技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書

特許情報分析(パテントマップ)から見た

ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書

~テーマ別動向予測シリーズ~
ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書の画像

概要

本調査報告書は、「ドラッグデリバリーシステム」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
ドラッグデリバリーシステム 技術開発実態分析調査報告書のCD-ROM版 もご用意しております。

ご案内

1. 調査目的

「ドラッグデリバリーシステム」に関する公開件数、出願人(共同出願人)、発明者、特許分類、キーワードなどに対し、ランキング、時系列推移、技術分布図など様々な観点から分析したパテントマップおよび、パテントチャートを作成し、
  • (1). どのドラッグデリバリーシステム関連企業にどのような技術の公開があるか、
  • (2). 各企業の技術開発動向はどのように推移して いるか、
  • (3). 最近10年間における関連技術の消長はどのようになっているか、
  • (4). 各企業間の連携状況はどのようになっているか、
  • (5). 直近2年間における企業及び技術の注目すべき動向は何か、
  • (6). 各企業がどの弁理士(特許事務所)を利用しているか、
    等を明確にして、知財の現状に付き具体的データを提供し、今後の開発の指針決定に役立てようとするものである。

2. 特許情報の収集方法

本調査報告書は、「ドラッグデリバリーシステム」に関する最近10年余(国内公開日:2003年1月1日~2013年2月28日)に及ぶ公開特許について、特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立システムズ 製)を使用し、検索、収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。 特許情報公報の総数は 6,083 件 である。

3. 報告書の構成

本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
  • 1. パテントマップ編
    • A. 全般分析
    • B. 上位20出願人比較分析
    • C. 上位5出願人個別分析
    • D. 特定出願人比較分析
      • D-1. 特定2出願人比較分析(1位ノヴァルティス、3位アルザ)
      • D-2. 特定3出願人比較分析(2位ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア、4位科学技術振興機構、5位産業技術総合研究所)
    • E. 上位20特許分類分析
    • F. 特定特許分類分析
    • G. キーワード分析(発明の名称、要約、請求の範囲から抽出)においては、下記3グループの観点から分析を行った。
      • (1). デリバリー種類系キーワード(プロドラッグ、徐放性製剤2個)
      • (2). デリバリー経路系キーワード(経皮など17個)
      • (3). 目的・効果系キーワード(徐放性など14個)
    • H. 直近2年間の動向分析(2011年3月~2013年2月)
    • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
  • 2. パテントチャート編
  • 3. 総括コメント

4. 本報告書の特徴

  • 「ドラッグデリバリーシステム」に関する最近10年余、さらには直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
  • 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
  • パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい

