技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

自動車用に向けたパワー半導体におけるパッケージ技術

自動車用に向けたパワー半導体におけるパッケージ技術

~接合・接続・封止・高信頼性化・高耐熱化・高放熱化~
東京都 開催 会場 開催

概要

本セミナーでは、自動車 (EV/HEV) への適用に焦点をあて、小型化・高信頼性化を実現するパッケージ技術を解説いたします。
大電力・高耐圧を扱うパワー半導体の実装技術 (接合・封止・絶縁・放熱技術) および信頼性技術について詳解いたします。

開催日

  • 2018年9月28日(金) 10時30分 16時30分

修得知識

  • 大電力・高耐圧を扱うパワー半導体の実装技術
    • 接合
    • 封止
    • 絶縁
    • 放熱技術
  • 大電力・高耐圧を扱うパワー半導体の信頼性技術
  • パワーエレクトロニクスと半導体の関係

プログラム

 最新のパワーエレクトロニクスは、地球環境対策や電力消費削減対策に貢献する技術であり、我が国が世界をリードできる分野である。
 本セミナーでは、パワー半導体のパッケージ技術全般から、さらに自動車 (EV/HEV) への適用に焦点をあて、小型化・高信頼性化を実現するパッケージ技術について詳細に述べる。また、次世代パワー半導体として注目されているSiCについても紹介する。

  1. パワーエレクトロニクスとパワー半導体
    1. パワーエレクトロニクスの歴史
    2. パワー半導体の歴史
    3. パワー半導体のアプリケーション
    4. パワー半導体を取り巻く環境
  2. パワー半導体素子とパッケージの動向
    1. パワー半導体素子の動向
    2. パッケージの動向
    3. WBG半導体の動向
    4. パワー半導体モジュールの要求性能
  3. パワー半導体モジュールのパッケージ技術
    1. モジュールの構造と機能
    2. 接合技術
    3. 接続技術
    4. 封止技術
    5. 絶縁技術
    6. 放熱技術
  4. 信頼性
    1. モジュール/インバータの信頼性
    2. モジュールの破壊メカニズム
    3. モジュールの信頼性設計
    4. 高信頼化事例
  5. まとめ
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 両角 朗
    富士電機 株式会社 電子デバイス事業本部 開発統括部 パッケージ開発部
    主査

会場

大田区産業プラザ PiO

6F C会議室

東京都 大田区 南蒲田1-20-20
大田区産業プラザ PiOの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/6/8 5G・次世代自動車に対応するSiC/GaNパワーデバイスの技術動向と課題 オンライン
2020/6/12 基礎パワエレ制御の速習法 神奈川県
2020/6/15 カーエレクトロニクスの放熱、冷却技術 東京都
2020/6/15 EVをはじめとした次世代自動車とリチウム資源・コバルト資源の最新動向 東京都
2020/6/18 自動車に用いられる繊維材料・繊維複合材料の設計、応用、市場予測 東京都
2020/6/18 自動車室内の防音設計と軽量化要求に対応する遮音・吸音材料の開発 東京都
2020/6/18 自動車市場の激変を前にした内燃機関系自動車部品メーカーの成長戦略 オンライン
2020/6/19 測定技術 パワエレにおける評価項目と測定技術 神奈川県
2020/6/22 EV/PHVのPCU (パワーコントロールユニット) と自動車用パワーエレクトロニクス技術動向 オンライン
2020/6/22 コロナ後に激変するディスプレー・サプライチェーン オンライン
2020/6/23 市場品質ロス削減のための信頼性試験法と耐用寿命予測の実際 東京都
2020/6/24 SiCパワーデバイスの活用に向けた駆動回路、評価技術 東京都
2020/6/24 半導体デバイスにおける洗浄技術の基礎と歩留改善のための効果的な汚染制御技術 東京都
2020/6/24 酸化物半導体薄膜技術の全て オンライン
2020/6/25 自動車振動・騒音対策 / 自動車制振・防振材 (2日間) 東京都
2020/6/25 自動車における振動・騒音現象とその対策および現場で役立つ振動解析 東京都
2020/6/26 伝熱の基礎と温度計測技術 オンライン
2020/6/26 つくりながら学ぶDCモータ 神奈川県
2020/6/26 自動車に向けた防振材料、制振材料の特性と設計、材料開発のポイント 東京都
2020/6/30 CMP技術およびその最適なプロセスを実現するための総合知識 オンライン

関連する出版物

発行年月
2019/12/13 2020年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2019/7/19 2019年版 電子部品・デバイス市場の実態と将来展望
2019/2/28 伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/12/14 2019年版 次世代自動車市場・技術の実態と将来展望
2018/11/30 EV・HEV向け電子部品、電装品開発とその最新事例
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/3/20 レジスト材料・プロセスの使い方ノウハウとトラブル解決
2018/1/10 SiC/GaNパワーエレクトロニクス普及のポイント
2017/11/17 2018年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/5/31 車載センシング技術の開発とADAS、自動運転システムへの応用
2017/5/25 EVに最適なバッテリーマネジメント技術と市場
2017/4/27 実務対応・LiBの規格と安全性試験のEV対応 2017
2017/3/10 ZEV規制とEV電池テクノロジー
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 2017年版 次世代エコカー市場・技術の実態と将来展望
2016/11/16 2017年版 燃料電池市場・技術の実態と将来展望
2016/4/28 ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用