技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)

特許情報分析(パテントマップ)から見た

コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)

~テーマ別動向予測シリーズ~
コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)の画像

概要

本調査報告書は、「コンタクトレンズ用装着点眼剤」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書の書籍版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「コンタクトレンズ用装着点眼剤」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
  • (1). どのコンタクトレンズ用装着点眼剤関連企業にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 各企業の技術開発動向はどのように推移しているか、
  • (3). 最近10年余における関連技術の消長はどのようになっているか、
  • (4). 各企業間の連携状況はどのようになっているか、
  • (5). 直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
  • (6). この分野に強い弁理士(特許事務所)と企業の利用状況はどうか、
    等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、「コンタクトレンズ用装着点眼剤」に関する最近10年余(国内公開日:2004年1月1日~2014年4月30日)に及ぶ公開特許について、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 674 件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 上位20出願人比較分析
    • C. 上位5出願人個別分析
    • D. 特定3社比較分析(1位ロート製薬、2位ライオンおよび3位ノバルティスG)
    • E. 上位20特許分類分析
    • F. 特定特許分類分析
    • G. キーワード分析
    • H. 直近2年間の動向分析(2012年5月~2014年4月)
    • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「コンタクトレンズ用装着点眼剤」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
  • 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編
  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移(年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移(年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング(上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング(上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード4C076の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード4C086の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-16. 出願人別参入・撤退状況(最近18、公開件数5件以上)
    • A-17. FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-20. 出願人別公開件数伸長率(件数差2件以上)
    • A-21. 発明者別公開件数伸長率(件数差4件以上)
    • A-22. FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差3件以上)
    • A-23. FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-24. Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差6件以上)
    • A-25. FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差7名以上)
    • A-26. FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差13名以上)
    • A-27. Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差15名以上)
  • B. 上位20出願人比較分析
    • B-1. 公開件数比較(期間着目:2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • B-2. 公開件数の推移(累計)
    • B-3. 共同出願人数の推移(累計)
    • B-4. 新規発明者数の推移(累計)
    • B-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
    • B-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
    • B-7. 新規Fターム分類数の推移(累計)
    • B-8. 新規キーワード数の推移(累計)
    • B-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • B-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • B-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
    • B-12. 上位2Fタームテーマコード分類における公開件数比較
    • B-13. 公開件数占有率
    • B-14. 審査・権利状況
    • B-15. 公開件数の伸びと1位Fターム分類4C076BB24に関する構成率比較
    • B-16. 発明者数*FIサブグループ分類数の比較
  • C. 上位5出願人個別分析
    • C-1-1. 【ロート製薬】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-2. 【ライオン】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-3. 【ノバルティスG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-4. 【メニコンG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-5. 【参天製薬】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-1. 【ロート製薬】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-2. 【ライオン】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-3. 【ノバルティスG】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-4. 【メニコンG】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-5. 【参天製薬】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-3-1. 【ロート製薬】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-2. 【ライオン】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-3. 【ノバルティスG】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-4. 【メニコンG】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-5. 【参天製薬】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-1. 【ロート製薬】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-2. 【ライオン】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-3. 【ノバルティスG】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-4. 【メニコンG】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-5. 【参天製薬】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-5-1. 【ロート製薬】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-2. 【ライオン】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-3. 【ノバルティスG】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-4. 【メニコンG】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-5. 【参天製薬】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-6-1. 【ロート製薬】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-2. 【ライオン】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-3. 【ノバルティスG】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-4. 【メニコンG】キーワード別出現・消失状況(最近32、公開件数5件以上)
    • C-6-5. 【参天製薬】キーワード別出現・消失状況(最近25、公開件数5件以上)
    • C-7-1. 【ロート製薬】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • C-7-2. 【ライオン】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-3. 【ノバルティスG】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-4. 【メニコンG】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-5. 【参天製薬】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-8-1. 【ロート製薬】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-2. 【ライオン】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-3. 【ノバルティスG】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-4. 【メニコンG】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-5. 【参天製薬】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-9-1. 【ロート製薬】共同出願人との連携
    • C-9-2. 【ライオン】共同出願人:0人
    • C-9-3. 【ノバルティスG】共同出願人:0人
    • C-9-4. 【メニコンG】共同出願人との連携
    • C-9-5. 【参天製薬】共同出願人との連携
  • D. 特定3社比較分析(1位ロート製薬、2位ライオンおよび3位ノバルティスG)
    • D-1. 3社の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
