技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

治験・有害事象判断コース

治験・有害事象判断コース

~全2コース~
東京都 開催 会場 開催

『治験・有害事象判断コース』講座を2テーマセットにした特別コース!

概要

本セミナーは『治験・有害事象判断コース』を2テーマセットにしたコースです。
セット受講で特別割引にてご受講いただけます。
通常受講料 : 79,800円 → 割引受講料 59,800円

開催日

  • 2014年1月27日(月) 13時00分 16時30分
  • 2014年1月28日(火) 13時00分 16時30分

受講対象者

  • 医薬品の技術者、研究者、開発者
  • 治験の担当者、関連する技術者

修得知識

  • 安全性情報の取り扱い方
  • ある有害事象が重篤に該当するかの判断
  • 有害事象と治験薬との因果関係
  • 治験薬投与前の有害事象の扱い
  • 治験時における安全性情報収集のポイント
  • モニターのための治験カルテの読み方/解釈
  • 有害事象判断
  • 治験の臨床検査値変動から推測される疾患と関連性あり/なしの考え方

プログラム

モニターのための治験時の有害事象判断と収集ポイント

(2014年1月27日 13:00~16:30)
 
 かつて副作用情報の収集を旨としていた頃から、有害事象の収集に変わり、そして現在はFDA及びEUのregulationを踏まえた安全性情報の収集が求められる状況となってきている。そうした中、どういった情報を収集・評価し、さらに伝達する必要があるかということの整理が大変難しい状況になってきている。
 今回は、日本のみならず、Globalでの安全性情報の収集体制について、どういう観点で収集することが求められているのか等について説明をさせて頂く。

  1. はじめに
    1. 安全性部門の印象
    2. PMSとPVの違いとは
  2. 基礎知識
    1. 原資料とは?
    2. 合併症、既往歴について
    3. 治験薬投与前の有害事象について
  3. 有害事象について
    1. 有害事象とは?
    2. 「悪化」と「悪化傾向」について
    3. 「有害事象に該当しない」場合について
    4. 重篤性について
  4. 有害事象の評価について
    1. 最近良くある質問
    2. 評価のための『3ステップ』
  5. その他の留意点
    1. SAE発現日について
    2. その他の留意点
    3. 補償について
  6. Global開発に関連した事項について
    • 質疑応答・名刺交換

症状表現の解釈とAEの取り上げ方

(2014年1月28日 13:00~16:30)

 医師が書くカルテにはほとんどの場合、ごく簡単な内容の記載しかない。限られた時間での記載となるためやむを得ないことであり、日常の診療ではそれで不自由はないのだが、いざ治験となると報告書作成のためのきちんとした内容の記載が必要となり、そのためにはかなり詳細な情報が必要となる。
 本講座では、このようなギャップをモニターやPVとしてどのようにして埋めて行けるのか、具体的な事例を紹介しながら解説して行きたい。

  1. カルテ
    • カルテには何が書いてあるか
    • カルテの書き方
    • カルテに使われる言語
    • カルテに使われる特殊な用語
  2. 症状が発現したら
    • 症状名について
    • 症状の内容について
    • 検査値の異常について
  3. 診断名について
    • 保険病名とは
    • 処方内容
    • 検査内容
    • 予防的投与
  4. 有害事象
    • 有害事象とは
    • どの程度から有害事象とするか
    • 本当に有害事象か
    • 因果関係の判断
    • 重症度の判断
    • 質疑応答・名刺交換

講師

  • 小林 秀之
    MSD 株式会社 PV領域 安全対策部
    安全対策部長 安全管理責任者
  • 蓮沼 智子
    北里大学 北里研究所病院 研究部 臨床試験センター
    センター長 / 教授

会場

連合会館
  • コース1「治験時の有害事象判断と収集」: 東京・千代田区駿河台 連合会館 5F 502
  • コース2「治験カルテの読み取り方」: 東京・港区浜松町 芝エクセレントビル B1F KCDホール
東京都 千代田区 神田駿河台三丁目2-11
連合会館の地図

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 56,952円 (税別) / 59,800円 (税込)
複数名
: 49,952円 (税別) / 52,450円 (税込)

