技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法

新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法

~自社の事業の優位性を築く方法を分かりやすく解説~
オンライン 開催

視聴期間は2024年2月14日〜29日を予定しております。
お申し込みは2024年2月27日まで承ります。

開催日

  • 2024年2月27日(火) 10時30分 2024年2月29日(木) 16時30分

受講対象者

  • 研究者、技術者、開発プロジェクトリーダ
  • 事業開発担当者、商品企画担当者、経営者層
  • 知財部の担当者、責任者

修得知識

  • イノベーションは企業の成長に必須
  • プロダクトライフサイクル
  • 技術ロードマップとは
  • 企業の技術者が必要な技術ロードマップ
  • 新規事業創出の研究開発ステップと技術ロードマップ
  • 新規テーマ、新規企画立案には発想が重要
  • 発想法
    • チェックリスト法
    • ブレーンストーミング法
    • KJ法
    • α発想法
  • α発想法による新規事業の種を進化させる機能ツリーの作成事例
  • 知的財産権を取り巻く現状
  • プロパテントとは
  • 自社が勝つ知財戦略活動U’Method手法の進め方
  • 技術ロードマップの作成ポイント
  • 新規事業創出と自社が勝つ技術・知財戦略

プログラム

 イノベーションは企業の成長に必須です!しかし、日本企業の新規事業領域の売上比率は低く、新規事業創出システムが十分に構築されず、イノベーション人材を育成するロールモデルが育たないという課題がありました。
 新規事業を創出するには、将来の市場を予測し、具体的な製品開発目標を立てそれを実現するための技術開発計画を時系列で表示した技術ロードマップを作成することが必要です。これにより、社会・市場→自社の開発製品→開発技術が関連付け統合されます。また達成目標と達成時期が明確化されることにより新規事業の検証や優先順位付けが可能になります。
 技術ロードマップを作成するには自社の強みを明確にし、攻める市場を決定し、市場・顧客ニーズ・技術動向を調査し、将来のあるべき姿を描き、アイデアを創出し新規事業の種を抽出し、新規事業の種の技術ロードマップを作成し、市場性、製品の強さ、自社技術の強みと実現性等を精査し優先順位を決定することが重要です。
 技術者が新規事業のアイデア出しを行っても、あたりまえのアイデアしか出せません。そこで、本講ではアイデアの科学的発想法「α発想法」を学ぶことにより、将来を展望した多量のアイデアが出てきます。これらの多くのアイデアを機能ツリーに整理します。次に機能ツリーと特許を紐づけして「機能鳥瞰マップ」を作成します。これにより他社が気づいていない新規テーマや課題が見つかります。自社の強みも加味して攻め所を特定し、自社の勝てる開発戦略・知財戦略を策定します。今回紹介する「新規事業創出のための発想法と技術ロードマップの作成法と技術・知財戦略の実践方法」に基づき新規事業を創出し自社の事業の優位性を築いてくいださい。

