技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

車載用デバイスと構成部材の最新技術動向

車載用デバイスと構成部材の最新技術動向

~ディスプレイ、タッチパネル、イメージセンサ~

ご案内

 「車載用デバイスと構成部材の最新技術動向」と題した本書は次の章から構成される。

  • 第1章 車が第三の生活空間に
  • 第2章 車載用ディスプレイの開発動向と構成部材への要求性能
  • 第3章 車載タッチパネルの開発動向と構成部材への要求機能
  • 第4章 車載用イメージセンサの開発動向と構成部材への要求性能

 本書の目的は、大きく分けて以下の4点である。

  • (1) 車載用デバイスの要求性能を理解し、民生用との違いを明確にする。
  • (2) 最新技術を理解する上で必要な基礎技術及び車載固有の技術を取得。
  • (3) デバイスを構成する部品及び材料に関する最新技術とその動向の取得。
  • (4) 技術動向に合わせて市場動向及びビジネス面の把握。

 したがって、この書籍1冊で基礎から最新技術まで取得できる構成になっている。
 本書が読者諸賢にいささかでも役立つなら著者の喜びとするところであり、同時に本書の内容について、諸賢各位に御叱責をお願いする次第である。
(鵜飼 育弘)

目次

第1章 車が第三の生活空間に

  • 1. はじめに
  • 2. クルマが「第3の生活空間」
  • 3. 今後のモビリティトレンド
  • 4. 統合コックピットと包括的なHMI
    • 4.1 車載用OLEDディスプレイ
    • 4.2 車載用曲面ディスプレイとFree Programmable Cluster: FPCフル液晶クラスター

第2章 車載用ディスプレイの開発動向と構成部材への要求性能

  • 1. 車載機器用と民生機器用の違い
    • 1.1 インストルメント・クラスタ/センター・インフォメーション用ディスプレイとは
    • 1.2 要求仕様と開発動向
    • 1.3 ディスプレイ技術の新規応用
    • 1.4 German Spec V5
  • 2. ディスプレイ技術
  • 3. ディスプレイサイズと形状
    • 3.1 JDIの12.3型曲面TFT-LCD
    • 3.2 日本精機の一体風表現
  • 4. 直射日光下での視認性 (Ambient Contrast Ratio)
    • 4.1 LCDとOLEDのACR
    • 4.2 モバイル用LCDとOLEDのACRと周囲光との関係
    • 4.3 大型TV用パネル
  • 5. 直射日光下で視認可能な低反射FFS-LCD
    • 5.1 目的と背景
    • 5.2 低反射新規LCDの構成
    • 5.3 視野角特性
    • 5.4 ローカルディミングバックライト (Local Dimming Backlight)
    • 5.5 12.3型低反射LCDの試作
    • 5.6インパクト
  • 6. 動画応答時間 (Moving Picture Response Time)
    • 6.1 インパルス表示とホールド表示
    • 6.2 TFT-LCDの動画ぼやけ (motion blur)
    • 6.3 オーバードライブ駆動技術
    • 6.4 黒挿入駆動と倍速駆動
    • 6.5 TFT-LCDとAMOLEDの動画応答時間
  • 7. Free-form対応技術
    • 7.1 液晶と配向技術の基礎
    • 7.2 分子配列と表示モード
    • 7.3 ホモジニアス自己配向
    • 7.4 ホメオトロピック自己配向
  • 8. Head Up Displayの動向
    • 8.1 HUDの基本原理
    • 8.2 インターネプコン2018展示品 (日本精機)
    • 8.3 コニカミノルタの3D AR HUD (三次元拡張現実ヘッドアップディスプレイ)
    • 8.4 複数のHUD表示時の安全性
  • 9. 市場動向
  • 10. 車載用AMOLED (有機EL) の動向
  • 11. 車載用ディスプレイの構成部材
    • 11.1 液晶材料
    • 11.2 ポラテクノの高コントラスト・高耐久性偏光板
    • 11.3 ダイセルのアンチグレアフィルム
    • 11.4 日本ゼオンのフレキシブルフィルム
    • 11.5 藤森工業 株式会社 3D被覆用透明粘着フィルム「マスタックTS」
  • 12. 自動運転を支える・求められるディスプレイ技術
    • 12.1 ADASにおけるHMIの位置付け
    • 12.2 今後ADASに期待される技術
    • 12.3 JDIのコックピットイメージ
  • 13. 車載用ディスプレイの市場動向、業界動向
    • 13.1 市場動向
    • 13.2 業界動向
    • 13.3 市場動向

