技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

エコシステム × アライアンス × M&A戦略の発想・策定と自社の強みを活かした戦略・ビジネスモデルの構想と実行

価値づくり特集セミナー

エコシステム × アライアンス × M&A戦略の発想・策定と自社の強みを活かした戦略・ビジネスモデルの構想と実行

~圧倒的な競争力を得るアライアンス・M&Aを複数活用した事業レバレッジ~
京都府 開催

開催日

  • 2018年2月15日(木) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • グローバル競争での競争戦略、成長戦略が必要な製造業
    • 特に生産財メーカー
  • 設計開発、生産、技術営業、研究開発、知財、新規事業開発などの部署
  • 特に製品・事業の企画・実行を期待されている技術系人材

プログラム

 日本の製造業はいま大きな発想転換が必要です。まずは“製造業”という業態そのものに対して疑ってみることが必要です。生活者視点、顧客視点でサービスを含めた価値の提供にどのように技術で貢献できるかを考えると、“製造業”という発想は時代遅れなのかもしれません。
 サービスなどとのアライアンス・M&A戦略が必要となり、技術は価値の実現の一手段となります。価値を実現するには、自社でまかなえないものは外部から調達する必要が出てきます。
 そのような流れの中で「エコシステム」や「オープン・イノベーション」というキーワードを頻繁に聞くようになっていますが、具体的にどのようにすれば自社の強みを活かした戦略・ビジネスモデルは構想・実行できるでしょうか。実際には社外まかせであったり、社内の体制、スキルが不十分などの理由から、成功確率が極めて低いのが現状です。
 当セミナーでは、IoT関連の事例を紹介しながら、アライアンス・M&Aやエコスステムを活用した戦略発想・策定の成功のポイントを具体的に理解していただくことを目的とします。

  1. 生産財メーカーの戦略の基本的考え方の確認
    • 価値ー機能ー技術
    • 技術 – 製品 – 事業の1セット思考
    • 戦略策定・実行の基本的な流れとポイント
  2. アライアンス・M&Aとは
    • 事業戦略的視点でのアライアンス戦略の主なバリエーション
    • 契約の視点からのアライアンスの種類
    • 会社法のM&Aの手法の分類からみたアライアンス
    • アライアンスとM&Aとの違い
  3. アライアンス・M&Aを成功させるための3つのコンピタンス
    • アライアンスを成功させるための3つのコンピタンス
    • コンピタンス①:アライアンス戦略の『構想力』
    • コンピタンス②:アライアンス関係の『設計力』
    • コンピタンス③:アライアンス実行における『組織体制、リーダーシップ力』
    • ケース演習: ダイキン工業
  4. アライアンスの実践ステップ
    • ステップ1.戦略企画
    • ステップ2.打診、交渉
    • ステップ3.デューデリジェンス、事業計画
    • ステップ4.契約提携
    • ステップ5.実行準備、ポストアライアンス
    • ステップ6.アライアンス解消
  5. クロスボーダーM&Aのポイント ~PMIにおける成功要因~
    • 買収企業と被買収企業双方の同じ理解によるKPI設定
    • 本社サイドも参画したモニタリング
    • リスクを考慮した十分な経営資源の投入
    • プロジェクトにおける短期の戦略的成果の創出
  6. エコシステム戦略とは
    • エコシステム事例
    • アマゾン
    • ミシュラン
    • アーム
    • 三菱商事
    • マニラウオーター
    • ヘルスケアIoT
    • エコシステム戦略とは
    • 共生の理念をベースにした『グローバル・エコシステム』をつくるための3つのポイント
    • オープン&クローズ戦略の2つの切り口
    • 製品アーキテクチャからみたオープン&クローズ
    • エンジニアリングチェーンからみたオープン&クローズ
  7. エコシステム戦略の策定の流れ
    • ステップ1.戦略検討の範囲の選択
    • ステップ2.戦略仮説想定
    • ステップ3.事業環境分析
    • ステップ4.全体アーキテクチャ設計とビジネスモデル構想
    • ステップ5.市場・技術・事業のロードマップの想定
    • ステップ6.個別戦略の検討、実行計画の立案
  8. 参考資料
    • 異業種との創発型コンソーシアムの仕掛け方
    • エコシステム戦略の構想・実行を促進する組織インフラとは
    • 90日間で成果を出すブレークスループロジェクトとは ~個人と組織の思考と行動の変革~
    • 質疑応答

会場

京都リサーチパーク

1号館 4F 中会議室C

京都府 京都市 下京区中堂寺南町134
京都リサーチパークの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,300円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 22,500円(税別) / 24,300円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 48,600円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 72,900円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2019/7/22 体外診断用医薬品 (診断薬) の市場動向をふまえたマーケティング戦略 東京都
2019/7/23 研究開発部門等を対象としたパテントマップの基礎講座 東京都
2019/7/24 再生医療ビジネス及び周辺ビジネスの実際と参入戦略 東京都
2019/7/25 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方 東京都
2019/7/26 未来予測の思考法 東京都
2019/7/26 基礎から学ぶ 医薬品マーケティングミックス 東京都
2019/7/29 中堅製薬会社の生存戦略 ~ 取るべきビジネスモデルと狙うべきモダリティ戦略の考え方 東京都
2019/7/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編 + 実践編) 東京都
2019/7/30 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (基本理論編) 東京都
2019/7/31 研究開発部門が行うべきマーケティングの知識と活動 (実践編) 東京都
2019/8/5 IPランドスケープの取り組み事例と知財体制の構築 東京都
2019/8/7 新市場・技術の情報収集・分析と新規参入の見極め方 東京都
2019/8/8 医療機器の市場ニーズ調査・マーケティング手法がわかる一日演習セミナー 東京都
2019/8/21 長期的視点で高収益を実現するための「市場・製品・技術ロードマップ作成」 東京都
2019/8/22 メーカー向け宇宙関連事業参入へのビジネスチャンスと最新動向・今後の展望 東京都
2019/8/26 研究開発部門における「横串組織」の作り方、運用の仕方 東京都
2019/8/26 エコシステム&アライアンス・M&A戦略の構想・策定のポイント 東京都
2019/8/27 メーカー社員向け市場把握・将来予測のためのマーケティング手法 東京都
2019/8/29 革新的なテーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくり 東京都
2019/8/30 開発早期における説得力のある患者数・売上予測 東京都