技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

タンパク質-化合物の大規模スクリーニングと計算評価・候補化合物の選抜手法

タンパク質-化合物の大規模スクリーニングと計算評価・候補化合物の選抜手法

オンライン 開催

開催日

  • 2022年7月4日(月) 10時00分 17時00分

プログラム

第1部 化合物のスクリーニングのための、次世代化合物ライブラリの活用

(2022年7月4日 10:00〜12:00)

 製薬会社においては、未だ十分な薬の無い高難度の創薬標的への挑戦と、新薬創出の成功確度の改善の両立が求められています。この対策として、いわゆる“ニューモダリティー”への取り組みも推進してはいるが、経口化がし易いなどの患者さんにとっての利点からも、未だ、低分子創薬も重要な取組の一つと考えられます。
 本公演では、低分子創薬の起点となるスクリーニング用化合物ライブラリについて、その歴史から、最近のトピックスを紹介し、今後の化合物ライブラリ戦略について、議論したいです。

  1. スクリーニング用化合物ライブラリの歴史
  2. ライブラリ関連トピックス紹介
    • ライブラリ新陳代謝
    • CROの活用
    • コンソーシアム、AMED
    • 創薬標的拡大に向けた取組
    • Hit Expansion
  3. 総合討論

第2部 タンパク質-化合物ドッキングシミュレーションによる高速スクリーニングとその技法

(2022年7月4日 13:00〜15:00)

 タンパク質立体構造情報の蓄積に伴い、この構造情報を用いて計算機上で化合物を選抜する構造ベース・バーチャルスクリーニング (structure – based virtual screening; SBVS) が盛んに行われています。
 本講演では、SBVSのうち、タンパク質と低分子化合物との物理化学的な相互作用を高速に推定するドッキングシミュレーションについて特に着目します。SBVSで何ができるのかを俯瞰的に紹介することにより、ウェットとドライの連携を促進することを目的とします。

  1. 計算機による高速な化合物選抜
  2. 構造ベース・バーチャルスクリーニング (SBVS)
    • SBVSの長所と短所
    • SBVSによる化合物選抜手法
  3. ドッキングシミュレーション
    • 無料でできるドッキングシミュレーション
    • ドッキングシミュレーションの基盤
    • 実験から得られた知見を活用する諸技法
  4. ドッキングシミュレーションとAI

第3部 IBM Accelerated Discoveryで実現する材料開発の加速

(2022年7月4日 15:00〜17:00)

 今日のマテリアルズ・インフォマティクスにおけるAI技術の活用のされ方を俯瞰しながら、IBM Researchの掲げる技術ビジョン Accelerated Discoveryについて、事例とデモを交えて解説します。中でも、東京基礎研究所が特に注力するAI分子生成モデル MolGXについて、特に詳しく解説します。

  1. Accelerated Discovery
    • 背景とビジョン
    • Accelerated Discoveryの技術構成
  2. AIによる分子デザイン
    • AI分子デザイン技術の現状
    • IBM ResearchのAI分子デザイン技術
  3. 事例
    • フォトレジスト材料
    • 二酸化炭素分離ポリマー
    • お客様導入事例
  4. デモ
    • MolGX (低分子生成モデル)
    • GT4SD (オープンソース版生成モデル集)
  5. まとめ・質疑応答

講師

  • 狩野 弘樹
    田辺三菱製薬 株式会社 創薬基盤研究所
    主席研究員
  • 柳澤 渓甫
    東京工業大学 情報理工学院 情報工学系
    助教
  • 武田 征士
    IBM 東京基礎研究所

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 60,500円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 50,000円(税別) / 55,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 60,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方
  • 支払名義が企業の場合は対象外とさせていただきます。
  • 企業に属し、大学、公的機関に派遣または出向されている方は対象外とさせていただきます。

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/12 Pythonで学ぶ機械学習入門セミナー オンライン
2022/7/14 小規模データに対する機械学習の効果的適用法 オンライン
2022/7/15 Pythonを用いた創薬研究における機械学習/ケモインフォマティクス基礎講座 オンライン
2022/7/19 計測インフォマティクスにおけるデータ解析の進め方と解釈 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/20 マテリアルズインフォマティクスを実践するための基礎と応用技術・事例、最新動向 オンライン
2022/7/20 AI / 機械学習システムのテスト・品質保証の基本 オンライン
2022/7/21 マテリアルズ・プロセスインフォマティクスの基礎とポリマー材料設計への応用 オンライン
2022/7/25 マテリアルズインフォマティクス概論 オンライン
2022/7/25 AI関連発明の特許事例および出願戦略のポイント オンライン
2022/7/25 知っておきたい機械学習を用いたデータ分析の正しい進め方 オンライン
2022/7/26 MTシステムおよび機械学習による異常診断技術の基礎と最適活用 オンライン
2022/7/27 機械学習を活用したドラッグリポジショニングへの適用法 オンライン
2022/7/27 グラフニューラルネットワーク (GNN) 入門 オンライン
2022/7/27 外観検査自動化に向けた画像処理・AI技術活用の課題と導入のポイント オンライン
2022/7/28 自動車の自動運転におけるセンシング技術と移動物追跡技術 オンライン
2022/7/28 画像認識技術およびディープラーニングの基礎・入門と応用展開 オンライン
2022/7/28 医療機器QMSにおける統計手法の適用とサンプルサイズ決定方法 オンライン
2022/7/29 AIによるペプチドのHPLC分析・開発法 オンライン
2022/7/29 機械学習による微生物・細胞培養の設定とその最適化 オンライン