技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)

特許情報分析 (パテントマップ) から見た

アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)

アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)の画像

概要

本調査報告書は、「アリババ (阿里巴巴 Alibaba)」に関するパテントマップ、パテントチャートを作成し、技術開発動向、最近の注目技術など具体的なデータを提供しております。
アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 技術開発実態分析調査報告書のCD-ROM版 もご用意しております。

目次

はじめに

この特定の企業 (特定出願人) の技術開発の全貌を把握すること。

  • 1/6 この企業 (特定出願人) アリババ (阿里巴巴 Alibaba) の技術開発者 (発明者) から見た技術開発実態について
    • 過去約11年間における出願件数の上位企業等はどこで、どのような出願傾向にあるか?
    • 最近約3年間の出願件数の成長率の高い技術開発者 (発明者) 等はだれか?
    • 技術開発者 (発明者) の投入状況はどうか?
    • 上位技術開発者 (発明者) の過去約11年間と最近約3年間の件数シェアの変化はどうか?
    • 上位技術開発者 (発明者) の新規参入、撤退状況はどうか?
    • 上位技術開発者 (発明者) の共同開発の実態 (共同出願関係) はどうか?
  • 2/7 技術分類 (IPC) から見た技術開発実態について
    • 出願件数の多い開発技術は何であり、どのような傾向にあるか?
    • 最近盛んになった開発技術 (最近3年間の出願件数の成長率の高い分類) は何か?
    • 各開発技術 (特許分類) に、どのくらいの技術開発者 (発明者) が投入されているか?
  • 3/8 この特定の企業 (特定出願人) の技術開発を企業 (出願人) と企業 (出願人) 、技術開発者 (発明者) と技術開発者 (発明者) 、
    • 企業 (出願人) と技術分類 (IPC) 、技術開発者 (発明者) と技術分類 (IPC) の両面から見た技術開発実態について
    • 出願件数上位20出願人・技術開発者 (発明者) が、どこと共同開発しているか?
    • 出願件数上位50出願人・技術開発者 (発明者) が、出願件数上位25分類の何処に力を入れているか?

この特定の企業 (特定出願人) の技術開発の個別観点 (注目発明者、基本技術、特定技術等) に着目して把握すること。

  • 4/9 この特定の企業 (特定出願人) の技術開発の特定技術開発者 (出願件数第1位〜3位の発明者) から見た技術開発実態について
    • 特定発明者の技術開発 (IPC) が、なんであり、どのような動向 (傾向) であるか?
    • 特定発明者の共同技術開発者 (発明者) は誰であり、どのような動向 (傾向) であるか?
    • 特定発明者が、上位50技術 (IPC) のどれに注力しているか?
    • 特定発明者の最近3年間に着手が開始された技術開発 (分類) は何か?
      5/10 この特定の企業 (特定出願人) の技術開発の基本又は特定技術「技術分類IPC (メイングループ) の3分類、技術分類IPC (サブグループ) の3分類」から見た技術開発実態について
    • 特定技術開発で特許出願の多い技術開発者等 (上位50発明者) は誰であるか?
    • 特定技術開発で特許出願の多い技術開発者等 (上位50発明者) の動向 (傾向) はどうか?
  • 11/12 この特定の企業 (特定出願人) における弁理士 (特許事務所) から見た技術開発実態について
    • 出願件数の上位50弁理士 (特許事務所) 等はだれであるか?
    • 出願件数上位50弁理士 (特許事務所) が、どこと共同開発しているか?
    • 出願件数上位50弁理士 (特許事務所) が、出願件数上位25分類の何処に力を入れているか?
    • 特別付録 (弁理士 (特許事務所) 分析) として提供する。

出版社

お支払い方法、返品の可否は、必ず注文前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本出版物に関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(出版社への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

体裁・ページ数

A4判 簡易製本 253ページ

ISBNコード

978-4-86786-303-9

発行年月

2024年3月

販売元

tech-seminar.jp

価格

44,700円 (税別) / 49,170円 (税込)

同時購入割引

  • 書籍版・CD-ROM版の同時購入で 71,170円(10%税込) (通常価格 98,340円 10%税込) でご購入いただけます。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/5/31 IPランドスケープによる戦略的な知財分析・活用のすすめ方 オンライン
2024/5/31 特許から紐解く、自動運転の将来とは? 東京都 会場・オンライン
2024/6/4 AIによって開発された医薬・診断技術の特許申請・知財保護戦略 オンライン
2024/6/4 ASEAN・台湾の最新化粧品申請制度解説 オンライン
2024/6/6 生成AI、ChatGPTによる知財業務、用途探索への活用 オンライン
2024/6/6 コンテンツIPビジネス最前線とメディア企業で求められる攻めと守りの戦略 東京都 会場・オンライン
2024/6/7 研究開発・技術部門が行う特許情報調査の基本とすすめ方、調査精度を高めるポイント オンライン
2024/6/10 特許調査・明細書の読み方・パテントマップの作成、活用による技術と知財戦略の実践方法 オンライン
2024/6/11 他社特許を分析して事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略 オンライン
2024/6/11 薬機法の実務を考慮した医薬品特許戦略の新たな視点 オンライン
2024/6/11 新規モダリティ医薬事業価値最大化のための薬価戦略・事業化戦略策定のポイント オンライン
2024/6/12 事例に沿って解説する特許等調査の実践的方法、特許公報等の読み方、調査報告書の作成方法 東京都 会場
2024/6/12 インドの医薬品産業の最新規制と知的財産制度 オンライン
2024/6/13 IPランドスケープによる戦略的な知財分析・活用のすすめ方 オンライン
2024/6/13 AIによって開発された医薬・診断技術の特許申請・知財保護戦略 オンライン
2024/6/17 AI関連発明の出願戦略と生成AIの知財制度上の留意点 オンライン
2024/6/17 他社特許を分析して事業に役立つ強い特許を取得する権利化戦略 オンライン
2024/6/17 新規モダリティ医薬事業価値最大化のための薬価戦略・事業化戦略策定のポイント オンライン
2024/6/18 機械学習/AIによる特許調査の高度化で実践するスマート特許戦略 オンライン
2024/6/20 後発でも勝てる特許出願と権利化戦略 オンライン

関連する出版物

発行年月
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2024/4/15 テンセント (騰訊Tencent) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版)
2024/3/29 後発で勝つための研究・知財戦略と経営層への説明・説得の仕方
2024/3/11 アリババ (阿里巴巴 Alibaba) 〔中国特許および日本特許〕技術開発実態分析調査報告書 (日本語版) (CD-ROM版)
2022/7/29 費用対効果に基づく外国特許出願国の選び方・進め方
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書
2022/4/4 軸受6社 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2021/3/31 経営・事業戦略に貢献する知財価値評価と効果的な活用法
2019/5/31 医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2019/4/1 軸受の保持器 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2018/10/8 P&G 技術開発実態分析調査報告書
2018/10/1 軸受の密封 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2017/12/27 「特許の棚卸し」と権利化戦略
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/30 キヤノン〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/7/25 有機EL〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書
2014/7/15 化粧品13社〔2014年版〕 技術開発実態分析調査報告書