技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

PMDA要求「EDC管理シート」記載事例と手順書作成セミナー

PMDA要求「EDC管理シート」記載事例と手順書作成セミナー

~強化されるEDC査察への適切な対応方法と実例 / PMDAは管理シートで何をチェックしようとしているのか~
東京都 開催 会場 開催

開催日

  • 2013年4月22日(月) 10時30分 16時30分

修得知識

  • EDCを運用するために必要な体制と手順書
  • 「EDC管理シート」の記入方法
  • EDC導入の課題点と対応策
  • 治験と製販後試験でのEDCの違いとは
  • どのEDCを選択するべきか

プログラム

 EDCに関する査察は、2009年頃から開始されてきましたが、いよいよ本格的な査察が実施されることとなりました。PMDAは、2013年3月27日に「EDC管理シート」を発表いたしました。「EDC管理シート」は、EDCを使用した治験や製販後調査に適用されます。
 GCPやGPSPにおける書面調査の際には、「EDC管理シート」を記載しPMDAに提示することが求められます。「EDC管理シート」では、GCP (GPSP) 省令に準拠することはもとより、ER/ES指針に対応することが強く求められています。
 2012年の夏には、あるEDCシステムの不具合が発見され、再審査に支障をきたすというような事態も発生しました。 “いったい、EDCシステムはどれを選択すれば良いのでしょうか。”
またEDCシステムを導入する際の、ベンダーオーディットでは、何をどのように確認すればよいのでしょうか。
「EDC管理シート」では、多くの手順書の作成が求められています。

  • 治験情報の設定に関するバリデーションの実施に関する手順書
  • ユーザ管理/パスワード発行・管理のための手順書
  • システムへのアクセス権付与と無効化のための手順書
  • ID・パスワード利用のための手順書
  • セキュリティに関する教育訓練手順書
  • EDCの保存情報の修正に関する手順書 (治験実施中)
  • EDCの保存情報の修正に関する手順書 (治験終了後)
  • 監査証跡の閲覧のための手順書 (治験実施中)
  • 監査証跡の閲覧のための手順書 (治験終了後)
  • データのバックアップ及びリカバリー管理のための手順書 (治験実施中)
  • 症例報告書等及びデータのバックアップ及びリカバリー管理のための手順書 (治験終了後)
  • 治験終了後の保存方法に関する手順書
  • 電子署名に関するポリシー、ガイダンス
  • ID/パスワード利用のための手順書

 これらの手順書は、すでにEDCを運用してきた企業でも整備しておくことが必要です。
 本セミナーでは、手順書のサンプルを配布し、解説をいたします。

  1. 規制当局の査察について
    1. EDCを使用した治験・製販後試験の査察はこのように行われる
    2. 電子化における規制当局の懸念と電磁的記録に関する信頼性調査
    3. 査察事前チェック項目
  2. EDC導入の課題と留意点
    1. どのEDCを選択するべきか
    2. EDC導入・運用における体制について
    3. ベンダーオーディット実施のポイント
    4. バリデーション (CSV) 実施の留意点とポイント
    5. EDC導入によってモニタリングがどう変わるか
  3. 「EDC管理シート」の記入方法とポイント
  4. EDCを使用するために揃えておくべき手順書とその作成方法
    1. 治験情報の設定に関するバリデーションの実施に関する手順書
    2. ユーザ管理/パスワード発行・管理のための手順書
    3. システムへのアクセス権付与と無効化のための手順書
    4. ID・パスワード利用のための手順書
    5. セキュリティに関する教育訓練手順書
    6. EDCの保存情報の修正に関する手順書 (治験実施中)
    7. EDCの保存情報の修正に関する手順書 (治験終了後)
    8. 監査証跡の閲覧のための手順書 (治験実施中)
    9. 監査証跡の閲覧のための手順書 (治験終了後)
    10. データのバックアップ及びリカバリー管理のための手順書 (治験実施中)
    11. 症例報告書等及びデータのバックアップ及びリカバリー管理のための手順書 (治験終了後)
    12. 治験終了後の保存方法に関する手順書
    13. 電子署名に関するポリシー、ガイダンス
    14. ID/パスワード利用のための手順書
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 村山 浩一
    株式会社 イーコンプライアンス
    代表取締役

