技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析(パテントマップ)から見た

画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書

~注目技術別動向予測シリーズ~
画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、「画像診断機器(放射線)」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書のCD-ROM版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「画像診断機器(放射線)」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
  • (1). どの画像診断機器(放射線)関連企業にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 各企業の技術開発動向はどのように推移して いるか、
  • (3). 最近10年間における関連技術の消長はどのようになっているか、
  • (4). 各企業間の連携状況はどのようになっているか、
  • (5). 直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
  • (6). 各企業がどの弁理士(特許事務所)を利用しているか、
    等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、「画像診断機器(放射線)」に関する最近10年余(国内公開日:2003年1月1日~2013年3月31日)に及ぶ公開特許について、特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 13,336 件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 上位20出願人比較分析
    • C. 上位5出願人個別分析
    • D. 特定2社比較分析(1位東芝G、2位富士フイルムG)
    • E. 上位20特許分類分析
    • F. 特定特許分類分析
    • G. キーワード分析 ※キーワード(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、 下記 1グループの 観点から分析を行った。
      • (1). 手段・装置系キーワード(撮影手段・装置、制御手段・装置など18個)
    • H. 直近2年間の動向分析(2011年3月~2013年2月)
    • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「画像診断機器(放射線)」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
  • 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編
  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移(年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移(年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング(上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング(上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード4C093の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード2G088の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-16. 出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-17. FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-20. 出願人別公開件数伸長率(件数差8件以上)
    • A-21. 発明者別公開件数伸長率(上位50、件数差25件以上)
    • A-22. FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-23. FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-24. Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差10件以上)
    • A-25. FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差10名以上)
    • A-26. FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差15名以上)
    • A-27. Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差20名以上)
  • B. 上位20出願人比較分析
    • B-1. 公開件数比較(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
    • B-2. 公開件数の推移(累計)
    • B-3. 共同出願人数の推移(累計)
    • B-4. 新規発明者数の推移(累計)
    • B-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
    • B-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
    • B-7. 新規Fターム分類数の推移(累計)
    • B-8. 新規キーワード数の推移(累計)
    • B-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • B-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • B-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
    • B-12. 上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
    • B-13. 手段・装置系キーワードとの公開件数相関
    • B-14. 手段・装置系キーワードとの発明者数相関
    • B-15. 公開件数占有率
    • B-16. 審査・権利状況
    • B-17. 公開件数の伸びと1位Fターム分類4C093AA22に関する構成率比較
    • B-18. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較
  • C. 上位5出願人個別分析
    • C-1-1. 【東芝G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-2. 【富士フイルムG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-3. 【日立G】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-4. 【コニカミノルタ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-5. 【キヤノン】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-1. 【東芝G】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-2. 【富士フイルムG】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-3. 【日立G】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-4. 【コニカミノルタ】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-5. 【キヤノン】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-3-1. 【東芝G】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-2. 【富士フイルムG】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-3. 【日立G】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-4. 【コニカミノルタ】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-5. 【キヤノン】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-1. 【東芝G】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-2. 【富士フイルムG】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-3. 【日立G】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-4. 【コニカミノルタ】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-5. 【キヤノン】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-5-1. 【東芝G】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-2. 【富士フイルムG】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-3. 【日立G】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-4. 【コニカミノルタ】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-5. 【キヤノン】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-6-1. 【東芝G】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-2. 【富士フイルムG】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-3. 【日立G】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-4. 【コニカミノルタ】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-5. 【キヤノン】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-7-1. 【東芝G】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-2. 【富士フイルムG】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-3. 【日立G】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-4. 【コニカミノルタ】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-7-5. 【キヤノン】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-8-1. 【東芝G】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-2. 【富士フイルムG】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-3. 【日立G】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-4. 【コニカミノルタ】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-5. 【キヤノン】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-9-1. 【東芝G】共同出願人との連携
    • C-9-2. 【富士フイルムG】共同出願人との連携
    • C-9-3. 【日立G】共同出願人との連携
    • C-9-4. 【コニカミノルタ】共同出願人との連携
    • C-9-5. 【キヤノン】共同出願人との連携
  • D. 特定2社比較分析(1位東芝G、2位富士フイルムG)
    • D-1. 2社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
    • D-2. 2社の東芝G上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-3. 2社の富士フイルムG上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-4. 2社の4C093AA(放射線診断機器>撮影システムの種別)のFターム分類別公開件数比較
    • D-5. 2社の4C093CA(放射線診断機器>目的)のFターム分類別公開件数比較
    • D-6. 2社のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-7. 2社のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-8. 東芝Gの公開件数伸び変遷
    • D-9. 富士フイルムGの公開件数伸び変遷
    • D-10. 2社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
    • D-11. Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)
  • E. 上位20特許分類分析
    • E-1. FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2003年~2007年VS 2008年~2012年)
    • E-2. FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2003年~2007年VS 2008年~2012年)
    • E-3. Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2003年~2007年VS 2008年~2012年)
    • E-4. FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-5. FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-6. Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-7. FIメイングループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-8. FIサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-9. Fターム分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-10. FIメイングループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-11. FIサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-12. Fターム分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-13. FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-14. FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-15. Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
  • F. 特定特許分類分析
    • F-1. 特定特許分類分析(1)
      • F-1-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
      • F-1-2. 特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
      • F-1-3. 特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
      • F-1-4. 特定Fターム分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
      • F-1-5. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移(年次)
      • F-1-6. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移(年次)
      • F-1-7. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移(累計)
      • F-1-8. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移(累計)
      • F-1-9. 特定FIサブグループ分類A61B6/00の公開件数伸長率変遷
      • F-1-10. 特定FIサブグループ分類A61B6/03の公開件数伸長率変遷
      • F-1-11. 特定Fターム分類4C093AA22の公開件数伸長率変遷
      • F-1-12. 特定Fターム分類4C093CA18の公開件数伸長率変遷
      • F-1-13. 特定FIサブグループ分類A61B6/00の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-14. 特定FIサブグループ分類A61B6/03の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-15. 特定Fターム分類4C093AA22の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-16. 特定Fターム分類4C093CA18の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-2. 特定特許分類分析(2)
      • F-2-1. 特定Fターム分類4C093AA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-2. 特定Fターム分類4C093BA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-3. 特定Fターム分類4C093CA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-4. 特定Fターム分類4C093DA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-5. 特定Fターム分類4C093AA関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-6. 特定Fターム分類4C093BA関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-7. 特定Fターム分類4C093CA関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-8. 特定Fターム分類4C093DA関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-9. 特定Fターム分類4C093AA関連と4C093BA関連との公開件数相関
      • F-2-10. 特定Fターム分類4C093AA関連と4C09CA関連との公開件数相関
      • F-2-11. 特定Fターム分類4C093AA関連と4C093DA関連との公開件数相関
      • F-2-12. 特定Fターム分類4C093BA関連と4C093CA関連との公開件数相関
      • F-2-13. 特定Fターム分類4C093BA関連と4C093DA関連との公開件数相関
      • F-2-14. 特定Fターム分類4C093CA関連と4C093DA関連との公開件数相関
      • F-2-15. 特定Fターム分類4C093AA関連と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-16. 特定Fターム分類4C093BA関連と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-17. 特定Fターム分類4C093CA関連と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-18. 特定Fターム分類4C093DA関連と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-19. 特定Fターム分類4C093AA関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-20. 特定Fターム分類4C093BA関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-21. 特定Fターム分類4C093CA関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-22. 特定Fターム分類4C093DA関連の公開件数伸長率変遷
  • G. キーワード分析
    • G-1. キーワード別公開件数ランキング(上位100)
    • G-2. キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数10件以上)
    • G-3. キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差25件以上)
    • G-4. 手段・装置系キーワードの公開件数の推移(年次)と比率
    • G-5. 手段・装置系キーワードの出願人数の推移(累計)
    • G-6. 手段・装置系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
    • G-7. 手段・装置系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
  • H. 直近2年間の動向分析(2011年4月~2013年3月)
    • H-1. 出願人別公開件数ランキング(上位20)
    • H-2. 出願人別公開件数占有率(上位20)
    • H-3. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-4. FIサブグループ分類1位A61B6/00と他分類との相関(上位20)
    • H-5. Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-6. Fターム分類1位4C093EB17と他分類との相関(上位20)
    • H-7. 上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • H-8. 上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関
  • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • I-1. 弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
    • I-2. 弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
    • I-3. 上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • I-4. 上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関
2. パテントチャート編
  • (1). 浜松ホトニクスの時系列チャート分析(2007年~2013年3月)
  • (2). 朝日レントゲン工業の時系列チャート分析(2007年~2013年3月)
  • (3). 浜松ホトニクスの上位2FIサブグループ分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2007年~2013年3月)
  • (4). 朝日レントゲン工業の上位2FIサブグループ分類と上位2発明者のマトリクスチャート分析(2007年~2013年3月)
3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : 出願人グループ化リスト
  • 資料3 : 日立Gの2003年~2013年3月における全公報133件の審査権利状況リスト
  • 資料4 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 237ページ

