技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

コンピュータバリデーション

中級編

コンピュータバリデーション

~テンプレートを利用したCSV & ER/ES文書の具体的な作成方法と例~
東京都 開催

以下、CSV関連セミナーとの同時申し込みで特別割引にて受講いただけます。

新ガイドライン対応のためのSOPや供給者監査チェックリストなど、サンプルを配布いたします。
e-Learning教材にて復習を行っていただけます。

概要

本セミナーでは、厚生労働省ER/ES指針・CSVへの具体的な実施方法、文書作成方法、査察対応の際の留意点について詳解いたします。

開催日

  • 2017年5月12日(金) 10時30分 16時30分

受講対象者

  • 製薬企業の品質部門、IT部門、管理者、実務担当者
  • 製薬関連のコンサルタント
  • IT企業の製薬関連部門 管理者、実務担当者
  • CSV 入門編を受講された方

修得知識

  • 具体的なCSV文書のサンプル
  • 適切かつ高効率な対応方法
  • CSV、ER/ES指針対応はどこまでやれば良いのか
  • CSV SOPの作成方法
  • バリデーション成果物の作成方法
  • ITシステムののバリデーションの実施方法

予備知識

  • CSVの基本的な知識

プログラム

CSVに関するセミナーや書籍は沢山ありますが、実際のCSVやER./ESの成果物の作成方法を解説したものはほとんどありません。
百聞は一見にしかずです。ぜひ具体的な文書の例を見て、CSV、ER/ES対応を体感してみてください。
本セミナーでは、実際のCSVやER/ES文書を開示しながら、成果物の作成方法とノウハウを徹底的に伝授いたします。
CSVやER/ESを実践してきた経験から、難解なGAMP 5をわかりやすく解説し、適切かつ高効率な対応方法を解説いたします。
これまで入門コースを受講された方にとって、次のステップアップとなる講座です。

  1. 成果物の種類と作成の留意点 計画書
    • 報告書
    • 仕様書
    • スクリプト
    • ログ
    • 文書IDについて
  2. 構想フェーズ
    • ユーザ要求仕様書 (URS) の書き方
  3. プロジェクトフェーズ
    1. 計画策定段階
      • リスクアセスメントについて
      • バリデーション計画書の書き方
    2. 仕様、構成設定、およびコーディング段階
      • 機能仕様書の書き方
      • トレーサビリティマトリックスの書き方
    3. 検証段階
      • テスト計画書の書き方
      • テストスクリプトの書き方
      • テスト報告書の書き方
    4. 報告とリリース段階
      • バリデーション報告書の書き方
  4. 運用フェーズ
    • 変更管理計画書の書き方
    • 障害管理計画書の書き方
    • セキュリティ管理手順書の書き方
    • 災害対策計画書の書き方
    • 業務継続計画書の書き方
  5. 査察対応の考え方
    • CSV SOPの書き方
    • ER/ES手順書の書き方
    • 電子記録の保存方法と査察対応の具体

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

会場

コンベンションホール AP浜松町

会議室C

東京都 港区 芝公園2-4-1 芝パークビルB館地下1F
コンベンションホール AP浜松町の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,750円 (税別) / 46,170円 (税込)
複数名
: 38,000円 (税別) / 41,040円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名様でお申込みの場合、1名あたり 38,000円(税別) / 41,040円(税込) で受講いただけます。
  • 3名様でお申込みの場合、1名あたり 35,000円(税別) / 37,800円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 42,750円(税別) / 46,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 76,000円(税別) / 82,080円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 105,000円(税別) / 113,400円(税込)
  • 同一法人内(グループ会社でも可)による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。
  • 他の割引は併用できません。

全2コース申込割引受講料について

  • 通常受講料 : 92,340円(税込) → 全2コース申込 割引受講料 61,560円(税込)
  • 通常受講料 : 85,500円(税別) → 全2コース申込 割引受講料 57,000円(税別)

2日間コースのお申込み

割引対象セミナー

本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/7/28 医薬品製造における一変申請・軽微変更基準/判断と一変申請資料作成時・照会事項対応のポイント 東京都
2017/7/28 非アルコール性脂肪性肝疾患 (NAFLD/NASH) の基礎・臨床と治療薬の開発 東京都
2017/7/28 製造所における逸脱/OOS対応とヒューマンエラー防止策 東京都
2017/7/28 失敗例~解決 (対処) 法で学ぶスケールアップ・ダウン実験・検討 東京都
2017/7/28 「原薬コスト削減・原価計算」「失敗例/解決 (対処) 法」 2日間コース 東京都
2017/7/28 米国規制システムとFDA査察の実践的対応方法 東京都
2017/7/28 医薬品開発における臨床薬理試験の計画作成と進め方 東京都
2017/7/28 治験のQC/QAとGCP実地調査/適合性書面調査対応のポイント 東京都
2017/7/28 関節リウマチの診断、薬剤選択の実状と求められる新薬像 東京都
2017/7/31 品質試験における記録書類 (生データ・実験ノート・ワークシート・電子データ) の 取扱い・まとめ方・保管とデータの信頼性確保 東京都
2017/7/31 リスクに基づくペストコントロールの実際とPIC/S・GMP/GDPをふまえた頻出査察/監査指摘事項 東京都
2017/7/31 開発期間中の取り扱いと申請資料へのまとめ方 東京都
2017/7/31 凍結乾燥製剤のスケールアップ技術とバリデーション実施のポイント 東京都
2017/7/31 バイオ医薬品のCTD-S 作成のポイント 東京都
2017/8/2 医薬品売上の成長曲線の予測とLCM 東京都
2017/8/2 産学連携を用いた医薬品開発の取り組みとプロジェクトマネジメント 東京都
2017/8/4 糖鎖付加技術によるバイオ医薬品の高活性化 東京都
2017/8/7 腎性貧血の新薬開発とEPO抵抗性の克服 東京都
2017/8/7 試験法の技術移転と分析法バリデーションのコツ 東京都
2017/8/9 CAPA (是正措置/予防措置) の実践 東京都