  1. 企業の使命は新規事業創出
    1. イノベーションは企業の成長に必須!
    2. プロダクトライフサイクル
    3. 技術ロードマップとは
    4. 企業の技術者が必要な技術ロードマップは?
    5. 新規事業創出に優れた企業事例
  2. 将来予測のデータ参考事例
    1. 社会の将来予測
    2. 市場の研究
    3. 技術の将来予測
  3. 新規事業創出の研究開発ステップと技術ロードマップ
    1. 研究開発ステップと技術ロードマップ
    2. 自社の強みを明確化するステップ
    3. 市場・顧客ニーズ・技術動向調査のステップ
    4. アイデアを創出し新規事業候補を抽出するステップ
    5. 研究部門でのテーマ推進ステップ事例
  4. 新規テーマ、新規企画立案には発想が重要!
    1. 発想とは
    2. 発想の原理
    3. よく使われている3大発想技法
  5. チェックリスト法
    1. チェックリスト法
    2. TRIZチェックリスト
    3. KJカード作成方法
  6. ブレーンストーミング法
    1. ブレーンストーミング法とは
    2. ブレーンストーミング法の4つのルール
    3. ブレーンストーミング法のテーマ選択のポイント
    4. ブレーンストーミング法のリーダーの役割
  7. KJ法
    1. KJ法とは
    2. KJカードで図解を用いるメリット
    3. KJカードの内容把握
    4. KJカードのグルーピング
    5. KJ法まとめ
  8. α発想法による新規事業の種を進化させる機能ツリーの作成事例
    (自動車用LED)
    1. 科学的発想法「α発想法」概要
    2. 情報収集
    3. 個人発想 チェックリスト法
    4. 集団ワーク グループ化
    5. 集団ワークで上位視点にグループ化
    6. 上位視点のアイデア出し方法「なんやって展開法」
    7. 1巡目 機能鳥瞰ツリーにまとめる
    8. 2巡目 機能鳥瞰ツリーを見ながら個人発想
    9. 個人ワークの結果を機能ツリーに一本化
    10. ブレーンストーミングで発想拡大
    11. BSのアイデアを機能鳥瞰ツリーにまとめ
    12. α発想法の思考風景
  9. 知的財産権を取り巻く現状
    1. 技術者は仕事上「特許」をどう捉えるべきか
    2. プロパテントとは
    3. ある会社の知財リスク事例
  10. 自社が勝つ知財戦略活動「U’Method」
    1. 知財戦略手法「U’Method」 概要
    2. 推進テーマの決定
    3. 機能鳥瞰マップの作成
    4. 攻め所を決める
    5. 可能性アイデアの多量発想
    6. 「U’Method」を用いた勝てる技術ロードマップの作成
    7. 「U’Method」によって得られる知財戦略の実力
  11. 技術ロードマップの作成ポイント
    1. イノベーションには技術ロードマップが必要
    2. 技術ロードマップは経営者の理解と共感が必須!
    3. 技術ロードマップと経営戦略の統合と共有が必要
    4. 技術ロードマップに完璧なものはない
    5. 新規事業創出における技術ロードマップ推進のポイント
  12. 新規事業創出と自社が勝つ技術・知財戦略
    1. 知財戦略とは
    2. 特許取得はテーマ次第
    3. 他社に勝つ特許網の構築
    4. 当たり前特許の取得推奨

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 25,000円 (税別) / 27,500円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 25,000円(税別) / 27,500円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 75,000円(税別) / 82,500円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 100,000円(税別) / 110,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 150,000円(税別) / 165,000円(税込)

アーカイブ配信セミナー

  • 当日のセミナーを、後日にお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 配信開始となりましたら、改めてメールでご案内いたします。
  • 視聴サイトにログインしていただき、ご視聴いただきます。
  • 視聴期間は2024年2月14日〜29日を予定しております。
    ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナー資料は別途、送付いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/4/16 市場・製品・技術ロードマップの作成プロセスとその活動の全体体系 オンライン
2024/4/18 生成AIをめぐる著作権問題の最前線 東京都 会場・オンライン
2024/4/18 記載要件に基づいて特許を読み込めますか? 書けますか? オンライン
2024/4/19 中長期研究開発テーマの発掘と推進のポイント オンライン
2024/4/22 核酸医薬品の特許戦略 オンライン
2024/4/23 自社コア技術から発想するテーマ創出法 オンライン
2024/4/23 新規モダリティにおける特許の現状および特許戦略 オンライン
2024/4/25 特許情報調査における検索式の考え方と実施ポイント オンライン
2024/4/25 潜在ニーズを見つける具体的かつ体系的な活動 オンライン
2024/4/26 AI関連発明の出願戦略のポイントと生成AIを巡る知財制度上の留意点 オンライン
2024/4/26 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/4/30 新規モダリティにおける特許の現状および特許戦略 オンライン
2024/5/8 AI関連発明の出願戦略のポイントと生成AIを巡る知財制度上の留意点 オンライン
2024/5/8 核酸医薬品の特許戦略 オンライン
2024/5/10 IPランドスケープの取り組み事例と実施体制の構築 オンライン
2024/5/14 他社特許をヒントにした特許出願の方法 オンライン
2024/5/15 コア技術の明確な定義、設定プロセスと継続的な育成と強化手法 オンライン
2024/5/15 数値限定発明、パラメータ発明の特許要件と戦略的出願 オンライン
2024/5/15 技術者・研究者に必要なマーケティングの基礎、知識と実践 オンライン
2024/5/16 拒絶理由通知の対応と新規性・進歩性の判断基準のポイント オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2023/10/31 出口戦略に基づく研究開発テーマの設定と事業化への繋げ方
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2022/2/28 With・Afterコロナで生まれた新しい潜在・将来ニーズの発掘と新製品開発への応用
2021/10/29 “未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2021/3/31 研究開発テーマの評価と中止/撤退判断の仕方
2019/5/31 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/1 軸受の密封 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/9/28 コア技術を活用した新規事業テーマの発掘、進め方
2017/12/27 「特許の棚卸し」と権利化戦略
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)