ISBNコード

ISBN978-4-86483-230-4

発行年月

2013年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

52,500円 (税別) / 56,700円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 86,700円 (通常価格 113,400円) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/11/19 アジア/ASEAN申請に向けたACTD作成/各国特有の要求事項と参照国データからの申請の考察/変更管理対応 東京都
2018/11/19 日本版GDPガイドラインをふまえた倉庫・保管・輸送管理と温度管理基準/品質確保 東京都
2018/11/19 原薬製造におけるGMP省令改正とこれからの医薬品品質システム要件化への対応 東京都
2018/11/19 PIC/Sガイドラインを踏まえたGDP監査事例と文書管理のポイント 東京都
2018/11/19 初めてのELISA 超入門講座 東京都
2018/11/20 (非無菌・無菌) 環境モニタリングにおけるポイント設定根拠・手順・SOP記載とアラート・アクションレベル設定の妥当性 東京都
2018/11/20 体外診断用医薬品/機器の市場動向と開発・薬事戦略 基礎講座 東京都
2018/11/20 動物用医薬品開発のための承認申請のポイントと再審査申請及び当局対応 東京都
2018/11/21 医薬品原薬製造プロセス設計のための各単位操作の考え方とスケールアップの進め方 東京都
2018/11/21 QMS省令改正のポイントと対応方法 東京都
2018/11/21 医療機器開発のための承認 (認証) 申請書・添付資料作成のポイント 東京都
2018/11/21 医薬品工場における空調バリデーションと維持・管理のポイント 東京都
2018/11/22 造粒・打錠プロセスの基礎とトラブル対策 東京都
2018/11/22 CMC申請 (新薬/GE) 資料と一変申請/軽微変更届作成のポイント 東京都
2018/11/22 製品品質照査/データ収集と報告書作成のポイント 東京都
2018/11/27 GMP入門講座 東京都
2018/11/27 バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去 東京都
2018/11/27 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の研究開発と今後の展望 東京都
2018/11/27 高薬理活性医薬品製造における封じ込め技術とリスクアセスメント 東京都
2018/11/27 医薬品マーケティング入門講座 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/30 コンタクトレンズ〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/5/30 コンタクトレンズ用洗浄・殺菌消毒剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)