第3章 車載タッチパネルの開発動向と構成部材への要求機能

  • 1. はじめに
  • 2. 車載用タッチパネルの要求性能
  • 3. 車載用タッチパネルの実用化と開発動向
    • 3.1 抵抗膜式
    • 3.2 投影型静電容量方式
  • 4. 実用化事例
    • 4.1 JDIのLTPSTFT-LCDとIn-Cellタッチパネル
    • 4.2 パナソニックの曲面タッチパネル
  • 5. 構成部材への要求性能
    • 5.1 低反射技術
    • 5.2 虹むら (rainbow) 対策
    • 5.3 光学貼り合わせ材料とプロセス
    • 5.4 モスアイフィルム
  • 6. フレキシブル化と構成部材への要求性能
    • 6.1 スマートハンドル
  • 7. フレキシブル化と構成部材への要求性能
    • 7.1 ITO代替材料
    • 7.2 フレキシブル基板材材料
    • 7.3 3次元透明タッチパネル
  • 8. 車載用タッチパネルの市場動向

第4章 車載用イメージセンサの開発動向と構成部材への要求性能

  • 1. イメージセンサからセンシングへ
    • 1.1 積層CMOSイメージセンサ
    • 1.2 3層構造CMOSイメージセンサ
    • 1.3 Pyramid Surface for Diffraction (PSD) 構造による近赤外CIS
    • 1.4 画素並列A/D変換器搭載裏面照射型CMOSイメージセンサを開発
    • 1.5 まとめ
  • 2. オンチップカラーフィルタ
    • 2.1 オンチップカラーフィルタ
    • 2.2 技術ロードマップ
    • 2.3 マイクロレンズの開発
    • 2.4 次世代イメージセンサ技術の開発
    • 2.5 まとめ
  • 3. 高機能プラスチック
    • 3.1 環状オレフィン系樹脂「アペル」
    • 3.2 チオウレタン系メガネレンズMRシリーズ
  • 4. 市場動向
  • おわりに

執筆者

鵜飼 育弘

Ukai Display Device Institute

代表

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 並製本 145ページ

発行年月

2018年10月

販売元

tech-seminar.jp

価格

100,000円 (税別) / 110,000円 (税込)

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2021/3/8 基板実装技術とその信頼性評価手法 オンライン
2021/3/9 フラットパネルディスプレイ (FPD) を支える高機能材料と装置の最新動向 オンライン
2021/3/16 触覚フィードバックの基礎と応用 オンライン
2021/3/23 ディスプレイ向け光学フィルムの基礎と新ディスプレイへの応用 オンライン
2021/3/25 テラヘルツの基礎と産業応用 オンライン
2021/3/26 2021年に飛躍するマイクロLEDディスプレイ技術の徹底解析 オンライン
2021/3/30 車載カメラとレーザレーダによるセンサフュージョン技術と物体認識手法 東京都 会場・オンライン
2021/3/31 ヘッドマウントディスプレイ (ARグラス/MRヘッドセット) の市場展望と技術動向 オンライン
2021/4/6 パリティミラーを用いた空中映像・空中ディスプレイの基礎と応用開発の現状 オンライン
2021/4/13 非接触・抗菌・抗ウイルスタッチパネルと透明導電性フィルムの応用展開 オンライン
2021/4/14 エレクトロクロミック材料の基礎・動向および調光ガラスをはじめとした応用展開 会場
2021/4/16 有機ELを中心とした先端ディスプレイの市場動向と求められる材料、プロセス技術 オンライン
2021/4/19 ホログラム技術の基礎および車載用ヘッドアップディスプレイ (HUD) への応用 オンライン
2021/4/20 ディープラーニングを用いたミリ波レーダによる自動車の走行環境認識技術 オンライン
2021/4/23 ディスプレイ向け光学フィルムの基礎および高機能化、最新の市場・技術トレンド オンライン
2021/4/27 自動運転のための画像処理を中心としたセンサフュージョン技術 オンライン
2021/4/28 空中結像の原理と構成部材、空中ディスプレイの課題と応用展開 オンライン

関連する出版物

発行年月
2020/10/29 最新ディスプレイ技術トレンド 2020
2020/10/21 AR/VR/MRマイクロディスプレイ世界の最新業界レポート
2020/7/29 フラットパネルディスプレイ (FPD) を支える高機能材料と製造装置
2019/10/30 最新ディスプレイ技術トレンド 2019
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/11/20 最新ディスプレイ技術トレンド 2018
2018/10/5 コネクティッド社会へ向けたディスプレイおよび高信頼性化技術の最新動向
2018/7/12 スマートウィンドウの基礎と応用
2018/3/9 量子ドット・マイクロLEDディスプレイと関連材料の技術開発
2017/12/25 世界の有機ELディスプレイ産業動向
2017/10/31 フレキシブルOLEDの最新技術動向
2017/8/10 車載テクノロジー関連製品・材料の市場動向
2016/2/26 2016年版 車載用・産業用蓄電池市場の実態と将来展望
2014/3/7 画像処理・画像符号化・画像評価法
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/15 3M〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/9/15 カプセル内視鏡 技術開発実態分析調査報告書
2013/8/25 電気自動車〔2013年版〕 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)