パテントマップ実例、および本文中の実際のページ例


目次

はじめに

調査分析結果

1. パテントマップ編
  • A. 全般分析
    • A-1. 全体の技術開発ライフサイクル
    • A-2. 公開件数の推移(年次と累計)
    • A-3. 出願人数の推移(年次と累計)
    • A-4. 新規発明者数の推移(年次と累計)
    • A-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(年次と累計)
    • A-7. 新規Fターム分類数の推移(年次と累計)
    • A-8. 出願人別公開件数ランキング(上位100)
    • A-9. 発明者別公開件数ランキング(上位50)
    • A-10. FIメイングループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-11. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-12. Fタームテーマコード分類別公開件数ランキング(上位50)
    • A-13. Fターム分類別公開件数ランキング(上位100)
    • A-14. 1位Fタームテーマコード(4C076)の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-15. 2位Fタームテーマコード(4C084)の技術分類別件数(観点×数字)
    • A-16. 出願人別参入・撤退状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-17. FIメイングループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-18. FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-19. Fターム分類別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • A-20. 出願人別公開件数伸長率(件数差5件以上)
    • A-21. 発明者別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-22. FIメイングループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-23. FIサブグループ分類別公開件数伸長率(上位50、件数差5件以上)
    • A-24. Fターム分類別公開件数伸長率(上位50、件数差6件以上)
    • A-25. FIメイングループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差8名以上)
    • A-26. FIサブグループ分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差15名以上)
    • A-27. Fターム分類別発明者数伸長率(上位50、発明者数差20名以上)
  • B. 上位20出願人比較分析
    • B-1. 公開件数比較(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
    • B-2. 公開件数の推移(累計)
    • B-3. 共同出願人数の推移(累計)
    • B-4. 新規発明者数の推移(累計)
    • B-5. 新規FIメイングループ分類数の推移(累計)
    • B-6. 新規FIサブグループ分類数の推移(累計)
    • B-7. 新規Fターム分類数の推移(累計)
    • B-8. 新規キーワード数の推移(累計)
    • B-9. 上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • B-10. 上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • B-11. 上位20Fターム分類との公開件数相関
    • B-12. 上位2Fターム分類における公開件数比較
    • B-13. デリバリー種類系キーワードとの公開件数相関
    • B-14. デリバリー経路系キーワードとの公開件数相関
    • B-15. 目的・効果系キーワードとの公開件数相関
    • B-16. デリバリー種類系キーワードとの発明者数相関
    • B-17. デリバリー経路系キーワードとの発明者数相関
    • B-18. 目的・効果系キーワードとの発明者数相関
    • B-19. 公開件数占有率
    • B-20. 審査・権利状況(上位10)
    • B-21. 公開件数の伸びと1位Fターム分類4C076AA95に関する構成率比較
    • B-22. 発明者数*Fターム分類数の比較
  • C. 上位5出願人個別分析
    • C-1-1. 【ノヴァルティスG】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-3. 【アルザ】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-4. 【科学技術振興機構】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-1-5. 【産業技術総合研究所】FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-1. 【ノヴァルティスG】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-3. 【アルザ】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-4. 【科学技術振興機構】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-2-5. 【産業技術総合研究所】Fターム分類別公開件数ランキング(上位50)
    • C-3-1. 【ノヴァルティスG】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-3. 【アルザ】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-4. 【科学技術振興機構】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-3-5. 【産業技術総合研究所】FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-1. 【ノヴァルティスG】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-3. 【アルザ】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-4. 【科学技術振興機構】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-4-5. 【産業技術総合研究所】Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • C-5-1. 【ノヴァルティスG】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-3. 【アルザ】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-4. 【科学技術振興機構】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-5-5. 【産業技術総合研究所】FIサブグループ分類別出現・消失状況(最近40)
    • C-6-1. 【ノヴァルティスG】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-3. 【アルザ】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-4. 【科学技術振興機構】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-6-5. 【産業技術総合研究所】キーワード別出現・消失状況(最近40、公開件数5件以上)
    • C-7-1. 【ノヴァルティスG】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-3. 【アルザ】独自FIサブグループ分類 0個
    • C-7-4. 【科学技術振興機構】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-7-5. 【産業技術総合研究所】独自FIサブグループ分類別公開件数ランキング
    • C-8-1. 【ノヴァルティスG】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-3. 【アルザ】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-4. 【科学技術振興機構】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-8-5. 【産業技術総合研究所】独自キーワード別公開件数ランキング(上位50)
    • C-9-1. 【ノヴァルティスG】共同出願人との連携
    • C-9-2. 【ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア】共同出願人との連携
    • C-9-3. 【アルザ】共同出願人との連携
    • C-9-4. 【科学技術振興機構】共同出願人との連携
    • C-9-5. 【産業技術総合研究所】共同出願人との連携(上位20)
  • D. 特定出願人比較分析
    • D-1. 特定2出願人比較分析(1位ノヴァルティス、3位アルザ)
      • D-1-1. 2出願人の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
      • D-1-2. 2出願人のノヴァルティスG上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • D-1-3. 2出願人のアルザ上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • D-1-4. 2出願人の4C076AA(医薬品製剤>形態)のFターム分類別公開件数ランキング