    • D-2. 3社のロート製薬上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-3. 3社のライオン上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-4. 3社のノバルティスG上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
    • D-5. 3社の4C076AA(医薬品製剤>形態)のFターム分類別公開件数比較
    • D-6. 3社の4C076BB(医薬品製剤>適用部位)のFターム分類別公開件数比較
    • D-7. 3社の4C076CC(医薬品製剤>医療活性成分)のFターム分類別公開件数比較
    • D-8. 3社のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-9. 3社のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
    • D-10. ロート製薬の公開件数伸び変遷
    • D-11. ライオンの公開件数伸び変遷
    • D-12. ノバルティスGの公開件数伸び変遷
    • D-13. 3社とFターム分類(上位20)との公開件数相関
    • D-14. Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)
  • E. 上位20特許分類分析
    • E-1. FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • E-2. FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • E-3. Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2004年~2008年 VS 2009年~2013年)
    • E-4. FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-5. FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-6. Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-7. FIメイングループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-8. FIサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-9. Fターム分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-10. FIメイングループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-11. FIサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-12. Fターム分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-13. FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-14. FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-15. Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
  • F. 特定特許分類分析
    • F-1. 特定特許分類分析(1)
      • F-1-1. 特定FIサブグループ分類の公開件数の推移(年次)
      • F-1-2. 特定FIサブグループ分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
      • F-1-3. 特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
      • F-1-4. 特定Fターム分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
      • F-1-5. 特定FIサブグループ分類の新規出願人数の推移(年次)
      • F-1-6. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移(年次)
      • F-1-7. 特定FIサブグループ分類の新規発明者数の推移(累計)
      • F-1-8. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移(累計)
      • F-1-9. 特定FIサブグループ分類A61P27/02の公開件数伸長率変遷
      • F-1-10. 特定FIサブグループ分類A61K9/08の公開件数伸長率変遷
      • F-1-11. 特定Fターム分類4C076BB24の公開件数伸長率変遷
      • F-1-12. 特定Fターム分類4C086ZA33の公開件数伸長率変遷
      • F-1-13. 特定FIサブグループ分類A61P27/02の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-14. 特定FIサブグループ分類A61K9/08の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-15. 特定Fターム分類4C076BB24の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-1-16. 特定Fターム分類4C086ZA33の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-2. 特定特許分類分析(2)
      • F-2-1. 特定Fターム分類4C076AA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-2. 特定Fターム分類4C076CC関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-3. 特定Fターム分類4C086MA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-4. 特定Fターム分類4C086NA関連の出願人別公開件数ランキング(上位50)
      • F-2-5. 特定Fターム分類4C076AA関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-6. 特定Fターム分類4C076CC関連の公開件数グロスランキング
      • F-2-7. 特定Fターム分類4C086MA関連の公開件数グロスランキング(上位20)
      • F-2-8. 特定Fターム分類4C086NA関連の公開件数グロスランキング
      • F-2-9. 特定Fターム分類4C076AA関連の公開件数の推移(上位40、年次)
      • F-2-10. 特定Fターム分類4C076CC関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-11. 特定Fターム分類4C086MA関連の公開件数の推移(上位40、年次)
      • F-2-12. 特定Fターム分類4C086NA関連の公開件数の推移(年次)
      • F-2-13. 特定Fターム分類4C076AA関連(上位20)と4C076CC関連との公開件数相関
      • F-2-14. 特定Fターム分類4C076AA関連(上位20)と4C086MA関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-15. 特定Fターム分類4C076AA関連(上位20)と4C086NA関連との公開件数相関
      • F-2-16. 特定Fターム分類4C076CC関連と4C086MA関連(上位20)との公開件数相関
      • F-2-17. 特定Fターム分類4C076CC関連と4C086NA関連との公開件数相関
      • F-2-18. 特定Fターム分類4C086MA関連(上位20)と4C086NA関連との公開件数相関
      • F-2-19. 特定Fターム分類4C076AA関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-20. 特定Fターム分類4C076CC関連と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-21. 特定Fターム分類4C086MA関連(上位20)と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-22. 特定Fターム分類4C086NA関連と上位20出願人との公開件数相関
      • F-2-23. 特定Fターム分類4C076AA関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-24. 特定Fターム分類4C076CC関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-25. 特定Fターム分類4C086MA関連の公開件数伸長率変遷
      • F-2-26. 特定Fターム分類4C086NA関連の公開件数伸長率変遷
  • G. キーワード分析
    • G-1. キーワード別公開件数ランキング(上位100)
    • G-2. キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数10件以上)
    • G-3. キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差10件以上)
  • H. 直近2年間の動向分析(2012年5月~2014年4月)
    • H-1. 出願人別公開件数ランキング(上位20)
    • H-2. 出願人別公開件数占有率(上位20)
    • H-3. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-4. FIサブグループ分類1位A61P27/02と他分類との相関(上位20)
    • H-5. Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-6. Fターム分類1位4C076BB24と他分類との相関(上位20)
    • H-7. 上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • H-8. 上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関
  • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • I-1. 弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
    • I-2. 弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40、年次)
    • I-3. 上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • I-4. 上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関
2. パテントチャート編
  • (1). 千寿製薬の時系列チャート分析(2004年~2014年4月)
  • (2). ボシュアンドロムの時系列チャート分析(2004年~2014年4月)
  • (3). 千寿製薬の上位3Fタームテーマコード分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年4月)
  • (4). ボシュアンドロムの上位3Fタームテーマコード分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2004年~2014年4月)
  • (5). 千寿製薬のFタームテーマコード4C076の技術分類マトリクスチャート
  • (6). 安藝博(千寿製薬)の公報3件のサイテーションマップ
3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人グループ化リスト
  • 資料2 : ロート製薬の2004年~2014年4月における全公報211件の審査権利状況リスト
  • 資料3 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

