼性・品質に係わる初級、中級技術者

修得知識

  • 実際に起こる市場故障の原因
  • 自動車メーカの要求事項
  • 様々なストレスによって発生する故障メカニズム
  • 車載用電子部品・電子機器の信頼性評価
  • 故障解析の基礎とポイント

プログラム

 自動車はどのような環境でも、故障が起こらないことが前提であり、購入品を含めた信頼性の作り込みが要求され、故障が起こった場合には徹底的な故障解析が必要になる。
 本セミナーでは自動車メーカの要求事項や車載用部品に関する規格などを示すとともに故障メカニズム、信頼性評価、および故障解析に関し、解説する。
 故障メカニズムは信頼性の基礎であり、信頼性の作り込み、信頼性評価、故障原因究明には不可欠な知識であり、これを理解することにより正しい対応が可能である。また、経験の乏しい技術者でも故障メカニズムが分かればある程度の対抗が可能である。
 一方、実際に発生する市場故障にはいくつかの要因があり、その要因を把握した上で、それに対し、適切な未然防止と評価・解析を構築すべきである。対象は車載や信頼性・品質に係わる初級、及び中級技術者を対象で、多くの聴講者が理解できるようにわかりやすく説明する。

  1. 実際に発生する市場故障の真の要因
    • 故障期
    • 購入品の問題
    • 使用上の問題
    • コストと信頼性
  2. 自動車メーカの要求事項、規格
    • 車載用部品への要求
    • AEC – Q100規格
  3. 様々なストレスによって発生する故障メカニズム
    • 温度・湿度・バイアスストレス
    • 機械的ストレス
    • 電気的破壊
    • 電磁波ノイズ
  4. 信頼性評価
    • 信頼性評価の種類
    • 特性評価
    • 良品解析
    • 信頼性試験
    • 環境試験
  5. 故障解析
    • 電子機器の故障解析 (流れと事例)
    • 電子部品の故障解析 (流れと事例)
    • ロックイン発熱解析を用いた解析事例
    • 質疑応答

講師

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

ライブ配信セミナーの受講について

  • 本講座は、Zoomを利用したライブ配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • お申し込み前に、 視聴環境 をご確認いただき、 ミーティングテスト にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントをご利用の際は、最新版にアップデートをお願いいたします。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー配布資料は印刷物を郵送、またはPDFファイルを送付いたします。
  • 当日は講師への質問することができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は、管理者側で部外者の退出、あるいはセミナーを終了いたします。

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/8/5 5G関連機器の熱対策と放熱材料 オンライン
2021/8/12 音による故障検知、故障予知と雑音除去技術 オンライン
2021/8/17 信頼性試験と故障解析 オンライン
2021/8/18 トライボロジーの基礎と評価・分析方法 オンライン
2021/8/19 利益を産みだす「開発時の安全係数と量産展開時の規格値」の論理的決定方法 損失関数の基礎と応用 オンライン
2021/8/23 既存工場へのIoT、ロボット導入と効果的な運用の仕方、進め方 オンライン
2021/8/23 電子部品の不具合観察・解析と不良対策のポイント オンライン
2021/8/24 電波吸収体、電磁遮蔽材、透過材の考え方、設計法入門 オンライン
2021/8/25 設計品質向上の基礎講座 オンライン
2021/8/25 演習で学ぶ設計品質不具合の未然防止切り札としてのDRBFM オンライン
2021/8/26 QbDの理解に必要な統計手法をまとめたコース オンライン
2021/8/26 CASEで車載半導体市場はどう変わるのか オンライン
2021/8/27 電子機器のEMC試験と設計段階からの実践的ノイズ対策 オンライン
2021/8/27 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2021/8/27 管理図 オンライン
2021/8/27 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2021/8/30 電子機器 (メカトロニクス) の基礎 オンライン
2021/8/30 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題解決) オンライン
2021/9/2 AEC-Q100やJEITA ED-4708を中心とした車載の信頼性認定ガイドライン オンライン
2021/9/3 高速回路 (Mbps~Gbps級) の実装設計 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/10/5 車載用デバイスと構成部材の最新技術動向
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/11/25 電子ブック〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/8/25 電気自動車〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/8/25 電気自動車〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/5/20 エレクトロニクス分野へのダイヤモンド応用技術 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/3 '12 コンデンサ業界の実態と将来展望
2011/7/5 カーナビゲーション (2011年版) 技術開発実態分析調査報告書