      • D-1-5. 2出願人の4C084NA(蛋白脂質酵素含有医薬:その他の医薬>化合物自体または配合、製剤化の目的・効果)のFターム分類別公開件数ランキング
      • D-1-6. 2出願人の4C086MA(他の有機化合物及び無機化合物含有医薬>配合剤,剤型,適用部位)のFターム分類別公開件数ランキング
      • D-1-7. 2出願人のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
      • D-1-8. 2出願人のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
      • D-1-9. ノヴァルティスGの公開件数伸び変遷
      • D-1-10. アルザの公開件数伸び変遷
      • D-1-11. 2出願人とFターム分類(上位20)との公開件数相関
      • D-1-12. Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)
    • D-2. 特定3出願人比較分析(2位ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア、4位科学技術振興機構、5位産業技術総合研究所)
      • D-2-1. 3出願人の上位10FIサブグループ分類別公開件数の推移(年次)
      • D-2-2. 3出願人のザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニア上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • D-2-3. 3出願人の科学技術振興機構上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • D-2-4. 3出願人の産業技術総合研究所上位10FIサブグループ分類別公開件数比較
      • D-2-5. 3出願人の4C076AA(医薬品製剤>形態)のFターム分類別公開件数ランキング
      • D-2-6. 3出願人の4C084NA(蛋白脂質酵素含有医薬:その他の医薬>化合物自体または配合、製剤化の目的・効果)のFターム分類別公開件数ランキング
      • D-2-7. 3出願人の4C086MA(他の有機化合物及び無機化合物含有医薬>配合剤,剤型,適用部位)のFターム分類別公開件数ランキング
      • D-2-8. 3出願人のFIサブグループ分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
      • D-2-9. 3出願人のFターム分類別出現・消失状況(公開件数上位20)
      • D-2-10. ザリージェンツオブザUNIVオブカリフォルニアの公開件数伸び変遷
      • D-2-11. 科学技術振興機構の公開件数伸び変遷
      • D-2-12. 産業技術総合研究所の公開件数伸び変遷
      • D-2-13. 3出願人とFターム分類(上位20)との公開件数相関
      • D-2-14. Fターム分類別公開件数グロスランキング(上位10)
  • E. 上位20特許分類分析
    • E-1. FIメイングループ分類別公開件数比較(上位20)(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
    • E-2. FIサブグループ分類別公開件数比較(上位20)(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
    • E-3. Fターム分類別公開件数比較(上位20)(2003年~2007年 VS 2008年~2012年)
    • E-4. FIメイングループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-5. FIサブグループ分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-6. Fターム分類別公開件数の推移(上位20、累計)
    • E-7. FIメイングループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-8. FIサブグループ分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-9. Fターム分類別出願人数の推移(上位20、年次)
    • E-10. FIメイングループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-11. FIサブグループ分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-12. Fターム分類別発明者数の推移(上位20、年次)
    • E-13. FIメイングループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-14. FIサブグループ分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
    • E-15. Fターム分類別公開件数占有率(公開件数上位20)
  • F. 特定特許分類分析
    • F-1. 特定Fターム分類の公開件数の推移(年次)
    • F-2. 特定Fターム分類の上位20出願人別公開件数の推移(年次)
    • F-3. 特定Fターム分類の新規出願人数の推移(年次)
    • F-4. 特定Fターム分類の新規発明者数の推移(累計)
    • F-5. 特定Fターム分類4C076AA95の公開件数伸長率変遷
    • F-6. 特定Fターム分類4C084NA13の公開件数伸長率変遷
    • F-7. 特定Fターム分類4C086NA13の公開件数伸長率変遷
    • F-8. 特定Fターム分類4C076AA95の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-9. 特定Fターム分類4C084NA13の出願人別公開件数ランキング(上位50)
    • F-10. 特定Fターム分類4C086NA13の出願人別公開件数ランキング(上位50)
  • G. キーワード分析
    • G-1. キーワード別公開件数ランキング(上位100)
    • G-2. キーワード別出現・消失状況(最近80、公開件数5件以上)
    • G-3. キーワード別公開件数の伸長率(上位50、件数差10件以上)
    • G-4. デリバリー種類系キーワードの公開件数の推移(年次)と比率
    • G-5. デリバリー経路系キーワードの公開件数の推移(年次)と比率
    • G-6. 目的・効果系キーワードの公開件数の推移(年次)と比率
    • G-7. デリバリー種類系キーワードの出願人数の推移(累計)
    • G-8. デリバリー経路系キーワードの出願人数の推移(累計)
    • G-9. 目的・効果系キーワードの出願人数の推移(累計)
    • G-10. デリバリー種類系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
    • G-11. デリバリー経路系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
    • G-12. 目的・効果系キーワードの新規発明者数の推移(累計)
    • G-13. デリバリー種類系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • G-14. デリバリー経路系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • G-15. 目的・効果系キーワードの公開件数の伸びと構成率比較
    • G-16. デリバリー種類系キーワードとデリバリー経路系キーワードの公開件数相関
    • G-17. デリバリー種類系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関
    • G-18. デリバリー経路系キーワードと目的・効果系キーワードの公開件数相関
  • H. 直近2年間の動向分析(2010年3月~2013年2月)
    • H-1. 出願人別公開件数ランキング(上位20)
    • H-2. 出願人別公開件数占有率(上位20)
    • H-3. FIサブグループ分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-4. FIサブグループ分類1位A61P35/00と他分類との相関(上位20)
    • H-5. Fターム分類別公開件数ランキング(上位20)
    • H-6. Fターム分類1位4C076AA95と他分類との相関(上位20)
    • H-7. 上位20出願人と上位20FIサブグループ分類との公開件数相関
    • H-8. 上位20出願人と上位20Fターム分類との公開件数相関
  • I. 弁理士(特許事務所)の動向分析
    • I-1. 弁理士(特許事務所)別公開件数ランキング(上位40)
    • I-2. 上位40弁理士(特許事務所)別公開件数の推移
    • I-3. 上位40弁理士(特許事務所)と上位20FIメイングループ分類との公開件数相関
    • I-4. 上位40弁理士(特許事務所)と上位40出願人との公開件数相関
2. パテントチャート編
  • (1). 出願人別公開件数ランキング9位富士フィルムGの時系列チャート分析(2003~2013年2月)
  • (2). 出願人別公開件数ランキング19位テルモの時系列チャート分析(2003~2013年2月)
  • (3). 出願人別公開件数ランキング9位富士フィルムGの上位2FIサブグループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2003~2013年2月)
  • (4). 出願人別公開件数ランキング19位テルモの上位2FIサブグループ分類と上位3発明者のマトリクスチャート分析(2003~2013年2月)
3. 総括コメント

