技術セミナー・研修・出版・書籍・通信教育・eラーニング・講師派遣の テックセミナー ジェーピー

5G、6Gに向けた通信、デバイス技術と開発動向

5G、6Gに向けた通信、デバイス技術と開発動向

~Beyond5G、その先に向けた高速通信デバイスの課題と展望~
オンライン 開催

開催日

  • 2022年6月13日(月) 10時30分 16時30分

プログラム

 5Gの普及が端緒についたばかりですが、すでにその先を見据えたBeyond 5Gや6Gに向けた議論がはじまっています。Beyond5G/6GではTbps級超高速データ通信を地上だけではなく、海上や宇宙など人間が活動するすべての範囲において、すべてのものをネットワークにつなげることが必要になるとされています。これを実現するためには、従来から使われている光ファイバ、マイクロ波帯無線通信に加えて、空間光通信、ミリ波・テラヘルツ波といった多種多様な伝送媒体を組み合わせることが重要となります。
 光ファイバ通信は大陸間をむすぶ長距離通信から、データセンタ内やチップ間通信など応用範囲を広げています。一方、無線通信はその柔軟性から利用が拡大していますが、既存の電波帯域はすでに様々なサービスに用いられており、周波数資源の逼迫が課題です。様々な伝送媒体を包含したネットワークの構築には新しいネットワークアーキテクチャやその制御技術が必要となりますが、それを支えるハードウエア・デバイスの役割もこれまでになく重要となることは間違いありません。
 本セミナーでは、これまで広く使われてきたマイクロ波に加えてテラヘルツ帯までを統合的に活用する無線伝送技術と光ファイバを含む多種多様な伝送メディアを融合するための技術を、ハードウエア・モノづくりの視点から取り上げたいと思います。

  1. 5G、beyond5Gの海外動向と国内動向
  2. 6Gの期待と課題
    1. 6G実現への課題
    2. 6G実現のための要素技術
    3. テラヘルツ・ミリ波の開拓
    4. 新たな光通信帯域
  3. 求められる通信システムの概要
    1. 通信ネットワークの発展
    2. 多重化と多値化
    3. ネットワークによる波形の転送
  4. 高速デバイスの発展と求められるデバイス、材料の特性
    1. 電子デバイス・光デバイスの高速化
    2. 光と電波を必要なところに伝える
    3. 高速通信のためのデバイス
    4. 新たな計測技術
  5. 最近のテラヘルツ通信の研究動向
    1. テラヘルツ通信の応用分野
    2. 300/500GHz伝送システムの設計例
    3. テラヘルツ帯における電波干渉
    4. テラヘルツデバイスの研究動向
    5. テラヘルツ帯の国際標準化
    • 質疑応答

講師

  • 川西 哲也
    早稲田大学 理工学術院 基幹理工学部 電子物理システム学科
    教授

主催

お支払い方法、キャンセルの可否は、必ずお申し込み前にご確認をお願いいたします。

お問い合わせ

本セミナーに関するお問い合わせは tech-seminar.jpのお問い合わせからお願いいたします。
(主催者への直接のお問い合わせはご遠慮くださいませ。)

受講料

1名様
: 50,000円 (税別) / 55,000円 (税込)
複数名
: 45,000円 (税別) / 49,500円 (税込)

複数名同時受講割引について

  • 2名様以上でお申込みの場合、1名あたり 45,000円(税別) / 49,500円(税込) で受講いただけます。
    • 1名様でお申し込みの場合 : 1名で 50,000円(税別) / 55,000円(税込)
    • 2名様でお申し込みの場合 : 2名で 90,000円(税別) / 99,000円(税込)
    • 3名様でお申し込みの場合 : 3名で 135,000円(税別) / 148,500円(税込)
  • 同一法人内による複数名同時申込みのみ適用いたします。
  • 受講券、請求書は、代表者にご郵送いたします。
  • 他の割引は併用できません。

アカデミック割引

  • 1名様あたり 30,000円(税別) / 33,000円(税込)

