技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

これからの時代に必要なものづくり現場のリスキリング

生産性向上・品質向上・原価低減・リードタイム短縮に

これからの時代に必要なものづくり現場のリスキリング

~「モラルアップ」×「アナログ改善」×「デジタル改善」 で賃金アップへ~
東京都 開催 会場・オンライン 開催

概要

本セミナーは、現場改善のプロに、業務のプロ、そしてデジタル人材とものづくりの現場でこれからの時代に必要な人材、そして、自分の給料を自分で上げられる人材を育成するための礎となるセミナーです。
安全、2S、設備改善、作業改善、不良改善から、グローバルSCMの構築、デジタル改善、モラルアップまでをすべて網羅する、実践でも効果証明されている25のツールの概略をご紹介いたします。

開催日

  • 2023年10月26日(木) 10時30分 17時00分

受講対象者

  • 工場長、製造部門のマネージャー、リーダー、スタッフ
  • 品質保証部門、生産技術部門の責任者、マネージャー、スタッフ

修得知識

  • 時代の流れ、リスキリングの必要性
  • 現場改善ツール
  • ITツール
  • これからの時代に求められる人材

プログラム

 今年一番の話題は、「賃金アップ」です。その理由は、近年の「物価高」と「ここ30年間、日本の賃金が上がっていない」という事実にあります。そして、「賃金アップ」の条件として「生産性の向上」が挙げられています。つまり、今年の賃金アップは、「生産性向上→賃金アップ」という構図で成り立っており、これは生産性を向上できない場合、賃金アップは一過性に終わる可能性があるということを意味します。では、日本の労働生産性はどうなっているのでしょうか?日本の生産性は、1970年以降主要7か国で最下位であり、2020年段階でアメリカの6割という悲惨なレベルです。そして、その主因として挙げられるのが「日本人のやる気 (エンゲージメント) 」ですが、そのやる気もこの10年間先進国でほぼ最下位であり、2022年のギャラップ社の調査によると、世界129カ国中128位とほぼ最下位でした。つまり、今年話題の「賃金アップ」は、日本に限り「モラルアップ→生産性向上→賃金アップ」という構図になってくる訳です。この「モラルアップ→生産性向上→賃金アップ」を実現する具体的な手段が、「リスキリング (学び直し) 」です。しかし、この「リスキリング (学び直し) 」の語感から2つの勘違いを生んでいます。一つは、今はやりのDXを受けて、デジタル教育をするという解釈。もう一つは、従来の手法 (たとえば、IE,QCなど) を学び直すという解釈です。デジタル教育をするというのは、半分合っています。しかし、これは頭脳労働をする人たちへのアプローチであり、ものづくり現場では、設備というハードウエアがあり、作業者という人がおり、最終のアウトプットでは不良が出ます。頭脳労働だけでなく、これらを改善しないと、「生産性向上」は図れません。したがって、これらを改善する「アナログ改善」が必要となってきます。ということで、従来の手法を学び直そう、という次の勘違いを生みます。しかし、従来の手法は生まれてから相当の年数が過ぎており、当然、その時代に合った手法であり、経年劣化は否めません。それに加え、デジタル対応はしておらず、効果と効率の面においてこれからの時代で使える手法ではありません。 (一部の考え方は使えますが。。。)
 本セミナーの講師は従来の手法 (TPM、QC、IE) のコンサルティングを経て、その効果と効率性に疑問を持ち、生産性向上、品質向上、原価低減、リードタイムの短縮という目的別の手法を創り出しました。本セミナーでは、その手法を体系化し、リスキリングツールとして紹介します。

全体としては、

  • やる気を出させ維持する:モラルアップ
  • 現場改善のプロを育てる:現場改善
  • 業務のプロを育てる:業務改善
  • デジタル人材を育てる:デジタル改善
    の4つで構成されます。
    目的は、
  • 生産性向上→コストダウン
  • 品質向上→コストダウン
  • クレームゼロ
  • リードタイムの短縮
    の4つになります。
     具体的には25のツールを提供し、上記4つの目的を果たし、その結果、これからの時代に生きる人材を育てていきます。本ツールの効果は、47社 (工場は100以上) の実績で証明済です。本セミナーを受け、ツールで改善を実践し、生産性を向上させ、その結果、原価を低減させ、自分の給料を自分で上げられる人材を育成して下さい。

