技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

医療機器ソフトウェア開発のポイントとSRSを始めとする関連文書のまとめ方

医療機器ソフトウェア開発のポイントとSRSを始めとする関連文書のまとめ方

~各開発ステップにおける検証/妥当性検証計画のポイントとは~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、医療機器ソフトウェア開発のポイントとして、ソフトウェア要求事項獲得から機能展開と実装ソフトウェアアイテムへのマッピングについてわかりやすく詳述いたします。

開催日

  • 2019年11月21日(木) 13時00分 16時00分

修得知識

  • IEC62304、JIS T 2304、IEC82304、JIS T 82304-1を駆使する知識
  • ソフトウェア要求仕様書作成のポイント
  • アーキテクチャ設計書作成のポイント
  • 詳細設計書作成のポイント
  • 検証/妥当性検証計画のポイント

プログラム

 FDA、EU、国内の仕向けによらず、医療機器ソフトウェア開発のポイントとして、ソフトウェア要求事項獲得から機能展開と実装ソフトウェアアイテムへのマッピングについてわかりやすく詳述します。
 また、それぞれの開発ステップにおける検証および妥当性検証を組み合わせることでソフトウェア品質保証が実現することを理解していただきます。

  1. はじめに
    1. ソフトウェア関連規格と構成 (ISO/IEC) 1.2 JIS T 2304の改正の扱い
    2. JIS T 0601-1:2014 (T0601-1:2012+追補1) への適合
  2. “システム”を忘れないでください
    1. IEC62304とISO13485との関連
      • ソフトウェア開発プロセス
      • ソフトウェア保守プロセス
      • IEC62304Ed1.1とISO 13485:2003, ISO 13485:2015 との関係
    2. IEC62304Ed1.1のプロセス・アクティビティ・タスク概観
      • IEC62304:2006 (JIS T 02304:2012) ソフトウェア開発プロセス
      • IEC62304:2006 (JIS T 02304:2012) ソフトウェア保守プロセス
      • 用語御呼び定義
      • IEC62304Ed1.1のプロセス・アクティビティ・タスク
      • IEC62304 ED1.1改訂概要
    3. IEC82304-1、JIS T 82304-1:2018とヘルスソフトウェア製品開発プロセス
      • IEC82304-1とは
      • 医療機器ソフトウェアの応用拡大とヘルスソフトウェアの形成
      • 82304-1適用範囲及び適用範囲外のソフトウェアの例
    4. IEC82304-1、JIS T 82304-1:2018要点押さえ
      • ヘルスソフトウェア製品の要求事項
      • ヘルスソフトウェア-ソフトウェアライフサイクルプロセス
      • ヘルスソフトウェア製品の妥当性確認 (バリデーション)
      • ヘルスソフトウェア製品の識別情報と附属文書
      • ヘルスソフトウェア製品の市販後活動
  3. PoC (Proof of Concept:概念実証) からソフトウェア要求事項獲得に向けて
    1. IEC62304で取り上げている開発モデル
      • ソフトウェア開発プロセス-ソフトウェア開発プロセス上の開発モデル
      • Agileの開発モデルはどうなる?
    2. PoCは要求事項獲得のためのプロトタイピング
      • 医療機器 (ソフトウェア) の製品開発-製品開発とソフトウェア開発プロセス
      • IEEE 1220 システムズエンジニアリングプロセス
    3. システム要求仕様書-システムアーキテクチャ設計書-ソフトウェア要求仕様書
  4. アーキテクチャの良し悪しがソフトウェアのライフサイクルを決める
    1. ソフトウェア要求事項のアーキテクチャへの実現機能展開
      • ソフトウェア要求事項分析
      • ソフトウェア要件から機能要求への展開
    2. アーキテクチャ設計
    3. ソフトウェアコンポーネントの構造化設計
      • ソフトウェアアーキテクチャの設計
  5. 書きたくない詳細設計書、でもそれでいいの?
    1. ソフトウェアユニットへの分解
    2. 詳細設計書を作成する
  6. コーディングのお作法、仲間・後世のために
    1. リスク分析ポイント
    2. 共通するソフトウェア不具合の特定と削除 (要求事項5.1.12 IEC62304 Ed1.1:2015)
      • ソフトウェア開発プロセス
      • IEC 80002-1:2009 Annex B.1 ソフトウェア機能領域におけるハザードの潜在的原因の例
      • IEC 80002-1:2009 Annex B.2 ハザードの潜在的ソフトウェア原因の例
      • ハザードの潜在的ソフトウェア原因およびリスクコントロール手段への検証ルール
  7. テストをしないで出荷!?
    1. ソフトウェアユニットの検証
    2. ソフトウェア結合の検証
    3. ソフトウェアシステム試験 (妥当性検証)
    4. ソフトウェア問題解決プロセスの利用
      • ソフトウェア結合及び結合試験
  8. 文書間の総合インデックス
    1. トレーサビリティマトリックス
      • ソフトウェア開発プロセス
      • 文書間トレーサビリティ表現
    • 質疑応答

会場

江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)

9F 研修室

東京都 江東区 亀戸2-19-1
江東区役所 商工情報センター (カメリアプラザ)の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 23,139円(税別) / 24,990円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 43,750円(税別) / 47,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 69,417円(税別) / 74,970円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 46,278円(税別) / 49,980円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 92,556円(税別) / 99,960円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 138,833円(税別) / 149,940円(税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/8/18 AIを利用した医療機器開発における医療用プログラムの薬事規制 オンライン
2020/8/18 AIを利用した医療機器の国内外の現状および事業化のポイント オンライン
2020/8/19 医療機器の放射線滅菌の安定性試験・包装バリデーションと実務と課題解決 オンライン
2020/8/20 医療機器バリデーションで必要となる統計的手法とサンプル数の決定 東京都
2020/8/24 IEC62304 医療機器ソフトウェアの規制理解と要求仕様書・アーキテクチャ設計書作成演習 (2日間) 東京都
2020/8/27 AI / IoT技術における日本・海外の特許動向と特許化のポイント オンライン
2020/8/27 欧州に学ぶライフサイエンスの個人情報保護とサイバーセキュリティ 東京都
2020/9/2 3次元点群処理 オンライン
2020/9/4 非接触生体センシングと心拍、呼吸の計測技術 オンライン
2020/9/4 ディープラーニングの基礎・実践が分かる一日速習セミナー オンライン
2020/9/7 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の研究開発と今後の展望 オンライン
2020/9/8 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー 東京都
2020/9/9 生体情報計測による感情の可視化と活用事例 東京都
2020/9/11 医薬品・医療機器・再生医療医療等製品におけるエンドトキシン試験とバリデーションの留意点 東京都
2020/9/14 ISO13485における医療機器プロセスバリデーションおよび洗浄バリデーションの進め方とプロセスパラメータ設定検討の方法・実験計画法 東京都
2020/9/14 医療機器における薬事規制対応 東京都
2020/9/15 一日速習 ディープラーニング基礎講座 オンライン
2020/9/16 入門 ウェアラブルセンシング技術 オンライン
2020/9/17 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法のポイント オンライン
2020/9/28 中国・インド・ASEAN主要国の薬事制度と市場を絡めた進出のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2015/9/30 医療機器/ヘルスケア関連商品の薬事法 (薬機法) “超”入門講座【2】
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/4/1 メディカルバイオニクス(人工臓器) 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/25 先端癌治療機器 技術開発実態分析調査報告書
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/3/10 人工透析装置 技術開発実態分析調査報告書
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2014/2/10 PET装置(診断) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書
2014/1/25 CT(コンピュータ断層撮影装置) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)