技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法

技術者・研究者のための競合情報・市場情報の収集方法

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、多くの技術開発戦略、新事業開発に関わった講師が、開発した手法を競合情報、市場情報収集・分析手法を体系的かつ実践的にお伝えいたします。
製品・サービス事業だけでなく、IoT、AI時代に重視されているエコシステム・ビジネスモデルレベルの競合情報、市場情報収集分析の方法も解説いたします。

開催日

  • 2022年7月13日(水) 13時00分 16時00分

受講対象者

  • 企業の研究開発部門、設計開発部門、製造技術部門、技術営業部門
  • 新製品・新事業開発部門、M&A/アライアンス部門、市場調査部門
  • 知的財産部門、技術調査部門
  • 大学の研究者、産学協同部門

修得知識

  • 競合企業・事業、製品・サービス、技術、エコシステム・ビジネスモデルなどの情報収集と分析手法
  • 参入市場の市場情報収集・分析手法
  • 競合、市場情報分析の報告書作成の方法
  • 情報収集と各種戦略企画の関係

プログラム

 研究開発、製品設計、新製品・新事業開発など技術開発をともなう業務を行う場合、競合情報や市場情報を収集し、分析することは、事業の成否に関わる重要な仕事です。しかし実際は、経験知だけ、体系的な情報収集・分析が十分に行われていないことが多く、経営者の意思決定がうまく行われないことがしばしあります。本コースは、多くの技術開発戦略、新事業開発に関わったコンサルタントが、開発した手法を競合情報、市場情報収集・分析手法を体系的かつ実践的にお伝えするものです。
 製品・サービス事業だけでなく、IoT、AI時代に重視されているエコシステム・ビジネスモデルレベルの競合情報、市場情報収集分析の方法もお伝えします。

  1. これまでの市場調査の方法が通用しなくなってきている
    1. 業界や市場の境目が無くなっている
    2. 現在市場が存在しない市場調査が必要
    3. 情報が多すぎて分析できない。
    4. ネット情報の信憑性、情報陳腐化の加速化
    5. 情報収集・分析しても意思決定できない経営トップ
  2. 情報収集・分析の5つの原則
    1. なんのための情報収集・分析か?【目的明確化の原則】
    2. どんな制約条件があるのか?【制約条件の原則】
    3. その情報で誰が何のために意思決定するのか【意思決定特性の原則】
    4. 情報の不確実性をどう考えるか【不確実性の原則】
    5. 多次元情報収集と分析が必要【多次元情報の原則】
  3. 市場情報収集・分析の実践方法
    1. 目的によって異なる情報収集・分析手法
      • 技術開発
      • 新事業創造
      • 新規参入
      • 起業
      • M&A・アライアンスなど
    2. 「絶えず変化する市場」をどう認識するか?
      • 業界ができあがってしまったら既にレッドオーシャン市場ではないか?
      • 変化しつつある既存業界をどう見るか
      • 新しく発生する市場をどう定義づけるか
      • 代替される市場の捉え方
    3. 市場には本質的な特性がある
      • ライフサイクル特性
      • 参入起業特性
      • 顧客特性
      • 消費サイクルタイムなど
      • 市場特性から事業成功要因を分析する
    4. 顧客セグメント分析とターゲティング
      • デモグラフィック (統計的切り口) では効果がない
      • B2Cは価値観、B2Bは戦略など上位概念でセグメントするのが効果的
      • 市場サイズをどう割り出すか (フェルム推定など)
      • ターゲティングとは期間利益を最大にするための最初の標的
    5. マクロトレンド分析と影響度の把握
      • マクロトレンド分析はその影響を具体化しなれば意味は無い
      • ビジネスへのインパクト分析の考え方と方法
      • パラダイムチェンジを見抜くことが最も重要
      • マクロトレンド分析で参考にすべきデータとは
    6. 業界構造、エコシステムの分析
      • エコシステム・ビジネスモデル戦略が重要な成功要因になった
      • 業界構造の把握の基本
        • ダウンフロー型
        • マーケットプレイス型
      • 業界構造変化の本質
        • プロフィット
        • 情報の流れ
        • モノの流れなど
    7. 市場、顧客、マクロトレンドの情報源とアクセス方法
      • 公開データ、非公開データ
      • 官公庁、マスコミ、業界誌、専門誌、シンクタンクレポート
      • ホームページ、ネット、SNS情報
      • 社内保有情報
      • インタビュー調査、アンケート調査、現場観察手法
      • ビッグデータ解析
  4. 競合情報収集・分析
    1. 事業・経営レベルのベンチマーキング
      • 競合分析の前に自社を分析せよ
      • 永遠に競合から学ぶことが最強の戦略
      • そもそも競合とは、競合の分類方法
      • 代替品・サービスは新たなエコシステム・ビジネスモデルから生まれる
      • 競合の何を分析するか?
        • 過去
        • 現在
        • 将来
      • 競合の分析と競争戦略の関係
    2. 事業・経営レベルのベンチマーキングの方法
      • BSCの4つの視点で競合の業績メカニズムを分析する
      • マクロ環境から競合の将来の方向性を予想する
    3. 技術ベンチマーキング
      • ビジネス競争における空間軸と技術の位置づけ
      • ビジネス競争における時間軸とは
      • 技術ベンチマーキングの目的、狙い
    4. 技術ベンチマーキングの原則
      • 競合を広範囲に見る (特に異業種)
      • 技術スペックだけで比較しない
      • 環境シナリオでも4つの階層視点で行いリアリティを得る
    5. 競合情報収集方法の確認
      • 競合情報の情報源
      • エコシステム・ビジネスモデル分析の方法
      • 公開特許情報収集
      • 特許調査結果の4階層ベンチマーキングへの反映
    6. 技術ベンチマーキングのステップと方法
      • 自社技術の確認
      • ベンチマーキング技術カテゴリー
      • 競合技術の分類と競合組織、企業の特定
      • 製品・サービスベンチマーク分析
      • 技術ベンチマーキング
      • 製品・サービス/技術マトリクス
      • 競合技術のイネイブラー (可能にする要因) の分析
      • バリューチェーンベンチマーク分析
      • エコシステム・ビジネスモデルベンチマーキング分析
      • 4階層連動ベンチマーキング
      • 環境シナリオ別技術ベンチマーキング
      • 競合の戦略シナリオと自社の成功要因分析
      • 戦略目標の設定と競争戦略企画
      • アクションプラン
  5. 調査力を上げる方法
    1. 身近な情報源を徹底活用する
    2. 常にビジネス戦略仮説を持ち、当たり外れを確認する
    3. 社内外のネットワークをつくる
    4. 現場感覚、肌感覚を鍛える (身体性や主観力)
    5. 予測とシナリオ分析
    6. 自ら情報発信し影響を周りに与え、最新のトレンドを生み出す側に回る
      • 異業種ワークショップなどの開催
      • コンソーシアムの発足、運営などの場づくり
      • キーパーソンとのネットワーク
    • 質疑応答

