技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

実践と継続のためのポカミスゼロへのアプローチ

実践と継続のためのポカミスゼロへのアプローチ

~「ポカミスはなくならない」ことはない / 諦める前に一度プロの考え方・取り組み方を学んで見直してみませんか~
オンライン 開催

概要

本セミナーでは、ヒューマンエラーの基本から解説し、不良発生や顧客クレームにつながるポカミスについて1万を超える事例分析から20のポカミス要因に定義・分類し、各発生メカニズム毎に整理して対策を詳解いたします。

開催日

  • 2023年8月22日(火) 13時00分 16時30分

修得知識

  • ポカミスに対するアプローチ
  • ものづくり現場へのAIの活用例

プログラム

 ポカミスをなくしたい…けれど「ポカミスはなくならない」と諦めていませんか?日々発生するポカミスにウンザリしながら、毎度決まりきった対策 (注意、再教育・訓練、チェックシートの作成、ダブルチェックの追加) をしていませんか?
 本セミナーでは、講師が実際のコンサルティングで解決した1万超の成功事例をもとに20の要因と20の対策をご紹介致します。これまでの決まりきった対策ではゼロにならなかった現場で、具体的に使える対策です。従来の対策 (IE+2S) に新しい4つの新しい考え方と進め方を加えることによりポカミスゼロを実現します。1.ポカミスゼロの基盤づくり (ミスの要因と対策を明確にし、ミスを避ける行動、出した時の行動を教える。一人ひとりにミスを出したくないという気持ちを植え付け、その気持ちを維持し続けるしくみ) 2.新たな教育・訓練のしくみづくり (ビデオ標準とAIアドバイザーで自主的に繰り返し学べるしくみ。教える人のスキルに依存しない、教え方の標準化) 3.脳のメカニズムからのアプローチ (脳の観点からポカミス発生の3つのプロセスに対する対策、集中力マネジメント) 4.AIの活用 (限界作業 (検査ミス・判断ミス) にはAIを使う)

  1. 基本的な考え方
    • ポカミス・20の要因
    • 20の対策と4つの考え方
  2. ポカミスゼロの基盤づくり
    • ポカミス教育 (ポカミスの影響・損害、行動ルール)
    • NG/OKシートの作成
    • 報告書の改訂
    • 気持ちを維持する掲示板
  3. 標準整備
    • 標準の実態
    • ない標準を作る
    • なぜルールを守らないのか
    • 新たな教育・訓練のしくみづくり
  4. うっかり対策
    • 記憶ミス対策
    • 集中力マネジメント
    • 自主休憩、体調管理、都合管理、環境改善
    • 検査者思いの改善
    • やりにくさの改善
    • 生産に追われない
    • 始業前点検と整理・整頓
  5. 人に頼った作業からの脱却
    • AIによる外観検査
    • AIアドバイザー
    • AIを使う意味
  6. ポカミスをゼロにするには
    • 運用のポイント
  7. ポカミスにおけるモラルマネジメントの意味
    • モラルとは
    • 人は環境の生き物
    • 質疑応答・名刺交換 (会場限定)

講師

  • 中崎 勝
    株式会社 ロンド・アプリウェアサービス
    代表取締役社長

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 30,900円 (税別) / 33,990円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込)

複数名受講割引

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 30,900円(税別) / 33,990円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • 同一法人内 (グループ会社でも可) による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 請求書および領収書は1名様ごとに発行可能です。
    申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」とご記入ください。
  • 他の割引は併用できません。
  • サイエンス&テクノロジー社の「2名同時申込みで1名分無料」価格を適用しています。

アカデミー割引

教員、学生および医療従事者はアカデミー割引価格にて受講いただけます。

  • 1名様あたり 10,000円(税別) / 11,000円(税込)
  • 企業に属している方(出向または派遣の方も含む)は、対象外です。
  • お申込み者が大学所属名でも企業名義でお支払いの場合、対象外です。

