技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

AIを活用した革新的実験計画法の上手な活用法

AIを活用した革新的実験計画法の上手な活用法

オンライン 開催

概要

本セミナーでは、AIを活用した革新的実験計画法「Multi-Sigma」について、実務に利用する際のポイントや活用法を詳解いたします。

開催日

  • 2022年6月14日(火) 13時00分 16時30分

修得知識

  • AIを活用した革新的実験計画法「Multi-Sigma」の全体像
  • Multi-Sigmaの解析手順
  • 実務に利用する際のポイント
  • AIなどの知識
    • ニューラルネットワークモデル
    • 遺伝的アルゴリズム

プログラム

 本講演では、研究開発効率を飛躍的に向上させるとともに、従来の人間の経験則・先入観で発見できなかった全く新しい解を探索できる可能性を秘めた、AIを活用した革新的実験計画法「Multi-Sigma」について発表します。
 従来の実験計画法は、統計学を基に体系化されているために、利用するためには専門的な知見が必要な上、様々な制約や課題が存在しました。しかし、近年のAIを用いた解析手法を実験計画法の枠組みに取り入れることで、それらの制約や課題を克服するとともに、誰でも簡単に、必要最小限の実験データに基づいて、未知の条件に対する結果を高精度に予測したり、膨大な条件の組合せの中から複数の目的変数を同時に満たす解を探索することが出来ます。
 革新的実験計画法の利用にあたっては、統計の知識やプログラミングスキルは必要ありません。一方で、そのポテンシャルを最大限に引き出すためには、AI的な研究開発のセンスを身に着ける必要があります。人による試行錯誤からAIによる探索の時代になったとき、研究開発の在り方はどのように変わるのでしょうか?
 本講演では、Multi-Sigmaの基本的な原理と具体的な解析手順を学ぶとともに、今後様々な分野における活用方法について説明を致します。

  1. 革新的実験計画法「Multi-Sigma」とは
    1. 革新的実験計画法「Multi-Sigma」概要
    2. 従来の実験計画法との違いとメリット
  2. AI (ニューラルネットワーク) による予測
    1. ニューラルネットワーク概要
    2. 解析処理の流れ
    3. 要因分析
  3. AI (遺伝的アルゴリズム) による多目的最適化
    1. 遺伝的アルゴリズム概要
    2. 解析処理の流れ
  4. 活用法
    1. 活用例
    2. 活用で成功するポイント
    3. 活用で上手く行かない原因・例
    4. 今後の課題

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)
複数名
: 22,500円 (税別) / 24,750円 (税込) (案内をご希望の場合に限ります)

案内割引・複数名同時申込割引について

R&D支援センターからの案内登録をご希望の方は、割引特典を受けられます。
案内および割引をご希望される方は、お申込みの際、「案内の希望 (割引適用)」の欄から案内方法をご選択ください。

「案内の希望」をご選択いただいた場合、1名様 36,000円(税別) / 39,600円(税込) で受講いただけます。
複数名で同時に申込いただいた場合、1名様につき 22,500円(税別) / 24,750円(税込) で受講いただけます。

  • R&D支援センターからの案内を希望する方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 36,000円(税別) / 39,600円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 67,500円(税別) / 74,250円(税込)
  • R&D支援センターからの案内を希望しない方
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 45,000円(税別) / 49,500円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/12 Pythonで学ぶ機械学習入門セミナー オンライン
2022/7/14 小規模データに対する機械学習の効果的適用法 オンライン
2022/7/15 Pythonを用いた創薬研究における機械学習/ケモインフォマティクス基礎講座 オンライン
2022/7/15 臨床研究における因果推論とEstimandの理解・導入 オンライン
2022/7/19 計測インフォマティクスにおけるデータ解析の進め方と解釈 オンライン
2022/7/19 分析法バリデーションにおける統計解析の基礎 オンライン
2022/7/19 ドライバ状態モニタリング/センシング技術と統計処理・機械学習の活用 オンライン
2022/7/19 重回帰分析 オンライン
2022/7/19 相関回帰分析、重回帰分析 (2日間) オンライン
2022/7/20 商品開発のための感性・官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み オンライン
2022/7/20 AI / 機械学習システムのテスト・品質保証の基本 オンライン
2022/7/21 因果推論の基礎講座 オンライン
2022/7/22 畳み込みニューラルネットワークとVision Transformerの基礎と画像認識への応用 オンライン
2022/7/22 CSR/CTD作成・読解のために必要な統計解析の考え方、表現方法 オンライン
2022/7/25 マテリアルズインフォマティクス概論 オンライン
2022/7/25 AI関連発明の特許事例および出願戦略のポイント オンライン
2022/7/25 知っておきたい機械学習を用いたデータ分析の正しい進め方 オンライン
2022/7/26 直交表による実験計画とデータ解析の進め方 オンライン
2022/7/26 商品開発のための感性・官能評価用アンケート設計と物性値への落とし込み オンライン
2022/7/26 MTシステムおよび機械学習による異常診断技術の基礎と最適活用 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/10/25 AIプロセッサー (CD-ROM版)
2021/10/25 AIプロセッサー
2021/10/18 医療機器の設計・開発時のサンプルサイズ設定と設定根拠
2021/7/30 マテリアルズインフォマティクスのためのデータ作成とその解析、応用事例
2021/7/14 AIビジネスのブレークスルーと規制強化
2021/6/30 人工知能を用いた五感・認知機能の可視化とメカニズム解明
2021/6/28 AI・MI・計算科学を活用した蓄電池研究開発動向
2020/8/11 化学・素材業界におけるデジタルトランスフォーメーションの最新調査レポート
2020/7/31 生体情報センシングと人の状態推定への応用
2020/4/30 生体情報計測による感情の可視化技術
2020/3/26 ビッグデータ・AIの利活用に伴う法的留意点
2020/3/24 リアルワールドデータの使用目的に応じた解析手法 - 各データベースの選択と組み合わせ -
2019/1/31 センサフュージョン技術の開発と応用事例
2018/5/31 “人工知能”の導入による生産性、効率性の向上、新製品開発への活用
2018/4/25 統計学的アプローチを活用した分析法バリデーションの評価及び妥当性
2017/5/10 分析法バリデーション実務集
2013/6/21 機械学習によるパターン識別と画像認識への応用
2011/2/1 バッチプロセスのスケールアップとラボ検討の進め方
2003/6/27 ニューアルゴリズムによる画像処理システム事例解説
2001/9/28 MATLABプログラム事例解説Ⅱ アドバンスド通信路等化