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 35,000円(税別) / 38,500円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 35,000円(税別) / 38,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/8/9 研究開発部門でDXを活用するためのデータベース構築と運用の仕方 オンライン
2022/8/10 後発で勝つための市場分析と経営層への説明・説得の仕方 オンライン
2022/8/19 医薬品マーケティングにおけるキーメッセージ策定とKOLマネジメントのポイント オンライン
2022/8/29 技術戦略ロードマップの作成・利用における実践的ないくつかのポイント オンライン
2022/8/29 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/8/30 研究開発部門が実行する革新的なR&Dテーマの創出とその評価方法 (2日間) オンライン
2022/8/30 革新的テーマ・アイデアを継続的に多数創出する体系的・組織的な仕組みづくりと方策・活動 オンライン
2022/8/30 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/8/31 競合他社・異業種ベンチマーキングの基本、考え方とすすめ方 オンライン
2022/8/31 研究開発テーマの (定量的) 評価、選択方法とそのプロセス オンライン
2022/8/31 R&D部門における効果的なデータ共有・利活用法と体制づくり オンライン
2022/9/5 技術者のための実践的競合調査、市場調査の基本手法 オンライン
2022/9/5 特許情報・マーケティング情報の収集・分析と商品開発への活用 オンライン
2022/9/6 研究開発部門が実現すべき高収益ビジネスモデルの構築 オンライン
2022/9/7 研究開発におけるアジャイル型開発の導入、推進と運用のポイント オンライン
2022/9/7 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2022/9/8 医薬品開発R&Dマネジメントのリスクマネジメントと解決代替案 オンライン
2022/9/8 トラブル事例から学ぶ大学との共同研究契約のチェックポイントと留意点 オンライン
2022/9/8 次世代ビジネスに向けた新規事業構想プロセスとアイデア発想&テーマ創出法 オンライン
2022/9/9 研究開発・技術部門が行うシナリオプランニングを活用した「勝てる」ロードマップの策定・実行の具体的な手法 東京都 会場・オンライン