技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

抗体薬物複合体の構造解析とリンカー設計・精製戦略

抗体薬物複合体の構造解析とリンカー設計・精製戦略

東京都 開催

開催日

  • 2017年5月10日(水) 10時30分 16時30分

プログラム

第1部. 抗体薬物複合体 (ADC) の精製と分析

(2017年5月10日 10:30〜12:00)

 近年、抗体医薬品の伸びは目覚ましく世界の医薬品売り上げの上位10品目の中で6品目を抗体医薬品が占めるに至った。しかし、抗体医薬品を用いた治療には比較的大量の抗体タンパク質が投与されることからその治療に関して新たなブレークスルーが求められている。
 抗体分子の分子認識機能を用いたターゲッティング療法は過去20~30年以上にわたり開発が進められて来たが最近非常に有効な方法として抗体薬物複合体 (ADC) の開発が認められ治療に用いられるようになった。しかし、ADCの開発においては考慮すべきポイントが多いこと。
 ここではADCの開発動向及びこれまで開発されてきたADCの作用メカニズムとその特徴を概観し、医薬品として製造する際の精製戦略及び品質分析における考慮点などを上げると共に一部の例を紹介する。

  1. ADCの市場と開発状況
  2. 抗体医薬品開発の戦略
  3. 日本におけるADCの承認状況
  4. ADCの開発状況
  5. ADC医薬品の規制状況
  6. ADCの開発と作用メカニズム
  7. ADC薬物の細胞毒性メカニズム
  8. ADC合成Linkerとその特徴
  9. ADC薬物 (Drug) とMab、Linkerの結合様式
  10. 抗体医薬品の世代変化とADC Vehcle
  11. 抗体薬物複合体の分析と精製
  12. 規制及び品質面の考慮点
  13. ADC 製造設備要件
  14. まとめ
    • 質疑応答

第2部. UPLC/MSシステムによるADCの特性解析

(2017年5月10日 12:45〜14:15)

 UltraPerformance Liquid Chromatoguraphy (UPLC) と四重極飛行時間型質量分析計 (Q-Tof MS) ならびにデータ解析ソフトウェアを組合せた統合システムによる抗体薬物複合体 (ADC) の特性解析について講演する。
 システイン結合型ADC (Cys-ADC) 、リジン結合型ADC (Lys-ADC) それぞれについて、インタクトレベルでの特性解析、薬物抗体結合比 (DAR) の測定の実例を紹介する。
 また種々のタンパク質消化酵素を用いたペプチドマッピングによる結合部位の特定、ならびに各々の結合部位における占有率の算出についても紹介する。

  1. インタクト
    1. 疎水性相互作用クロマトグラフィー (HIC) によるCys-ADCの分離
    2. サイズ排除クロマトグラフィー質量分析法 (SEC/MS) による脱糖鎖したCys-ADCの測定
    3. 逆相液体クロマトグラフィー質量分析法 (RP-LC/MS) によるLys-ADC測定
    4. 専用ソフトウェアによるDAR算出
  2. ペプチドマップ
    1. トリプシン消化したCys-ADCのペプチドマップによる結合部位確認
    2. トリプシンおよびAsp-Nにより消化したLys-ADCの結合部位確認ならびに占有率の算出
    • 質疑応答

第3部. 抗体薬物複合体の構造解析とリンカー設計

(2017年5月10日 15:15〜16:45)

 抗体薬物複合体 (Antibody-Drug Conjugate; ADC) において、リンカーは、抗体と薬物を結合するはたらきを持つが、血中では薬物が抗体に安定に結合し、一方、病変部位においてのみ、速やかに薬物を放出できるような構造でなければならない。ADC開発においては、抗体が到達する場所や薬物の作用機序にマッチしたリンカーを設計・合成することが必須である。均一構造のADC合成は、薬物の安全域を広げ、薬物動態や薬効が均一なることや、合成時の再現性の点から現在精力的に研究されている。
 本セミナーでは最近の均一構造ADC の合成の進展に焦点を当て、抗体への結合様式、薬物放出方法を概説する。 また、ADC に用いられ始めた薬物や薬物放出の確認手法についても触れる。

  1. ADC 開発におけるリンカーの重要性
  2. 初期のリンカーの構造と問題点
  3. 均一構造ADCの作成の意義と試みの例
  4. 生物直交性反応の進展と抗体への付加、薬物放出
  5. 抗体とリンカーの結合様式
    1. 酵素による抗体アミノ酸配列特異的付加法
    2. 糖鎖を介した結合法
    3. in vitro タンパク合成法による部位特異的非天然アミノ酸の導入
  6. 薬物とリンカーの結合様式と放出機構
    1. 酵素による薬物放出
    2. 光による薬物放出
  7. ADC に用いられる新しい薬物
    • 質疑応答

講師

  • 河﨑 忠好
    DRKバイオプロセスコンサルティング
    代表
  • 廣瀬 賢治
    日本ウォーターズ 株式会社 マーケットデベロップメント
    マネージャー
  • 眞鍋 史乃
    国立研究開発法人 理化学研究所 細胞制御化学研究室
    専任研究員

会場

株式会社 技術情報協会
東京都 品川区 西五反田2-29-5 日幸五反田ビル8F
株式会社 技術情報協会の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 55,000円 (税別) / 59,400円 (税込)
複数名
: 50,000円 (税別) / 54,000円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、
    1名あたり 50,000円(税別) / 54,000円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 55,000円(税別) / 59,400円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 108,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 162,000円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2017/12/15 オーファンドラッグの承認申請とコマーシャル戦略 東京都
2017/12/15 最新改訂に対応したグローバルGMP・バリデーション担当者コース (全4日間) 東京都
2017/12/15 日米欧3極のバリデーション要件と相違比較 東京都
2017/12/15 FDA 483事例考察140件に基づくGMPにおけるデータインテグリティ実務対応 (紙の記録、電子記録) 東京都
2017/12/15 GCTP省令における規制要件とPIC/S GMPとの相違点 東京都
2017/12/18 ICH Q1Eに準拠した安定性試験結果の統計解析による有効期間の推定方法 東京都
2017/12/18 データ・インテグリティを軸にしたコンピュータ化システムバリデーション (CSV) 対応 東京都
2017/12/18 グローバル治験 ICH-E6(R2)におけるQMSのあり方とRBM実装 東京都
2017/12/19 バイオ医薬品で起こる蛋白質凝集メカニズム、凝集体形成防止・製剤安定化と培養プロセスでの凝集抑制・凝集体除去 東京都
2017/12/19 医薬品製造現場における逸脱・変更管理発生事例と再発防止対応演習 東京都
2017/12/19 体外診断薬の開発と申請での当局の着目ポイント 東京都
2017/12/19 医薬品や化粧品の経皮吸収とその評価方法 東京都
2017/12/19 再生医療に向けた足場材料の役割と必要条件 東京都
2017/12/20 医薬品におけるサンプリングの基礎知識と全梱同一性確認への対応 東京都
2017/12/20 医薬品・バイオ技術のライセンス、研究提携における 「経済条件」 の決め方、リスク対策 東京都
2017/12/20 GMP省令改正および、導入される品質マネジメントシステムのポイント 東京都
2017/12/21 海外導入品におけるCMC申請資料作成、審査時の対応に関する留意点 東京都
2017/12/21 医薬品の開発、販売活動にむけた医療ビッグデータ/リアルワールドデータ解析と限界・課題 東京都
2017/12/21 変形性膝関節症の病態/診断/国内外評価方及び待望される薬剤像 東京都
2017/12/22 地域包括ケア・在宅医療にむけた製薬企業のエリアマーケティング戦略 東京都