会場

機械振興会館

B3F-1

東京都 港区 芝公園3-5-8
機械振興会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 42,667円 (税別) / 44,800円 (税込)
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/9/28 ICH-Q12「ライフサイクルマネジメント」実践のためのQbDと変更管理の実施法 オンライン
2022/9/28 統計学が専門でない人向けのサンプルサイズ設定演習 オンライン
2022/9/28 分析法バリデーション入門講座 オンライン
2022/9/28 CMC試験における信頼性基準適用の考え方と生データの取扱い及びQC/QAの指摘事例 東京都 会場・オンライン
2022/9/28 GxP領域データの (完全) 電子化プロセスとデータインテグリティ対応 オンライン
2022/9/28 細胞培養の基礎と品質管理/品質評価の実践ノウハウ オンライン
2022/9/29 GDPに対応する温度・文書管理・バリデーションと輸送業者の管理 オンライン
2022/9/29 スプレッドシートの効率的CSVとデータインテグリティ管理 オンライン
2022/9/29 アジア各国及びアメリカ・ヨーロッパにおける治験・市販後のPV規制と安全性情報取り扱いのポイント オンライン
2022/9/29 無菌医薬品、滅菌医療機器のパラメトリックリリース オンライン
2022/9/30 アンメットニーズ・インサイト情報を活用した医薬品マーケティング戦略 オンライン
2022/9/30 わかりやすい言葉で理解するGMPの基礎 (改正対応) オンライン
2022/9/30 新規モダリティ (核酸医薬、遺伝子治療、細胞治療など) における事業性評価手法 オンライン
2022/9/30 GMP監査の手順・確認ポイント・監査スキル向上と過去の指摘事例をふまえた被監査シミュレーションの進め方 オンライン
2022/9/30 製薬企業におけるリアルワールド活用・課題・実例 「臨床開発・PV活用編」編 オンライン
2022/9/30 医薬品製造所の初任者がはじめに学ぶべきGMP基礎教育プログラム オンライン
2022/9/30 ICH M7ガイドラインに対応する医薬品不純物の構造類似性に着目した許容摂取量の検討 オンライン
2022/9/30 中国における医薬品薬事規制と承認申請にむけた中文メディカルライティング及び日中メディカル表現比較の基礎講座 オンライン
2022/9/30 ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発とスケールアップの留意点 オンライン
2022/9/30 費用対効果評価 (日本版HTA) の基礎と実践 オンライン

関連する出版物

発行年月
2013/1/28 造粒・打錠プロセスにおけるトラブル対策とスケールアップの進め方
2012/9/27 各国GMP要求の徹底比較・適合方法と査察対応
2012/8/24 3極規制要件をふまえたコンピュータ化システムのカテゴリ別CSV実践方法
2012/6/20 3極GMPに対応した設備適格性評価と保守・点検管理
2012/3/29 治験中 / 市販後における3極安全性情報の収集・報告・評価実務と相違
2012/3/13 超入門 GMP基礎セミナー
2012/3/5 育毛剤・発毛剤 技術開発実態分析調査報告書
2012/2/20 3極要求相違を踏まえたCMC申請資料作成と当局対応ノウハウ
2012/2/16 システムの適格性確認および回顧的バリデーションの具体的実施方法
2012/2/14 LIMS導入に関する導入の留意点セミナー
2012/2/9 厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応のための「回顧的バリデーション」および「リスクアセスメント」実施方法
2012/1/20 24年度診療報酬改定におけるDPC評価の全貌
2011/12/22 光学活性医薬品開発とキラルプロセス化学技術
2011/12/14 QCラボにおける厚生労働省「コンピュータ化システム適正管理GL」対応セミナー
2011/12/10 製薬大手5社 技術開発実態分析調査報告書
2011/11/29 注射剤・錠剤における外観目視検査と回収要否判断
2011/11/7 eCTD申請 「-ここまで身近になったeCTD申請-」
2011/9/1 厚労省ER/ES指針対応実施の手引き
2011/8/29 バイオ / 抗体医薬品・後続品におけるCMC研究・申請と同等性確保
2011/8/29 グローバルスタンダード対応のためのCSV実施方法