  1. リスキリングの必要性:やる気を出させる
    1. 今の時代:リスキリングの必要性、全体のフレームワーク
      【現場改善のプロを育成する】
  2. まずは安全
    1. 災害ゼロへのアプローチ
  3. 生産性を向上させ、原価を低減する
    1. ロスの見方、考え方
      • 設備を極限稼働させる:生産性向上→コストダウン
    2. 原則整備へのアプローチ
    3. 故障ゼロへのアプローチ
    4. 段取り改善へのアプローチ
      • 作業の生産性を上げる→コストダウン
    5. 実践2Sへのアプローチ
    6. 標準整備へのアプローチ
    7. ビデオ標準作成へのアプローチ
  4. 品質を上げ、原価を低減する
    1. 不良ゼロの9原則
    2. 異物ゼロへのアプローチ
    3. ポカミスゼロへのアプローチ
    4. キズゼロへのアプローチ
      【スタッフ業務のプロを育成する】
  5. クレームをゼロにする:顧客第一主義への回帰
    1. クレームゼロへのアプローチ
    2. 検査作業改善へのアプローチ
    3. 設計ミスゼロへのアプローチ
    4. 購買へのアプローチ
    5. 海外工場の品質マネジメント
  6. リードタイムを短縮する
    1. ものづくりSCM
  7. 業務の生産性を上げ、原価を低減する。デジタル化への準備をする
    1. 業務改善へのアプローチ
      【デジタル人材を育成する】
  8. ものづくり現場のデジタル化を推進する
    1. ものづくりDX
    2. 要件定義書作成へのアプローチ
    3. 言語教育
    4. ITマネジメント
  9. やる気を出させる
    1. モラルアップへのアプローチ
    • 質疑応答

講師

  • 中崎 勝
    株式会社 ロンド・アプリウェアサービス
    代表取締役社長
  • 大谷 みさお
    株式会社 ロンド・アプリウェアサービス
    コンサルタント

会場

品川区立総合区民会館 きゅりあん

4F 第1特別講習室

東京都 品川区 東大井5丁目18-1
品川区立総合区民会館 きゅりあんの地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 47,500円 (税別) / 52,250円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込)

免責事項

本セミナーでは、ものづくり全体をカバーするリスキリングについて、全体像、コンセプト、ツールを紹介します。ツールは25紹介しますが、各ツールの詳細な説明は時間の制約上できません。
各ツールの詳細については、会場にてそれぞれのツールのテキストを展示いたしますのでご参照ください。

会場受講の複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 47,500円(税別) / 52,250円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

オンライン受講割引

  • オンライン受講の場合、1名様 34,700円(税別) / 38,170円(税込) で受講いただだけます。
  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 34,700円(税別) / 38,170円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • 申込みフォームの受講方法から「オンライン」をご選択ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 20,000円(税別) / 22,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

会場受講 / Zoomを使ったライブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナーのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 熟練技術者の暗黙知の見える化と承継・共有する仕組みと進め方 オンライン
2024/2/28 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/2/28 生成AIの基礎と製造分野への応用可能性 オンライン
2024/2/28 なぜなぜ分析の実践法と問題発見・解決手法 オンライン
2024/2/29 実験データの蓄積・DB構築と電子実験ノートの活用事例 オンライン
2024/2/29 生成AI・ChatGPTを活用した技術報告書、プレゼン資料の作成 オンライン
2024/2/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2024/2/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2024/3/4 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント オンライン
2024/3/8 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/3/8 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/3/11 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン
2024/3/15 先進各社における生成AIの社内普及と活用事例 オンライン
2024/3/15 GMP違反とヒューマンエラーに対する教育訓練の考え方とQA視点による抑制・防止対策事例 オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (1) オンライン
2024/3/19 信頼性の基礎と加速試験の進め方および試験結果の活用法 オンライン
2024/3/19 チームマネジメント強化講座 オンライン
2024/3/19 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/3/22 生成AIを活用した創薬研究・実用化における特許戦略 (取得・活用) オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/4/28 研究開発部門へのDX導入によるR&Dの効率化、実験の短縮化
2022/4/28 プラントのDX化による生産性の向上、保全の高度化
2022/3/31 研究開発部門の新しい "働き方改革" の進め方
2022/1/13 DXを未来のビジネスに結びつけるための情報収集利活用ノウハウ
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/4/26 新米管理者としてマネジメントの原理を知ることで不安解消しよう
2013/4/25 初公開 10分間面接メソッド
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/2/16 心に響く対応で確実にファンを創る!クレーム対策術
2013/2/14 テロリスト化するクレーマーへの対処術(企業編)
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集