技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

R&D技術者のための技術ベンチマーキング実践セミナー

半日で学べる

R&D技術者のための技術ベンチマーキング実践セミナー

~現場レベルで競合・異業種との差別化をどう図るのか~
オンライン 開催

視聴期間は2024年4月1日〜12日を予定しております。
お申し込みは2024年4月10日まで承ります。

開催日

  • 2024年4月10日(水) 13時00分 2024年4月12日(金) 17時00分

受講対象者

  • 技術開発、生産技術、企画部門のリーダー・担当者

修得知識

  • ベンチマーキングの本質
  • 職場で自分の仕事にベンチマーキングの応用が可能となる
  • 課題のテーマへの視野が拡大し、より付加価値の高い仕事に結び付けられる

プログラム

 皆さんは、どう市場ニーズを把握し、他社との優位性をどう高めていますか。今こそマーケティングの基本を学び、ベンチマーキングを実践することです。この視点で担当テーマを見直してみませんか。いままでのベンチマーキングは経営者向けでした。ベンチマーキングの真の狙いは、物真似ではなく潜在ニーズを顕在化して、自社に合った独自性のヒントを探すことです。
 筆者は、発祥元のXerox 社からベンチマーキングの基本やノウハウを直接学びました。そして、マーケティングを現場レベルまでブレークダウンした技術開発やプロセス改革を実践してきました。ものづくり優位性を高める技法の一つになっています。

いままでのセミナーと何処が違うのか? ポイントは次の通り。

  • 技術者の視点で、ベンチマーキングを日常化できる。
  • ベンチマーキングの原典であるXerox 社のテキストとノウハウの要点を確認できる。
  • コンサルティングで成果をあげた5 つのベストプラクティスは御社にも応用できる。
  1. はじめに
    1. スティーブ・ジョブスも、ベンチマーキングしていた?
    2. なぜベンチマーキングなのか (ものづくり企業の改善と改革メニュー)
  2. ベンチマーキングの基本
    1. ベンチマーキングとは (独自性とは? 付加価値とは?)
    2. 背景と歴史
    3. タイプ
    4. 対象、内容、範囲
    5. 期待効果
    6. プロセス
    7. 成功させるためのチェックポイント
    8. 失敗要因とその事例
    9. 競合ベンチマーキングの押えどころと効果的情報入手法
  3. ベンチマーキングの実践事例
    1. R&Dの効率化のためベンチマーキングを実施した事例
      1. R&Dの優位性をどう高めればよいか
      2. ベンチマーキング情報源のあらまし
      3. ベンチマーキング実施結果
      4. 戦略プロセス変革の現場への展開事例
    2. 競合ベンチマーキングの実践事例
    3. 課題解決に直結したベンチマーキング事例
    4. 受講者からの過去質問例
  4. ベンチマーキング演習 (ケーススタディ)
    1. ベンチマーキングテーマと目的の確認
    2. 対象企業 (モノまたはサービス) の選定
  5. まとめ
    (独自性・優位性の定義と実践法)
  6. 総合Q&A

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

受講特典

技術ベンチマーキング実践セミナー解説書を贈呈いたします。
(講義後の復習などでご利用いただけます。)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 40,000円(税別) / 44,000円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 40,000円(税別) / 44,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年4月1日〜12日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は、PDFファイルを配布予定です。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/16 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスとその活動の全体体系 オンライン
2024/4/18 開発者が主導する「事業につながる開発テーマ」創出法 東京都 会場
2024/4/19 中長期研究開発テーマの発掘と推進のポイント オンライン
2024/4/19 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2024/4/23 自社コア技術から発想するテーマ創出法 オンライン
2024/4/25 研究開発・技術部門が行う情報収集とそのセオリー、ノウハウ オンライン
2024/4/25 潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動 オンライン
2024/4/26 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/4/26 R&D部門での生成AI活用およびDXによる材料設計の加速化 オンライン
2024/5/1 ラボでの電子実験ノート管理・運用における経験からわかった電子情報管理の問題点・解決とDXの進め方 オンライン
2024/5/10 R&D部門での生成AI活用およびDXによる材料設計の加速化 オンライン
2024/5/14 研究・実験データ収集、管理への仕組み作りと蓄積データの活用 オンライン
2024/5/14 R&Dマーケティング「基本編」「実践編」2日間セミナー オンライン
2024/5/14 研究者・技術者が価値ある活動を行うために絶対に知っておかなければならないマーケティングの基本理論 オンライン
2024/5/15 コア技術の明確な定義、設定プロセスと継続的な育成と強化手法 オンライン
2024/5/15 企業間データ連携の推進・課題と材料開発への活用 会場
2024/5/15 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/5/21 研究開発部門が真に価値ある成果を生み出すために実行しなければならない日々のマーケティング活動 オンライン
2024/5/23 自社保有技術の棚卸しと新規事業テーマの創出 オンライン
2024/5/23 研究開発部門による3つの重要要素に基づいた「良い事業戦略」の構築と策定 オンライン