会場受講 / Zoomを使ったライブ配信対応セミナー

会場受講 または オンラインセミナーのいずれかをご選択いただけます。
お申し込みの際、受講方法の欄にて、会場受講またはオンライン受講をご指定ください。

オンラインセミナーをご選択の場合、以下の流れ・受講内容となります。
※会場で受講の場合、このサービスは付与されませんのでご注意ください。

  • ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • セミナー資料は郵送にて前日までにお送りいたします。電子媒体での配布はございません。
  • 開催まで4営業日を過ぎたお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますこと、ご了承下さい。
    ライブ配信の画面上でスライド資料は表示されますので、セミナー視聴には差し支えございません。
    印刷物は後日お手元に届くことになります。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2024/2/26 熟練技術者の暗黙知の見える化と承継・共有する仕組みと進め方 オンライン
2024/2/28 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/2/28 生成AIの基礎と製造分野への応用可能性 オンライン
2024/2/28 なぜなぜ分析の実践法と問題発見・解決手法 オンライン
2024/2/29 実験データの蓄積・DB構築と電子実験ノートの活用事例 オンライン
2024/2/29 生成AI・ChatGPTを活用した技術報告書、プレゼン資料の作成 オンライン
2024/2/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見 + 問題解決) オンライン
2024/2/29 形骸化したFMEAを改善した実践演習セミナー (問題発見) オンライン
2024/3/4 わかりやすい製造指図書およびSOP作成のポイント オンライン
2024/3/8 医薬品の多様性を考慮した外観目視検査における要求品質の明確化と異物低減対策の具体的ポイント オンライン
2024/3/8 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/3/11 製造業における外注品質向上のための管理ポイント オンライン
2024/3/15 先進各社における生成AIの社内普及と活用事例 オンライン
2024/3/15 GMP違反とヒューマンエラーに対する教育訓練の考え方とQA視点による抑制・防止対策事例 オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (2日間) オンライン
2024/3/15 信頼性の基礎 (1) オンライン
2024/3/19 信頼性の基礎と加速試験の進め方および試験結果の活用法 オンライン
2024/3/19 チームマネジメント強化講座 オンライン
2024/3/19 GMP文書および記録作成と手順書改訂時における具体的な品質照査 (レビュー) オンライン
2024/3/22 生成AIを活用した創薬研究・実用化における特許戦略 (取得・活用) オンライン

関連する出版物

発行年月
2022/4/28 プラントのDX化による生産性の向上、保全の高度化
2022/4/28 研究開発部門へのDX導入によるR&Dの効率化、実験の短縮化
2022/3/31 研究開発部門の新しい "働き方改革" の進め方
2022/1/13 DXを未来のビジネスに結びつけるための情報収集利活用ノウハウ
2022/1/12 製造DX推進のための外観検査自動化ガイドブック
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/8/31 研究開発の "見える化" によるR&Dテーマ評価、進捗管理と進め方
2020/11/6 QC工程表・作業手順書の作り方
2019/8/30 ヒューマンエラーの発生要因と削減・再発防止策
2015/10/22 FMEA・DRBFMの基礎と効果的実践手法
2013/8/29 長期信頼性・高耐久性を得るための接着/接合における試験評価技術と寿命予測
2013/7/12 「事務総合職」育成プログラム
2013/6/3 プラスチックのタフニングと強度設計
2013/4/26 新米管理者としてマネジメントの原理を知ることで不安解消しよう
2013/4/25 初公開 10分間面接メソッド
2013/3/27 医薬品・食品包装の設計と規制・規格動向 - 品質・安全・使用性向上のために -
2013/2/16 心に響く対応で確実にファンを創る!クレーム対策術
2013/2/14 テロリスト化するクレーマーへの対処術(企業編)
2013/2/1 患者情報の安全管理と法的にみた診療記録のあり方
2013/1/31 ヒューマンエラー対策 事例集