複数名同時受講の割引特典について

  • 2名で参加の場合、1名につき 7,350円割引
  • 3名で参加の場合、1名につき 10,500円割引 (同一法人に限ります)

全2コース申込割引受講料について

  • 全2コース割引受講料 79,800円 (税込) → 申込割引受講料 59,800円 (税込)

対象セミナー

本セミナーは終了いたしました。
講演順序・プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
掲載している受講料は会員価格でございます。
お申し込み後はサイエンス&テクノロジーの会員登録をさせていただき、セミナー等のサービスのご案内を差し上げます。

これから開催される関連セミナー

開始日時
2020/5/29 DTx (Digital therapeutics:デジタル治療) 製薬企業の取組みと知財戦略 オンライン
2020/5/29 体外診断用医薬品の臨床性能試験実施のポイント 東京都
2020/5/29 炎症性腸疾患の現状、アンメットニーズを踏まえた新規治療薬開発戦略 東京都
2020/6/1 海外査察官・サプライヤー対応のためのGMP文書・手順書翻訳のコツと適切な英語表現 東京都
2020/6/2 メディカル系分野 (体外診断薬・医療機器・再生医療) における社内外の情報収集方法と活用事例 東京都
2020/6/3 化粧品 薬機法の基礎と改正法及び広告表示の留意点 オンライン
2020/6/4 無菌医薬品 GMP入門 東京都
2020/6/4 医薬品容器/包装の工程バリデーションと表示ミス防止 オンライン
2020/6/5 日米欧に対応した治験薬の製造と品質管理 東京都
2020/6/5 中国 (NMPA) ・韓国 (MFDA) ・米国 (FDA) 規制当局における個別症例安全性報告のPVレギュレーション動向 東京都
2020/6/8 中国・ASEAN主要国・インドの薬事制度と市場を絡めた進出のポイント 東京都
2020/6/8 GVP対応講座 オンライン
2020/6/9 日米欧に対応した治験薬の製造と品質管理 オンライン
2020/6/9 GMP監査を1日で終わらせるコツ 東京都
2020/6/9 製造指図記録書を作成し運用するための重要ポイント 大阪府
2020/6/11 ウイルス迅速診断のための検出技術動向 東京都
2020/6/11 バイオ医薬のタンパク質凝集抑制/最小化とGMP対応 東京都
2020/6/11 医薬品工場の空調設備設計とバリデーション実施のポイント 大阪府
2020/6/12 GMP基礎講座 大阪府
2020/6/15 医療機器における薬事規制対応 東京都

関連する出版物

発行年月
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2020/2/27 海外データ (試験施設) /海外導入品の信頼性基準適用と効率的なデータ利用・CTD申請
2020/1/30 凍結乾燥の最適な条件設定による品質の安定化 - ラボ機と生産機の性能の違いを反映させたスケールアップ -
2019/6/27 EU GVP Module I /ISO9001要求をふまえたQuality Management System の実装と運用
2019/4/24 洗浄バリデーション実施ノウハウと実務Q&A集
2018/11/30 希少疾患用医薬品の適応拡大と事業性評価
2018/10/30 高薬理活性医薬品封じ込めQ&A集 Part2
2018/9/28 腸内細菌叢を標的にした医薬品と保健機能食品の開発
2018/8/31 がん治療で起こる副作用・合併症の治療法と薬剤開発
2018/7/31 医薬品・医療機器・再生医療開発におけるオープンイノベーションの取り組み 事例集
2018/6/29 医薬品グローバル開発に必要な英語実務集
2018/5/30 GVP Module改訂をふまえたEU Pharmacovigilance規制の実装
2018/5/18 創薬のための細胞利用技術の最新動向と市場
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2018/1/30 バイオ医薬品のCTD-Q作成 - 妥当性の根拠とまとめ方 -
2017/9/29 疾患・病態検査・診断法の開発
2017/8/31 きのこの生理機能と応用開発の展望
2017/8/29 洗浄バリデーション実施・サンプリング妥当性とDHT・CHT/残留許容値の設定
2017/7/27 ウェアラブル機器の開発とマーケット・アプリケーション・法規制動向
2017/6/21 体外診断用医薬品開発ノウハウ