CD-ROM (PDF版書籍、Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 243ページ

ISBNコード

978-4-86483-378-3

発行年月

2014年6月

販売元

tech-seminar.jp

価格

55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 89,400円(税込) (通常価格 118,800円 税込) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/9/25 スケールアップ 「失敗例/解決(対処)法」「原薬コスト削減・原価計算」 コース (2日間) 東京都
2018/9/25 原薬を変更する際の留意点と同等性評価のポイント 東京都
2018/9/25 スケールアップ・ダウンのための実験データのとり方・検討と失敗例/解決 (対処) 法 東京都
2018/9/25 ICH Q1Eに準拠した安定性試験結果の統計解析による有効期間の推定方法 東京都
2018/9/25 合理的なスプレッドシートのバリデーション・管理/運用とデータインテグリティ対応 東京都
2018/9/25 ドラッグリポジショニング/創薬にむけた有害事象ビッグデータの取り扱いとドライ解析からウェット実証に至るまでのポイント 東京都
2018/9/26 スプレッドシートのバリデーションとデータインテグリティ対応 東京都
2018/9/26 オーファンドラッグ (希少疾病用医薬品) の開発・臨床試験のポイント 東京都
2018/9/26 海外導入品におけるCMC申請資料作成、データの取り扱い、審査時の対応に関する留意点 東京都
2018/9/26 非臨床試験における信頼性確保の基礎と実践 東京都
2018/9/26 バイオ医薬品/再生医療等製品の申請における生物由来原料基準の要件とその対応 東京都
2018/9/27 費用対効果分析 (HTA) 習得セミナー 東京都
2018/9/27 日本人によくみられる「傾向や誤り」をふまえた英文メディカルライティング入門 東京都
2018/9/27 FDA査察対応セミナー 東京都
2018/9/27 医薬品開発における臨床薬理試験の計画作成と進め方 東京都
2018/9/28 eCTD形式義務化 (EU/FDA) 後のDMF申請と維持管理 東京都
2018/9/28 再生医療等製品の開発/承認審査対応のポイント 東京都
2018/9/28 効果的な洗浄バリデーションのポイントと査察対応 東京都
2018/9/28 医薬品における受入れ試験、サンプリング・計数抜取検査 東京都
2018/9/28 データインテグリティSOP作成セミナー 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/11/15 医薬品メーカ20社〔米国特許版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/6/10 コンタクトレンズ用装着点眼剤 技術開発実態分析調査報告書
2013/9/27 医薬品包装・容器の材料要求特性と3極局方の品質基準・試験法
2013/9/2 原薬・中間体製造プロセスにおける課題と対策
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書
2013/6/1 画像診断機器(放射線) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/31 在宅でのCDTM(共同薬物治療管理)の実践と薬局・薬剤師の次世代モデル
2013/5/30 新薬開発にむけた臨床試験(第I~III相臨床試験)での適切な投与量設定と有効性/安全性評価
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2013/5/20 ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/3/17 ICH QトリオとQ11導入・実践・継続への取組み
2013/2/27 リスクマネジメント・CAPA(是正措置・予防措置)導入手引書
2013/2/5 放射線医療(癌診断・治療) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)