参考資料

  • 資料1 : 出願人統合リスト
  • 資料2 : 出願人グループ化リスト
  • 資料3 : 科学技術振興機構の全公報52件の審査権利状況リスト
  • 資料4 : パテントマップ・パテントチャートの種別と見方

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 (Viewerソフトウェア、パテントマップ・チャート添付) 238ページ

ISBNコード

ISBN978-4-86483-218-2

発行年月

2013年5月

販売元

tech-seminar.jp

価格

52,500円 (税別) / 56,700円 (税込)

同時購入割引

書籍版・CD-ROM版 の同時購入で 86,700円 (通常価格 113,400円) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2018/10/17 製造工場における毛/虫/ペストの混入防止対策と原因究明手法 東京都
2018/10/17 「データインテグリティの本質」「スプレッドシート信頼性担保」コース 京都府
2018/10/17 製造業に必要なマネジメントレビューのための品質マニュアルなど主要文書・記録と新設される品質保証部門の責務に関わる必須事項 (概要) 京都府
2018/10/17 分析法バリデーションにおける統計解析Excel実習とバリデーション結果の読み取り方 京都府
2018/10/17 FDA査察200件の指摘ファクトに基づきデータインテグリティの本質を徹底理解し、製造とラボにおける応用力を習得 京都府
2018/10/17 治験薬GMP入門 : 日米欧三極対応のポイントとGDP対策 東京都
2018/10/18 ゲノム編集/遺伝子治療技術の特許戦略 東京都
2018/10/18 医薬品工場における原価マネジメント 京都府
2018/10/18 医療用医薬品の一変申請時の資料作成 (CTD等) と照会事項対応のポイント 京都府
2018/10/18 Excelスプレッドシートの信頼性担保と規制当局の指摘事項 京都府
2018/10/18 高分子の架橋反応と評価および物性制御技術 東京都
2018/10/18 治験薬GMPの基礎講座 東京都
2018/10/18 承認申請パッケージにおける海外データ利用と開発戦略 東京都
2018/10/19 医薬品の製造管理/QC&QA業務に必要な統計の基礎と実践のコツ 東京都
2018/10/19 ポリイミドの高機能化に向けた分子設計・材料設計 東京都
2018/10/19 プラスチック成形不良の原因と対策 東京都
2018/10/19 プラスチックフィルムの表面処理・改質と接着性の改善・評価技術 東京都
2018/10/22 医薬・医療機器のコンピュータ化システムバリデーション (CSV) 初級講座 東京都
2018/10/22 UV硬化樹脂の硬化プロセスと硬化度評価・解析手法 東京都
2018/10/22 ポリマーアロイ・ブレンドで物性を制御するには? 東京都

関連する出版物

発行年月
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/7/31 高耐熱樹脂の開発事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/31 最先端医療機器の病院への普及展望と今後の製品開発
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/12 自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/7/31 機能性モノマーの選び方・使い方 事例集
2017/7/31 プラスチック成形品における残留ひずみの発生メカニズムおよび対策とアニール処理技術
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/30 生体情報センシングとヘルスケアへの最新応用
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ
2017/6/19 ゴム・エラストマー分析の基礎と応用
2017/2/27 プラスチックの破損・破壊メカニズムと耐衝撃性向上技術
2017/1/31 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
2016/12/16 バイオ・医療への3Dプリンティング技術の開発最前線