日本国内に所在しており、以下に該当する方は、アカデミック割引が適用いただけます。

  • 学校教育法にて規定された国、地方公共団体、および学校法人格を有する大学、大学院、短期大学、附属病院、高等専門学校および各種学校の教員、生徒
  • 病院などの医療機関・医療関連機関に勤務する医療従事者
  • 文部科学省、経済産業省が設置した独立行政法人に勤務する研究者。理化学研究所、産業技術総合研究所など
  • 公設試験研究機関。地方公共団体に置かれる試験所、研究センター、技術センターなどの機関で、試験研究および企業支援に関する業務に従事する方

ライブ配信セミナーについて

  • 本セミナーは「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
  • お申し込み前に、 視聴環境テストミーティングへの参加手順 をご確認いただき、 テストミーティング にて動作確認をお願いいたします。
  • 開催日前に、接続先URL、ミーティングID​、パスワードを別途ご連絡いたします。
  • セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • ご自宅への書類送付を希望の方は、通信欄にご住所・宛先などをご記入ください。
  • タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。
  • ご視聴は、お申込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。
  • 講義の録音、録画などの行為や、権利者の許可なくテキスト資料、講演データの複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。お申込者以外の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一、部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。
本セミナーは終了いたしました。

これから開催される関連セミナー

開始日時 会場 開催方法
2022/7/6 電源回路設計入門 (2) オンライン
2022/7/6 電源回路設計入門 (2日間) オンライン
2022/7/8 次世代ミリ波システムに望まれる材料と応用 オンライン
2022/7/11 機械系技術者のためのパワエレ基礎養成講座 オンライン
2022/7/13 次世代通信技術とデバイス 最新動向 オンライン
2022/7/20 電波反射材によるミリ波伝搬の制御、通信環境改善 オンライン
2022/7/21 電子機器におけるEMC設計の基礎と応用、および見落としがちな重要ポイント オンライン
2022/7/22 半導体メモリの基礎と技術・市場動向 オンライン
2022/7/22 テラヘルツ波の基礎と産業への応用 オンライン
2022/7/27 5Gの本質を理解するための基礎技術・標準規格・制度化 オンライン
2022/7/27 設計者CAEのための材料力学 (理論と手計算) オンライン
2022/7/28 小型アンテナの必須基礎知識と設計のポイント 東京都 会場
2022/8/3 アナログ回路の設計技術とトラブル回避のポイント オンライン
2022/8/8 弾性表面波デバイスの伝搬・共振解析と複合基板構造による高性能化 オンライン
2022/8/26 基礎パワエレ回路の速習法 オンライン
2022/8/29 電源回路設計入門 (2日間) オンライン
2022/8/29 電源回路設計入門 (1) オンライン
2022/8/31 アナログ回路の設計技術の基礎とトラブル回避のポイント オンライン
2022/9/1 ミリ波レーダ技術と自動車への応用 オンライン
2022/9/9 基礎パワエレ制御の速習法 オンライン

関連する出版物

発行年月
2021/2/26 高速・高周波対応部材の最新開発動向
2020/6/11 5GおよびBeyond 5Gに向けた高速化システムおよびその構成部材
2019/1/29 高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
2018/6/30 ADAS・自動運転を支えるセンサーの市場動向
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書(CD-ROM版)
2014/5/10 東芝 技術開発実態分析調査報告書
2014/4/25 2014年版 スマートコミュニティの実態と将来展望
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書 (CD-ROM版)
2012/11/5 三星電子(サムスン電子) 技術開発実態分析調査報告書
2012/10/30 SiCパワーデバイスの開発と最新動向
2011/12/27 携帯機器用小形アンテナの高密度実装設計
2011/11/30 NTTグループ8社 (NTTを除く) 技術開発実態分析調査報告書
2011/10/15 通信機器大手3社 技術開発実態分析調査報告書
2011/4/11 スマートメータシステム
2009/11/25 中堅無線通信機10社 技術開発実態分析調査報告書
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/7/1 NTTドコモとKDDIとソフトバンクモバイル分析 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書
2009/6/25 携帯端末 技術開発実態分析調査報告書 (PDF版)
2009/6/15 NTT (日本電信電話) 分析 技術開発実態分析調査報告書